パイオニア S3 wireless ファストチャージ搭載コスパ良好BTヘッドホン登場

スポンサーリンク
Pioneer S3wireless PC関連
スポンサーリンク

パイオニア S3 wireless ファストチャージ搭載コスパ良好BTヘッドホン登場 機能やスペックを紹介

ONKYOグループPioneer(パイオニア)より、ワイヤレスヘッドホン『S3 wireless SE-S3BT』が2019年9月中旬に店頭予想価格5,000円前後のコストパフォーマンス良好で発売される。気になるカラーバリエーションはブラックをはじめ、グレー、ブルー、ピンクの4色を展開。

安価なBTヘッドホンながら時間の無い時でも10分の充電で、約4時間の使用が可能。朝の出勤や通勤前にちょいチャージ=ファストチャージにより電車などで気軽に使用する事が可能だ。

スポンサーリンク

Pioneer S3 wireless SE-S3BTヘッドホンの機能は?

Pioneer S3wireless 見出し2

音楽を長時間楽しめるスタミナワイヤレスヘッドホン

最大25時間の連続で音楽再生が可能で、毎日の充電切れを気にする事無く、コンパクトなオンイヤータイプのヘッドホン。

パワフルな重低音再生

大口径のφ40mmドライバーを採用で、バランスの良く重厚でパワフルな低音再生を実現。またコーデックはSBCをはじめAACへ対応しているので、ワイヤレスでも高音質再生をAndroidやi-Phoneどちらでも楽しめる。なお再生周波数帯域は、10Hz~22kHzとなる。

スマートに持ち運び便利

折りたたみとスイーベル、両方の機構をサポートしているので、フラットに折りたたんでバッグへスマートに収納できる。使い時もコードがないのでさっと取り出しすぐに使える点はグッド!重量は205gで充電用USB Type-Cケーブルが付属する。

最大2台まで同時接続可能なマルチポイント機能搭載

スマホやタブレットを同時に接続して、タブレットで音楽を聴きながらスマホで着信の待ち受けが可能。※一度に通話またはソース再生できる機器は、それぞれどちらか1台だけ

物理ボタンで直感操作

ハウジングに操作ボタンとマイクを備えるので、ボリューム調整をはじめ、曲送りや着信など操作が簡単に行える。さらにスマホへ届く通知を音声読み上げ可能なAndroidアプリ=Notification Appとも連携が可能。

Pioneer S3 wireless SE-S3BTヘッドホンのスペックは?

Pioneer S3wireless スペック

タイプ:密閉型ダイナミックBTヘッドホン
カラー:ブラック/グレー/ブルー/ピンク
重量:205g
周波数:10Hz~22KHz
ドライバー:φ40mmドライバー
インピーダンス:32Ω
Bluetooth:Bluetooth v5.0(Class2)
Bluetooth通信:約10m
コーデック:SBC/AAC
感度:92dB/mW
バッテリー:約2時間充電で、最大約25時間再生可※10分充電で約4時間再生可能なファストチャージ機能搭載
その他:マルチペアリング最大8台まで可能※同時は2台迄
付属品:充電用USB Type-Cケーブル
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP/SPP/PBAP
A2DP=音楽用ステレオ音声(オーディオ)/AVRCP=音楽用リモコン機器(リモート機器)/HFP=ハンズフリー通話/HSP=ヘッドセット通話/SPP=PCへBT接続可能/PBAP=電話帳伝送可能

パイオニア S3 wirelessSE-S3BT本体購入

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント