Amazon Echo Studio ドルビーアトモス対応Echoシリーズの上位モデル登場

スポンサーリンク
Amazon echo studio他ジャンル
スポンサーリンク

Amazon Echo Studio ドルビーアトモス対応Echoシリーズの上位モデル登場 機能やスペックを紹介!

Amazonより、没入感ある立体的音景を作り出し、スタジオ品質オーディオ(Dolby Atmos)へ対応した高品質スピーカー『Echo Studio』が2019年12月5日に24,980円で登場する!

Echo Studioの特徴は音楽の曲名をはじめアーティスト名やジャンルなどAlexa(アレクサ)へ話しかけ、好みの曲を聴く事が可能。その他の機能として天気予報や目覚ましなどのアラーム設定、対応のスマート家電を操作することなどAlexaを通じ話しかけるだけで利用が可能だ。

Echo Studioは音がどの方向から聴こえてくるのかを、内蔵する5つのスピーカーが部屋を埋め尽くす音を生成し様々な方向からユーザーの耳へ届けることが可能。設置した部屋の音響特性を自動的に分析し、最適なサウンドを再生するため微調整が行われ没入感あるサウンドを自宅で楽しめる。

搭載するDolby Atmos(ドルビーアトモス)のステレオ音源により、多次元オーディオが楽しめる様 空間、明瞭性、奥行きまで体感が可能。今後の展開としてAmazon Music HDを通じ、3Dミュージックによる音楽も楽しめるとの事。

Amazon echo studio 見出し2

気になる対応サービスは、Amazon MusicをはじめApple MusicやSpotify、TUNE IN、dビッツ、うたパスなどお気に入りの曲、アーティスト、アルバム、ジャンルを指定してストリーミング再生が可能。
なお、Amazon Music HDに登録すれば、標準のストリーミングの約2倍ビットレートを持つHD音源を再生することも可能。

その他の機能としてEcho StudioをFire TV Cube(第2世代)、Fire TV Stick 4K、またはFire TV(第3世代)にワイヤレス接続すれば、没入感あるエンターテイメントが楽しめる。他のEchoデバイスと組み合わせ音楽を同時に再生したり、Echo Studioをペアで使用すれば、スケールが大きく、リッチなステレオ音響も展開可能。

スポンサーリンク

Amazon Echo Studioのスペックは?

Amazon echo studio スペック

サイズ:206×175×175mm
カラー:ブラック
重量:3.5kg
オーディオ:2.0インチ(51 mm)ミッドレンジスピーカー×3/1.0インチ(25 mm)ツイーター/低音開口部付き5.25インチ(133 mm)ウーファー
オーディオ入力:3.5mmミニジャック・mini-opticalコンビネーション
Dolby Atoms:ステレオ音源変換。Dolby AtmosやMPEG-H(Sony 360 Realty Audioを含む)などネイティブ3Dコンテンツ再生。
対応ストリーミング:Amazon Music(スタンダード、HD)/Apple Music/Spotify/TuneIn/dヒッツ/うたパス
◦Fire TV互換:Fire TV Cube(第2世代)/Fire TV Stick 4K/Fire TV(第3世代)のオーディオ出力として無線接続可能
Wi-Fi:デュアルバンド802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) Wi-Fiネットワーク/アドホックモード(またはピアツーピア方式)のWi-Fi ネットワークには非対応
Bluetooth:A2DPプロファイルにより、スマホをEchoへつなぎ、音楽をEchoスピーカーで再生できる。EchoをBluetooth対応スピーカーにつなぎ、Bluetoothスピーカーから音声や音楽再生が可能。AVRCPプロファイルにより、接続中のデバイス再生や停止など音声コントロール可能(ただしMac OS X デバイスやBluetooth接続にPINコード入力が必要なデバイスは非対応
Zigbee接続:Zigbeeスマートホームハブ内蔵でZigbee対応スマートバルブ、ロック、センサー、プラグなどに対応

Amazon Echo Studio本体購入

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント