マニア必見! NNT東日本が監修&製作協力した『本格公衆電話ガチャコレクション』11月中旬登場

スポンサーリンク
NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション他ジャンル
スポンサーリンク

マニア必見! NNT東日本が監修&製作協力した『本格公衆電話ガチャコレクション』11月中旬登場 各電話と機能を紹介!

タカラトミーよりNTT東日本との公衆電話の使い方や認知向上に向けたプロジェクト商品として『公衆電話を手のひらサイズ』にしたミニチュアフィギュアなる公衆電話がガチャで11月より中頃より販売される。ガチャを一回まわすのは300円となり、マニアは必見と言える逸品。

スマホが世界的に広まり定着する中、公衆電話の存在価値が減り利用者がほとんどないと思われる公衆電話。災害がいきなり発生したら!?など いざって時の有効手段として重要性は高いと言える。

懐かしの赤色ボディ「新形赤電話機」をはじめ、設置台数は減っているが馴染みのある緑やグレーボディの公衆電話機がガチャでGetできるチャンス!!また日本では設置台数が数少ないと言われる受話器が2個搭載の「デュエットホン」や「金色の公衆電話機」など、昔ながらの電話機から珍しいモノまで全6種類がラインアップされる。

スポンサーリンク

本格公衆ミニ電話機 全6種紹介

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション 見出し2

MC-3P 緑電話機

昭和61年より登場の緑電話なるMC-3Pは、テレホンカードへ対応し アナログ公衆電話で、現在も設置台数が最多のモデルとなっている。

DMC-7 ディジタル公衆電話機

ディジタル公衆電話機となるDMC-7は、ISDNのデータ通信へ対応し、PDA端末などをつないでメール送信なども利用できる電話機。時代はデジタルへというのがこの電話機となるので、グレーの電話を見たらデジタル電話と解釈しよう。

MC-D8 デジタル公衆電話機

2016年に登場したディジタル公衆電話機となるMC-D8は、緑電話とちょ~似てるがボタンの押しやすさとユニバーサルデザインを採用した電話機となる。緑電話のディジタル版です。

新形赤電話機

昭和46年に登場した赤い電話機で、10円玉を最大6枚連続で投入可能な赤電話。10円入れて電話したい番号の穴へ指をいれ、時計回りにまわして円盤が止まったら離し→次の番号をまた時計回りにまわして離す事をくりかえせば電話をかけることができる画期的な電話。

スマホ時代しか電話を知らない方からするとレアな電話機と言ってしまうかも!?

デュエットフォン

平成2年に限定製作された電話開業に伴い100年記念として世に出回った。っが現在は国内で3台のみという超絶激レアな電話。受話器2つ搭載で3人同時に通話可能ということでデュエットの二人から電話して相手としゃべるというヘンタイ仕様。

金色の公衆電話機

今上天皇陛下(当時の皇太子さま)と雅子さまのご成婚を祝し、パレード沿道にある公衆電話機がすべてこの色に塗り替えられ平成5年に登場した。っが現在は存在しないハイパー激レアな電話機。

 本格ミニ公衆電話機の特徴は?

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション スペック

公衆電話の電話をかける動きが楽しめるギミック付きミニ電話機で、受話器のフックは本物同様に上下に動く。受話器を手に取り、置いたりが可能。

ダイヤルボタンは当然押せ、なおかつコイン返却口も開閉するので、実物に近い感覚を家や外でニヤニヤしながら触れる。

また各機種の時代に合わせた公衆電話の使い方ステッカー1枚付属で、公衆電話に馴染みのないかたはステッカーで使い方を覚える事ができいざという時に実機でも活用できるようになっている。

公衆電話は平成初期の設置数より現在は5分の1へと激減し、平成30年の段階で全国に約15万台となっている。これは災害時の通信手段として利用できるとされる。最近は公衆電話の設置スペースにフリーWi-Fiを設置してるケースが多いので、街の公共スペースとしての新たな使い方に注目されている。今後は外でWi-Fiが通ると公衆電話があるのかも!?って思っても良いかしれません。

本体購入はガチャで取得できるが、ガチで全部を安く手に入れるならまとめ買いがやすいかも。
エラー|au Wowma!(ワウマ)−通販サイト
毎日がワウ!になる通販サイトau Wowma!(ワウマ)。人気のアイテムが大集合!2,000万品以上の豊富な品ぞろえ♪送料無料商品やセール商品も多数掲載中!ポイントやクーポンを使ったお買い物もOK!あなたの欲しい物がきっと見つかる♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント