IFTTT スマホ版 連携の神アプリ攻略+αで磨きをかけろ!

シェアする

IFTTT スマホ版 連携の神アプリ攻略

無数のWebサービスとアプリ。繋げて楽しく賢く使いたい方はここで連携を理解する事で仕事も遊びもより充実する事間違い無しです。

succo / Pixabay

IFTTT スマホ版とは!?

FacebookやTwitterなどを自動で接続させてしまうという優れもの!!
自動で接続のやり方と使えるレシピを紹介したいと思いますので
役立ててもらえれば、便利さがきっとわかると思います。

[appbox googleplay com.ifttt.ifttt&hl=ja]

IFTTT スマホ版について(登録編)

①まずは上記画像をタップし、アプリをDLします。毎度の事ですが
android中心に進行させて頂きます。
スマホにgooglepalyアプリが入っている場合、IFTTTと入力でして検索します。
②IFTTTをインストール後、「開く」をタップしてIFTTTを起動します。

③チュートリアルをサクッと流します。

Screenshot_2016-02-19-06-39-39
Screenshot_2016-02-19-06-39-39
Screenshot_2016-02-19-06-39-52
Screenshot_2016-02-19-06-39-52
Screenshot_2016-02-20-02-19-37
Screenshot_2016-02-20-02-19-37

※ここまでがチュートリアル※

④アカウント登録。アカウント作成画面ではお好きなメアド・パスワードを入力し
Create Account」タップで登録完了となる。

IF IFTTT 最初
IF IFTTT 最初

アカウント登録はこれで以上です、お疲れ様でした。

IFTTT スマホ版について(使い方推奨編)

①アカウント登録後 下記画面へ切り替わるので、右上の茶碗マークをタップ。

Screenshot_2016-02-20-01-01-32
Screenshot_2016-02-20-01-01-32

②続いて「+」または右へスワイプさせると次の画面に切り替わる。

Screenshot_2016-02-20-01-03-26
Screenshot_2016-02-20-01-03-26

③レシピ追加をする。
レシピとは「if this then that」この頭文字を取るとIFTTTとなり、もしこれをしたら
あれに○○する。という事を作成するのがレシピです。
(例)ツイッターでつぶやいたら、 フェイスブックにお知らせする
 アプリ同士繋げるといった事が簡単に出来る為、2回する動作を1回で済み
時間短縮になります。

④始めは、推奨レシピを使いますので「Recommende」をタップ。

Screenshot_2016-02-20-01-03-38
Screenshot_2016-02-20-01-03-38

⑤スライドさせて推奨レシピを選びます。

Screenshot_2016-02-20-01-10-12
Screenshot_2016-02-20-01-10-12

⑥サンプルで上記連携をタップ。

⑦連携内容を理解する為、英語がわからない方は翻訳で調べる。
webで翻訳しやすいgoogle翻訳で調べてみる。

無題
無題

⑧翻訳すると、「家で帰ったらスマホのミュートを解除する」という事がわかった。

Screenshot_2016-02-21-09-34-22
Screenshot_2016-02-21-09-34-22

⑨良ければ、「Add」をタップ。これで推奨レシピ選択完了。

⑩地図が出るので家を登録します。

Screenshot_2016-02-21-12-20-56
Screenshot_2016-02-21-12-20-56

⑪日本語入力にも対応しており、+-で地図の拡大縮小を行います。
自分の家近くまでポイントがきたらドラッグしてピンポイントで合わせましょう。

Screenshot_2016-02-21-12-21-10
Screenshot_2016-02-21-12-21-10

⑫セッティングが終わり、良ければ画面を下へスライドさせ「Add]タップ。
これで完了となります。連携完了後は必ずテスト動作を行って下さい!

IFTTT スマホ版について(使い方独自レシピ編)

独自レシピ=オリジナルレシピをマスターして自分のネットライフをより充実に!!

①まずは右上の「+」をタップ。

Screenshot_2016-02-21-12-37-37
Screenshot_2016-02-21-12-37-37

②画面下にある「Create a New Recipe」をタップ。

Screenshot_2016-02-21-12-15-10
Screenshot_2016-02-21-12-15-10

③画面が切り替わり、Start here!の「+」をタップ。
これはトリガーと言い、何らかのきっかけを作る事をさします。
わかりずらいので実際のアイコンで説明をしていきます。

Screenshot_2016-02-21-14-03-57
Screenshot_2016-02-21-14-03-57

Screenshot_2016-02-21-13-57-53[1]
Screenshot_2016-02-21-13-57-53[1]

④推奨サービス「Suggested Services」が表示される。
好きなサービスを選択し、タップ。
今回は、定番のTwitterを選択してみる事に、、、タップして次へ。

Screenshot_2016-02-21-12-38-18
Screenshot_2016-02-21-12-38-18

⑤どのトリガー(動作)で発動させるか「Select Trigger」の中から選択してタップ。

Screenshot_2016-02-21-14-02-46
Screenshot_2016-02-21-14-02-46

⑥今回はTwitterで「ツィートしたらアクション発生」の選択をしてみた。
⑦その他、他の動作も起こしたい場合はバーをタップしよう。

Screenshot_2016-02-21-14-03-26
Screenshot_2016-02-21-14-03-26

⑧特に問題無ければ、右上の「Next」をタップ。

Screenshot_2016-02-21-14-16-46
Screenshot_2016-02-21-14-16-46

⑨トリガー設定後、thenの「Action」を決めます。
Actionとはその名の通り、「動作」です。
ここではトリガーできっかけを作った後、次の選択するサービスで動作をさせます。

⑩続いて、Actionの推奨サービス「Suggested Services」が表示されるのでお好きな
サービスを選択してクリック。

Screenshot_2016-02-21-14-59-09
Screenshot_2016-02-21-14-59-09

⑪Twitterを選択してみた。タップして次へ。

⑫「Select Action」でお好きなActionを選択

Screenshot_2016-02-21-14-24-39
Screenshot_2016-02-21-14-24-39

⑬今回は「Post tweet」を選択してみた。タップして次へ。

⑭Tweetのtextを編集したい場合、ここで入力。
特に問題無ければ、「Continue」で次へ。

Screenshot_2016-02-21-14-25-20
Screenshot_2016-02-21-14-25-20

⑮これで連携完成となり、「Finish」をタップ。

Screenshot_2016-02-21-14-25-26
Screenshot_2016-02-21-14-25-26

⑯Finishで確定後、My Recipes(マイレシピ)へ保存される。
万が一機能を停止したい場合、下記の緑バーをタップすれば機能を停止出来ます。

Screenshot_2016-02-21-14-25-33
Screenshot_2016-02-21-14-25-33

⑰その他変更や削除(Delete)したい場合、作成したサービスをタップします。

Screenshot_2016-02-21-15-31-30[1]
Screenshot_2016-02-21-15-31-30[1]
 
Screenshot_2016-02-21-15-31-34[1]
Screenshot_2016-02-21-15-31-34[1]

⑱「ツィートすれば」「自身Twitterへ投函される」というレシピを一度確認してみる事に。

⑲Twitterを開きツィートしてみる事に。

FireShot Capture 138 - Twitter - https___twitter.com__lang=ja
FireShot Capture 138 - Twitter - https___twitter.com__lang=ja

⑳textで入力した文字を確認出来た!

FireShot Capture 139 - はらちん(@gontawithtomo)さん I Tw_ - https___twitter.com_gontawithtomo_with_replies
FireShot Capture 139 - はらちん(@gontawithtomo)さん I Tw_ - https___twitter.com_gontawithtomo_with_replies

㉑以後、お好きなレシピを探しだし、自分でカスタマイズしていきましょう。

IFTTT スマホ版について(おすすめレシピの+α編)

使い方はわかったと思いますが、使えるレシピを作る事に時間をかけたり、考える事が苦手な方に、「これ使える!」というレシピを掲載しておきます。

プライベートの場合

①Facebookプロフィール画像を変更した時 ⇒ Twitterへ自動的にプロフィール画像も変更

無題
無題

②時間や日時を指定してFacebookへ誕生日や特別な出来毎を忘れる前に、
自動で指定日に投稿される。

無題
無題

③Instagramで加工した写真をTwitterへも共有させる。

無題
無題

④ブログの更新を見逃さないよう、メールへ通知してくれる。

無題
無題

⑤自動であけましておめでとうございますをツィートする。

無題
無題

仕事の場合

①明日の天気が雨の場合、Gメールへ通知する。

無題
無題

②通勤中などでFeedlyで後予みした記事をPocketへ保存する。

無題
無題

③Pocketで後読みに登録したページをEverNoteへ保存する。

無題
無題

④Feedlyで後読みを付けた記事をEverNoteへ保存する。

無題
無題

⑤Facebookで新しく保存した写真をDropboxへ保存させる。

無題
無題

まとめ

如何だったでしょうか。やり方さえわかれば後は、楽々な感じですね。
その他色々と連携で「これは使えるよ!」というのがあればメッセージ頂けると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう