2017年には購入検討したい 「格安スマホ 」どこがいいの!?編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

SIMフリー対応スマホ入手で月額のコストを抑え最新機種情報 編

格安スマホ 見出し1
格安スマホ 見出し1

Pexels / Pixabay

SIMフリースマホを使う事で月額のコストを抑え毎月幸せになれるハズ!
SIMフリー対応でも色んな機種があると思うのでどれが良いか迷ってしまいがち

今回は迷っても大丈夫なようにオススメ機種をご紹介します!!

格安SIMってなんだろう」って方は下記へ

2017年には購入検討したい 「格安SIM 」どこがいいの!?編
「格安SIM」を検討して、2017年はスマホ代を安く済ませよう♪みなさんご存知の格安SI...

SIMフリー対応スマホ オススメ機種ご紹介!

Pexels / Pixabay

端末でみなさんが頭に浮かぶ機種はやはり「i-phone」だろう。
当然日本では3大キャリアで販売されMVNO対応なので大きな強みと言える。

1.apple社製 I-PHONE7(PLUS含む)


続いてandroid端末。やはり海外製品が力をつけSIMフリー端末でも国内キャリアに近い性能の仕上がりとなってきました!

2.ASUS社製 Zenfone3 SIMフリー

 

3.HUAWEI社製 Mate9 SIMフリー


4.Motorola社製 Moto G4 Plus SIMフリー


最後に日本製も頑張っている富士通製simフリー端末

5.富士通社製 arrows M03 SIMフリー

最後に

いざ購入となると「白ロム・赤ロム」って単語が出て来るはず。ここは抑えておいてほしいとこなのでしっかり読んでほしい。

白ロム

白ロムとは、SIMカードが入っておらず、契約情報等何も記録が無い端末を「白ロム」と呼ぶ。

この白ロムの利点は端末を購入したキャリアと通信側が同じMVNO(通信業者)であれば、格安SIMを使い利用可能。

基本的に白ロムの端末は販売店で扱われていないので、中古ショップかネットショップへGo!で購入する事。

赤ロム

キャリアにより、料金未払い・故障・紛失などのコアな理由より利用を停止された物を「赤ロム」と呼ぶ。

赤ロムは利用を停止されてる為、格安SIMが使えない。赤ロム基本的にレッドゾーンの端末と捉えればok!

上記を踏まえ、白ロムであるかどうかをきっちり確認して購入検討を!!

機会があれば端末のご紹介も近いうちに出来ればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォローする

関連コンテンツユニット(PC)