オーディオテクニカ ATH-CK3TW 手軽な操作と装着性を実現した完全ワイヤレスイヤホン11月登場

スポンサーリンク
オーディオテクニカ ATH-CK3TWPC関連
スポンサーリンク

オーディオテクニカ ATH-CK3TW 手軽な操作と装着性を実現した完全ワイヤレスイヤホン11月登場 機能やスペックを紹介

オーディオテクニカより、完全ワイヤレスを始めて使う方でも手軽に操作ができ、かつ装着性を実現した高音質モデルATH-CK3TW』と、baanaiとのコラボレーション特別仕様限定モデル『ATH-CKS5TW LTD』2製品を11月15日(金)に発売する。

製品の特長は、ATH-CK3TWが店頭での予想価格13,000円前後で、重低音再生にこだわるSOLID BASS完全ワイヤレスイヤホン=ATH-CKS5TW LTDの予想価格は18,000円前後となっている。

ATH-CK3TWは音切れ強くQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応で低遅延に強い。φ5.8mmドライバーを採用し、メリハリある力強い低音を再生し、音の厚みがありながらも伸びのある鮮やかなボーカルを楽しめる。完全ワイヤレスの解放感とともに、音楽との一体感も味わえる。

ヒトの耳へ沿うラウンドフォルムと完全ワイヤレス専用のシリコンイヤピースにより、高い装着性と優れた遮音性を実現でき 耳に寄り添う安定したフィット感をもたらす。

バッテリーはイヤホン単体でフル充電=約6時間連続再生が可能。充電ケース併用で、4回分のフル充電が可能なため ヘッドホンと充電ケースがフル充電状態なら最大約30時間ものロングバッテリーを楽しむ事が可能だ!

機能面は、イヤホンに搭載された装着センサーが、イヤホンを耳から取り外したことを検出し、自動的に音楽を一時停止する。再びヘッドホンを耳に着け直せば、自動で音楽を続きから再生できる(装着検出機能)。また周囲の雑音を緩やかに抑制するQualcomm® cVc™(Clear Voice Capture)により、移動中でも明瞭で自然な会話ができたり、操作ボタンでSiriやGoogleアシスタント™にアクセスができる。マイクを通じ呼びかければ、メッセージや通知の読み上げ、経路案内など日々の行動をサポートする。

スポンサーリンク

audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS55TW LTDのスペックは?

オーディオテクニカ ATH-CK3TW 見出し2

タイプ:ダイナミック型BTイヤホン
カラー:ブラック/ブルー/レッド/ホワイト
重量:約4.7g※充電ケースは約49.7g
周波数:20Hz~20KHz
ドライバー:φ5.8mmドライバー
インピーダンス:16Ω
Bluetooth:Bluetooth v5.0(Class不明)
Bluetooth通信:約10m
コーデック:Qualcomm® aptX™ audio/SBC
感度:98dB/mW
バッテリー:約2時間充電で、最大約6時間再生可※充電ケース約2.5時間充電で最大約30時間の使用が可能
防滴仕様:IPX2
付属品:30cm充電用USBケーブル(USB Type-A/USB Type-C™)/イヤピース(XS,S,M,L)
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
A2DP=音楽用ステレオ音声(オーディオ)
AVRCP=音楽用リモコン機器(リモート機器)
HFP=ハンズフリー通話/HSP=ヘッドセット通話

オーディオテクニカ ATH-CK3TWの本体
関連商品

audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS5TW LTDのスペックは?

オーディオテクニカ ATH-CKS55TW LTD

タイプ:ダイナミック型BTイヤホン
カラー:ブラック
重量:約8g※充電ケースは約60g
周波数:5Hz~40KHz
ドライバー:φ10mmドライバー
インピーダンス:16Ω
Bluetooth:Bluetooth v5.0(Class不明)
Bluetooth通信:約10m
コーデック:Qualcomm® aptX™ audio/SBC/AAC
感度:110dB/mW
バッテリー:約2時間充電で、最大約15時間再生可※充電ケース約3.5時間充電で最大約45時間の使用が可能
防滴仕様:IPX2※イヤホンのみ
付属品:30cm充電用USBケーブル(USB Type-A/USB Type-C™)/イヤピース(XS,S,M,L)/シリコンリング
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
A2DP=音楽用ステレオ音声(オーディオ)
AVRCP=音楽用リモコン機器(リモート機器)
HFP=ハンズフリー通話/HSP=ヘッドセット通話

ATH-CKS5TW LTDの本体

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント