Anker 第2世代 Soundcore Liberty Neoがグレードアップして登場

スポンサーリンク
第2世代 Soundcore Liberty NeoPC関連
スポンサーリンク

Anker 第2世代 Soundcore Liberty Neoがグレードアップして登場 機能やスペックを紹介

モバイルバッテリーや急速充電などスマホのお供に使える周辺機器で有名なAnkerより、コスパ良好だった旧モデル=Soundcore Liberty Liteの後継機として『Soundcore Liberty Neo』からさらに機能がグレードアップした左右完全分離イヤホン『第2世代 Soundcore Liberty Neo』が発売されたのでご紹介!

完全ワイヤレスイヤホンながらグラフェン素材を用いたドライバーを搭載しており、すべての周波数帯域(20Hz~20kHz)で従来のドライバーよりも振動板を35%軽量化させ すぐれた音楽体験を得ることが可能。さらに独自BassUpテクノロジーにより低音域を最大43%アップ!!

正確な振動を発生させる事で、クリアで臨場感の溢れるサウンド再生をどの音域でも創り出すSoundcoreのコーデックはSBCとAACをサポート。

スポンサーリンク

Anker完全ワイヤレスイヤホン第2世代Soundcore Liberty Neoの特徴は?

第2世代 Soundcore Liberty Neo 見出し2

強化された低音

Soundcore独自のBassUpテクノロジーにより、聞いている音楽の低周波音域を即座に分析し、低音域を約43%増幅。20Hz~20kHzの広い周波数帯域で優れた音楽体験が可能。

安定した接続

イヤホン内部のアンテナを改善し Bluetooth5.0対応で音飛びを極限まで抑え、完全ワイヤレスでありながら、安定した接続を実現。

抜群のフィット感

Soundcore独自GripFitテクノロジーにより、イヤホンを耳に挿入し少しひねるだけでしっかり固定できる。歩行や激しい運動の際にも安心設計。

驚きの軽さ

イヤホンの重さは約5gと超絶軽く、どんなに長時間装着していても疲れることはない。

IPX7防水性能

ランニング中、突然の雨など水も防ぐことができ 天候やシーンを選ばず音楽を楽しめる。 ※一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない

手軽なハンズフリー通話

マイク内蔵でいつでもハンズフリー通話が可能。

最大20時間の長時間再生

イヤホン本体だけで最⼤5時間、付属の充電ケースを合わせれば最⼤20時間⾳楽再⽣が可能。
※イヤホンのバッテリー残量はBluetoothペアリング中iPhoneやiPadからも確認可能(※iOS6以上の機器のみ対応)

第2世代Soundcore Liberty Neoのスペックは?

タイプ:左右分離型完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ブラック
重量:約51g※電池ケース含む
ドライバー:φ6mmドラバー
Bluetooth:Bluetooth v5.0
Bluetooth通信:通信距離不明
コーデック:SBC/AAC
バッテリー:約1.5時間充電で、約5時間。バッテリー併用で最大約20時間再生可
付属品:充電ケース/イヤーチップ(XS/S/M/L)/イヤーウィング(XS/S/M/L/XSサイズは本体に取り付け済み)/Micro USBケーブル/取扱説明書/安全マニュアル/18ヶ月保証(※注文番号が保証書の代わり)/カスタマーサポート
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
A2DP=音楽用ステレオ音声(オーディオ)
AVRCP=音楽用リモコン機器(リモート機器)
HFP=ハンズフリー通話
HSP=ヘッドセット通話

AnkerのSoundcore Liberty Neo本体購入

前作モデルのAnker Soundcore Liberty Liteの記事

Anker Soundcore Liberty Lite コスパ良好 左右分離型イヤホン登場
Anker Soundcore Liberty Lite コスパ良好 左右分離型イヤホン登場Ankerより、コスパ良好な左右分離型イヤホン『Soundcore Liberty Lite』が発売されていたので今回ご紹介!特徴は、Bluetoo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント