黒い砂漠(Black Desert)冒険記 バレンシアクエスト No.623

スポンサーリンク
黒い砂漠(Black Desert)冒険記 バレンシアクエスト No.623黒い砂漠(MMORPG)
スポンサーリンク

黒い砂漠(Black Desert)冒険記 バレンシアクエストを攻略 No.623

おはようございます はらちんです!黒い砂漠PC版では6/24(水)アップデートに伴い『モンスター討伐到来!』を6/25(木)より開催

イベント期間は2020年 6月 25日 (木) 00:00 ~ 2020年 7月 7日 (火) 23:59迄となり、

30分ログイン時:祝福された伝令書 1個
60分ログイン時:サウニール攻城隊長覚醒召喚書の欠片 1個
90分ログイン時:アイテム獲得増加スクロール (60分) 1個
120分ログイン時:クロン石 10個+ヴォルクスの叫び 2個

※要2時間ログインで全てGETできる感じですw
釣り放置?!もアリかも(;’∀’)

スポンサーリンク

黒い砂漠(Black Desert) バレンシアのクエストを攻略  No.623

本日はアンカト海岸よりスタート!まずはライオンの血を取得するため、子どもライオンを討伐

狩りをしながら適当にフラフラ歩くと、天文台を発見。流れで砂漠内へ入り、

探索拠点管理:アクラムまで到着

ここで[首都バレンシアの上流階級]トピックが完成され、行動力2を(σ・∀・)σゲッツ!!

そして天文台までなんとか適当にジャンプしながら登り終え、

星座を確認することがデキタ!

一旦バレンシア近郊の農場まで戻り、採集へ。

ここではシルクを鍬で採集が可能で、蚕繭がもらえる

さらに蚕繭を加熱することで、絹糸がもらえる流れとなる

あとはディグへ報告して柔らかい生地のクエストが完了

続いてはバレンシアの伝統知識集め。場所は下記にて

探すだけのクエは簡単で街中を色々調べる事ができるため、もっと増やしてほしいクエストの1つw

さらに本棚まで向かい、取りこぼし?!と思われる知識を回収

ここにもあった。本棚タゲをミスると飛ばしちゃうので、ゆっくりカーソルをスライドさせないと見つける事ができないorz 自分のマウス移動はMAXなので(-_-;)

行動力と引き換えに本棚では知識が覚えれるので、行動力がないかたはサブキャラを使うとすぐに完了となるハズw

結構とりこぼしてるな。また来ないとダメかも

場面変わり、アクマンへ入るべくクエストが発生となるアクムサと会話。

会話にて混沌のアクマン寺院のクエストが完了し、連続クエストの展開へ

クエスト名:古代のネックレス 受注
依頼内容:シャカトゥに会う

このままアクマンでクエスト発生?なのかそれとも別のクエストで終わるのか。展開が気になる所。No.624へ続く

最新PCで黒い砂漠をプレイ

https://xn--

h9j1a4evb.com/%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e6%9c%ac%e4%bd%93%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88pc%e5%90%ab%e3%82%80/

はらちん.comで黒い砂漠記事

2017年 MMORPG [黒い砂漠] Black Desert 周辺機器
黒い砂漠の冒険記を書いてます。基本内容がクエストの攻略となりダラダラと書いてます。気になるクエストがあれば、検索ワードへ入力すると自分のわからなかった所が出てくるかもしれません。クエストコンプを目指し頑張ります!!
【ゲーマー必見!】FPSと仕事で使いたいオススメ マウスパッド
FPSで最も重要とされるマウス。そしてマウスを止める為の守護神「マウスパッド」 仕事も含めマウスを動かし途中で止めたい時はマウスから手を離したりマウスを持ったまま静止させるがどうもマウスが動いてイライラする?という経験は誰もがあるハズ。
【ゲーマー必見!】FPSと音楽を楽しむヘッドセットを手に入れたい
FPSではキーボードとマウスが命だが、敵の足音を聴いたり、音楽も聴いたりと活躍する周辺機器と言えばやはりヘッドセット必須と言える。筆者はらちんが愛用してるのはSonyのヘッドセットの為、FPS向きというよりどちかと言えば音楽向きである。
【ゲーマー必見!】ゲーミングキーボード これだけは手に入れたい!!
FPSではキーボードとマウスが命だが、激安モノは1,000円以下でも売ってるが、実際自分にあったゲーム用はどうなの?という事と出来れば仕事でも併用出来ればと思っている方は筆者以外にも多いハズ。
【ゲーマー必見!】FPSで是非使いたいおすすめ ゲーミングマウス
FPSでは左手操作はキーボード、右手でマウスを握る。 今回はFPSで打ち勝つ為のおすすめゲーミングマウスをご紹介しようと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント