SONY ワイヤレスヘッドフォン ハイレゾ相当+NC機能+α機能付き

シェアする

SONY 新次元ワイヤレスヘッドフォン 全部入りを体感しよう♪

時代は有線接続からワイヤレスへ!!
今度はワイヤレスからハイレゾ相当の音を奏でる事が出来るSONY製ワイヤレスヘッドフォンMDR-1000Xが登場した!

SONY ワイヤレスヘッドフォンMDR-1000Xの実力とは? 


実力その1:音

音質は「LDAC」へ対応している。
LDACは簡単に言うと最大約3倍の情報量を伝送する事が可能な為、ハイレゾ相当の高音質をワイヤレスで聴く事が可能となる。

その他、MDR-1000X「音」に関する機能

DSEE HX機能
CD音源やMP3(圧縮音源)等 ハイレゾ相当の音質へ変換出来る為、ハイレゾに非対応のスマホや音楽プレーヤーでもハイレゾ相当のクリアでドンシャンする音を楽しむ事が可能。

S-Master HX機能
少音量から大音量迄ノイズを除去する事で音域が拡大され、音質を向上する事が可能。


実力その2:ノイズキャンセリング機能

雑音を相殺しボリュームを上げすぎずに済む為、ボリュームを上げすぎる事なく、耳への負担を軽減する事が可能。

所謂クリアな音を楽しむ事が出来るという事ですが、大音量で楽しみたい方は耳への負担も気にしない!?


実力その3:アンビエントサウンドモード

音楽生成時、周囲の音を拾い音楽と一緒に再生したり、騒音を抑えつつ人の声やアナウンスが聞こえる様、声をピックアップして音楽と一緒に再生する事が可能。

この機能があれば歩きヘッドフォンでも危なくないと思いますが、音楽聴いて画面を観てしまう歩きスマホだとちょ~危険なので注意です♪


実力その4:ハンズフリー通話

ハンズフリー機能搭載の為、電話の着信はもちろん通話終了可能。
音声操作でスマホを取り出す事なく電話をかけたり更には天気予報など調べる事なども可能(スゴイ)

ハンジング部をタッチすれば、音楽のボリューム調整や再生・頭出し等の機能が全て行える。

SONY ワイヤレスヘッドフォンその他気付いた事 

やはりヘッドフォンを外へ持ち出す事で気になるのが携帯性。
実際頭に付けないない時はどうするの?と思う方が多いと思いますがこのへんはSONYさんしっかり考えています。

下記画像のようにしっかり収納ケースにコンパクトサイズで収まります。

携帯性 ヘッドフォン画像
携帯性 ヘッドフォン画像

更にこの収納ケース裏にはしっかりコード付属する充電用USBケーブルや航空機用アダプターなどを閉まう事が可能。
まさに至れり尽くせり。

充電時間は約4時間にて最大約20時間迄電池が持ちます。
後は、、、防水機能?があると完璧なのでは!w
とまぁそこまでは難しいですね。、

MDR-1000X | ヘッドホン | ソニー
ソニー ヘッドホン 公式ウェブサイト。ヘッドホンMDR-1000Xの商品ページです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォローする