ドコモ スマホ Sony Xperia XZ & X Compact 遂に発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 ドコモ スマホ Sony Xperia フラッグシップ発表へ

xperia-xz-画像
xperia-xz-画像

NTTドコモは本日10/19(水)昼の12時、新たなスマートフォンを発表!

中でもフラッグシップと呼ばれるSony XperiaのXZ。
前回のXから更なる進化を遂げ、登場だー!

新しく登場したXZとは一体どんなモノなのか?
気になる方はここより先へLet’t try!!

Xperia XZ SO-01J

「速さと美しさの進化を果たした、時代の先端をいくXperia公式でうたっています」が果たして・・・

まずは主要スペックより

・OS:android 6.0
・CPU:2.0Ghz+1.5Ghz(クアッドコア)
・ディスプレイ:5.2インチ/FHD解像度(1080×1920)
・内臓メモリ:RAM3GB/ROM32GB
・カメラ:背面2300万画素/前面1320画素
・LTE速度:ダウンロード500Mbps
     アップロード50Mbps
・WiFi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
・バッテリー容量:2,900mAh
・本体:高さ146×幅72×厚み8.1
・重さ:約161g

主な機能

・VoLTE:VoLTE(HD+)対応
・オーディオ:ハイレゾ対応(DSEE-HX搭載)
・防水/防塵:対応
・生体認証:指紋認証
・ワンセグ&フルセグ:対応
・おサイフケータイ:NFC(Felica対応)
・Bluetooth:4.2対応
・USB:Type-C

カラー

・ミネラルブラック(黒色)
・プラチナ(シルバー色?)
・フォレストブルー(青色)
・ディープピンク(ピンク色)

Xperiaの引き継ぎと進化点

引き継ぎと進化点はどの辺が変わったのか!?
少しまとめてみたっ

引き継ぎ

カメラ機能:
前作であるX performanceで搭載された2300万画素+ISO12800センサーを使い、撮影まで約0.6秒で撮影出来、オートフォーカスや被写体の動きを予測して自動でフォーカス設定を行う先読みオートフォーカス機能は今作のXZにも引き継がれます。

オーディオ機能:
前作からも引き続き、DSEE HXを継承。
CD・MP3等圧縮音源をハイレゾ音源相当へ変換される。
更にデジタルノイズキャンセリングなど高音質機能も健在。

指紋認証:
本体を握る動作で、画面ONと同時にロックを解除可能。
最大5パターンの指紋登録が可能。

おサイフケータイ:
かざすだけで電車へ乗ったり、買い物が可能。

進化点

カメラ:
新たにレーザーAFセンサーとRGBC-IRセンサーと
従来のExmor RS for mobileを加える事でトリプルイメージセンシング技術なる物が完成する。
簡単に言うと、暗所でもフォーカス性能が向上されており、忠実にシーンをとらえる事が出来るとの事。
よりフォーカスが合いやすくなったと言った所。
RGBC-IRセンサーは、屋内外等様々光源環境であってもホワイトバランスを正確に再現可能にする。

手ブレ補正機能強化:
従来の3軸を強化させ、X/Y軸をシフトブレにも対応させる事で5軸手ブレ補正を動画撮影時に利用出来るようになった!
更に、F値2.0のGレンズ・画像処理エンジンのBIONZ for mobileも搭載。

いたわり充電:
睡眠中など使用者の生活習慣に合わせ充電を調整してくれる為、電池が長持ちします。
睡眠中は急速で充電は朝起きて使う時間帯に合わせ充電が終わる様、調整される為電池の劣化をしにくくさせる。

USB Type-C搭載:
表裏どちらでも挿せるUSBポート。
データ転送速度が最大10Gbpsの為、音楽や動画の大容量データファイルも高速転送可能となる。

Quick Charge3.0:

・クィックチャージ3.0はクィックチャージ無し比較し、4倍速度で充電可能!
前作X performanceではQuick Charge2.0で、2.0より充電効率は38%向上!!

Xperia X Compact

xperia-x-compact
xperia-x-compact

XZの高性能を引き継ぎ、使いやすさはコンパクトにXperia X Compactも登場します!

まずは主要スペックより

・OS:android 6.0
・CPU:1.4Ghz+1.8Ghz(ヘキサコア)
・ディスプレイ:4.6インチ/HD解像度(720×1280)
・内臓メモリ:RAM3GB/ROM32GB
・カメラ:背面2300万画素/前面510画素
・LTE速度:ダウンロード262.5Mbps
     アップロード50Mbps
・WiFi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
・バッテリー容量:2,700mAh
・本体:高さ129×幅65×厚み9.5
・重さ:約135g

主な機能

・VoLTE:対応(HD+非対応)
・オーディオ:ハイレゾ対応(DSEE-HX搭載)
・防水/防塵:対応
・生体認証:指紋認証
・ワンセグ:対応
・おサイフケータイ:NFC(Felica対応)
・Bluetooth:4.2対応
・USB:Type-C

カラー

・ユニバースブラック(黒色)
・ホワイト(シルバー色?)
・ミストブルー(青色)
・ソフトピンク(ピンク色)

Xperia XZとの共通点・スペックダウン

XZの共通点とスペックダウン違いをまとめてみた!

共通点

カメラ:
新たにレーザーAFセンサーとRGBC-IRセンサーと
従来のExmor RS for mobileを加える事でトリプルイメージセンシング技術なる物が完成する。
簡単に言うと、暗所でもフォーカス性能が向上されており、忠実にシーンをとらえる事が出来るとの事。
よりフォーカスが合いやすくなったと言った所。
RGBC-IRセンサーは、屋内外等様々光源環境であってもホワイトバランスを正確に再現可能にする。

手ブレ補正機能強化:
従来の3軸を強化させ、X/Y軸をシフトブレにも対応させる事で5軸手ブレ補正を動画撮影時に利用出来るようになった!
更に、F値2.0のGレンズ・画像処理エンジンのBIONZ for mobileも搭載。

いたわり充電:
睡眠中など使用者の生活習慣に合わせ充電を調整してくれる為、電池が長持ちします。
睡眠中は急速で充電は朝起きて使う時間帯に合わせ充電が終わる様、調整される為電池の劣化をしにくくさせる。

USB Type-C搭載:
表裏どちらでも挿せるUSBポート。
データ転送速度が最大10Gbpsの為、音楽や動画の大容量データファイルも高速転送可能となる。

スペックダウン

・ディスプレイ:4.6インチ/HD解像度(720×1280)
・カメラ:背面2300万画素/前面510画素
・LTE速度:ダウンロード262.5Mbps
・バッテリー容量:2,700mAh
・VoLTE:対応(HD+非対応)
・ワンセグ:(フルセグ非対応)
・Quick Charge3.0:非対応
・4K動画撮影:非対応

どちらの製品も11月上旬発売予定です。
I-PHONE7の対抗馬となる!?

Galaxy note7が筆者の本命でしたがXperia XZを検討中です。

次回へ好ご期待!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォローする

関連コンテンツユニット(PC)