仕事がデキる人のマル秘テクニック! あなたの人間関係も上手くいく!?その2

シェアする

人間関係が上手くいくマル秘テクニック

a0002_007013
a0002_007013

仕事で自分の気持ちを上手く伝えきれない、面白い話や相手をなかなか説得させる事が出来ない事ってあると思うんです。ここでは話す力をマスターしてポイントを抑えておきたい。

話す力:仕事がデキる人の話し方とは?

見出し2画像2
見出し2画像2

話し方には流れが有り、コツさえつかめれば会話がはずみ交渉等上手く進む事が可能であります。
具体的な話す力の要素は
1.会話力
2.説明力
3.交渉力
4.質問・回答力
5.心理作戦

会話力

同じ話し方でも面白いと感じる事もあれば、面白くないなと感じる事は何故だろう?
実践で使会話力を養う為、相手の心をつかみ好感度アップの会話テクニックを磨いておこう。コーチング編でも説明した事があるが、会話を盛り上げたり話し上手になる為には 聞き上手が肝心です。
1:1の会話を例にあげるとどちらかが何かの話題を提供し、それを中心に会話を進める。
一見話題を提供する側は話し上手に思えるが、話しすぎると相手は疲れ 気づくと相手は相槌ばかりでつまらない会話=会話不成立となる。
そこで会話に気をつけ相手が聞きたがってる事を常に意識しながら会話をする。
相手が何を求め話したがっているかを察し、質問をなげかけ話題をどんどん提供していく。
会話が変わるキーワードが出たら積極的に聞き上手へ徹する。
そうする事で相手は「私の事を理解してくれてるとか話を聞いてくれて気持ちいいな」と思う感情に変わり会話がスムーズに行われていく。
中身のある会話をするべく、相手の欲求を満たす事が聞き上手の極意である。
但し会話の中で無意識的に「それ知ってる」という単語は至極簡単な言葉では有るが、会話が途切れてしまう可能性が有るので「それ知ってる」を言った場合、結論を自分から出さず相手から結論を出す様、心がけよう。
「それ知ってる」よりブーメラントークで「じゃぁこれ知ってる?」という言葉を返す事で話題が膨らんでいく事は言うまでもないね。

説明力

物事を相手にわかりやすく伝えるにはどうすれば良いか?要領を得ない話しをダラダラと長く話しては意味がない。
かと言って短く話をしようにも要領を得て話が出来ないと正確な情報を相手に伝えられない。答はズバリ論理的に話しをする事!論理的・・・集約しすぎてわかりずらいので、かみ砕くと本題と詳細を組み立てれば良い。
本題とは相手に一番伝えたいキーワードを話し次にいつ?誰が?どんな事を?など詳細を伝える様にする。
そして最後にもう一度伝えたかったキーワードを伝える様にする。
また説明する際、つなぎ言葉も重要なポイントのひとつ。話しの内容をまとめたい場合、「という事は」や「要するに」等使用する事ですっきりとまとまる。
更に話しの中で最も重要とされる部分には「ここが本題なんですが」や「ここからが本番なんですけど」と言葉にアクセントを入れる事で相手も改めて聞き入れるようになる。
これを注意して実践する事により、スムーズに理解しやすい話し方が出来るようになり 相手から「わかりやすいという単語が最後に残る。

交渉力

難関だと思われる交渉も適切な言葉を伝える事が出来れば相手が「No」と言わず成功させる事が可能である。交渉では相手に対し説得させようではなく説明をしようとする気持ちが重要である。
押してダメなら引いてみるという事を念頭におき、人の気持ちは押されると離れ、引くと傾いてくる。このバランスを考え説明を一生懸命頑張ろう!
また内容を伝える手段の一つとして例え話しと事実を駆使する事も有効。
例え話しでイメージを膨らませ事実で証明させる。
(例え話し)ダイエット運動する前にこれを飲むとより効果の高い有酸素運動が行われる。(事実)スポーツ選手の○○さんも愛用して飲んでいる。
イメージアップが交渉のカギとなる。伝えにくい時は体を使い、ジェスチャーを用いると伝わる場合もある。
そして交渉をまとめる為の落としどころをしっかり抑える事!落としどころというのは自分の中で成功したと思われる到達点の事です。お互いwinwinの関係を気づけるように!!

質問・回答力

事を上手く運ぶ事が出来る様、思い通りの結論に導く為の聞き方や答え方を考えてみよう。
大まかな質問を受けた時、あなたならどうします?
簡単に答えてしまうと更に突っ込まれるような質問をされ回答出来ない状況も発生する。
ではこのリスクをどう解決するのか?ズバりこれだ1.2.3⇒細かい質問をする。
いわゆるブーメラントーク質問を質問で返す!
こうする事で相手が何を求めているのか?がわかりやすくなり求める回答がしやすくなる。
また相手が納得しやすくなる回答法としては今も昔も変わらずYes、But、Becauseである。当然、Butが早すぎると「この人わかってるのかな」と逆にうたがわれるので注意したい。

心理作戦

話しをする際、だれでも相手からYesと言われたいまたは納得してもらってると思われる事が大切だと思います。
ここでは禁断のテクニックを公開しますが、乱用しないよう注意を!!一つこれは一つの例。
初対面の人に対し、自分をわかってほしい=Yesという方程式を考えてみた場合、自分の事よりも相手の事を徹底的に聞きまくる。そしてその中で共感出来る部分をアピールし自分はこういう人なんだと思わせる。
そうする事で相手はこの人は私と似てると思ったり、会話がしやすいと思い話が弾んでくる。こうする事で初対面の人とも始めは頭の中がNoでいっぱいだったはずなのに最後にはYesしか残らずまたこの人と話しをしたいなと思うようになります。
是非これを機会に試して下さい。

マル秘テクニック その1を見たい方はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう