ASUS Zenfone 5q 120°広角+4つのカメラ搭載SIMフリースマホ登場

スポンサーリンク
Zenfone 5qスマホ 情報
スポンサーリンク

ASUS Zenfone 5q 120°広角+4つのカメラ搭載SIMフリースマホ登場

Zenfone 5q

ASUSジャパンより、『ZenFone 5q』SIMフリー版が5月18日に登場!特徴は、メインカメラ及びインカメラ両方にデュアルカメラを搭載し、かつ120°広角レンズ仕様となっている。メインカメラにはSONY製イメージセンサーを搭載。

またアスペクト比18:9フルHD+6インチディスプレイに、CPUはスナドラ630にメモリ4GB+6ロム4GBとミドルレンジクラスの性能を誇る。セキュリティには嬉しいフェイス認証搭載で、ロック&解除が楽ちん。

シリーズ Zenfone 5&5Zも同時発売!

 

スマホASUS Zenfone 5&5Z ノッチディスプレイ搭載 SIMフリースマホ 6月登場
ASUS Zenfone 5&5Z ノッチディスプレイ搭載 SIMフリースマホ 6月登場スペイン バルセロナ開催のMWC2018にてASUSよりASUS ZenFone5&5Zを発表し、6月に全世界で発売となった。特徴はデュ

 

https://はらちん.com/スマホ-情報/asus-zenfone-55z-ノッチディスプレイ搭載-simフリースマホ

 

 

2017年には購入検討したい 「格安SIM 」どこがいいの!?編
「格安SIM」を検討して、2017年はスマホ代を安く済ませよう♪みなさんご存知の格安SIMを使い、格安スマホを利用している方もいると思います。今回は内容をよく知っている人・未だ導入検討してる人どちらでもわかるようはらちんが同時に調べてみたの
2017年には購入検討したい 「格安スマホ 」どこがいいの!?編
SIMフリー対応スマホ入手で月額のコストを抑え最新機種情報 編SIMフリースマホを使う事で月額のコストを抑え毎月幸せになれるハズ!SIMフリー対応でも色んな機種があると思うのでどれが良いか迷ってしまいがち。今回は迷っても大丈夫なようにオスス
スポンサーリンク

ASUS Zenfone 5q スペック

 Zenfone 5q 見出し2

サイズ:高さ160.5×幅76×厚み7.7mm
重さ:168g
カラー:ミッドナイトブラック/ルージュレッド/ムーンライトホワイト 
OS: android 8.0 Oreo
CPU:Snapdragon630 Octa Core(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM:4GB
ROM:64GB MicroSDカード:ストレージ最大2TB
バッテリー容量:3,300mAh 
ディスプレイ:6.0インチ IPS液晶 フルHD+(2,160×1,080)  
アスペクト比:18:9
カメラ:アウトカメラ:1,600万画素+800万画素/インカメラ:2,000万画素+800万画素
動画撮影
無線LAN規格: IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/GSM
パケット:LTE/HSPA+/EDGE
Bluetooth:Bluetooth v4.2
セキュリティ: 指紋認証/フェイス認証有り
SIMカード:nano SIM + nano SIM ※1(DSDS対応
その他1:USB Type-C
その他2:3.5mmオーディオジャック有り
その他3:VoLTE対応
その他4:急速充電対応

※1 DSDSとは?

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

 ASUS Zenfone 5q 機能

ディスプレイ&BODY

Zenfone 5q ディスプレイ

アスペクト比18:9 6インチ液晶ディスプレイに、本体上部は切り欠けノッチ仕様。ウルトラスリムベゼル採用で、一般的な5.5インチ画面サイズで6インチクラス同等のコンパクトボディーを実現。

パフォーマンス

Zenfone 5q パフォーマンス

CPUは、Snapdragon630のオクタコア(2.2GHz×4+1.8GHz×4)仕様に、RAM4GB+ROM64GBを完備。一世代前のCPUと言った感じがするが、問題となるような性能ではないだろう。

カメラ

Zenfone 5q カメラ

インアウト両方のカメラにクアッドカメラシステムを搭載しており、前面はメインカメラ2,000万画素に120°広角レンズ仕様に、最高クラスSONY製イメージセンサーを搭載する。今までにない最高の前面カメラ品質を実現しており、ソフトLEDフラッシュを使えば被写体をハッキリ映し出し後ろの風景まで自然に残せるという。

背面にはメインカメラ1,600万画素とに120°広角レンズカメラ仕様。どちらもあらゆるシーンに対応し広大な風景や動きの速いペットの撮影などが可能。撮影速度はわずか0.03秒となる。

またポートレート写真や自撮り、4K動画撮影でも簡単に最適に写し出す。PixcelMaster™ テクノロジーにより、Proモードが使え細かな調整や美人エフェクトによる美顔撮影なども楽しめる。

その他、オートモードの搭載や自動HDR機能、Low Lightモードで暗所の撮影も快適。もちろん手ブレ補正も付いている。

指紋認証

Zenfone 5q セキュリティ

顔認証機能搭載で、カメラに顔を向けるだけですぐにロック&解除が可能。もし自分以外の人がスマホ使おうとした場合、顔認証機能が検出しロック画面通知やコンテンツを自動で非表示する。
指紋認証センサーは、本体を持ったときに自然に人差し指で触れる位置に搭載し、わすか0.3秒で素早くロック&解除を行う。また濡れた手でも指紋を認識してくれる。

Android 8.0 Oreo

・ポップアップ窓表示
対応する動画が、小さなポップアップ窓表示可能(youtubeなど)で、小窓表示つつ全画面で別アプリ使用可能なピクチャー イン ピクチャー マルチタスク機能。

・通知ドット
通知アプリアイコンをわかりやすく表示。

・セキュリティ
セキュリティ強化でGoogle Playプロテクトが使える。

・バッテリー消費
本体駆動時間延長が出来る様、バックグランドアプリのバッテリー消費低減。

・autofill機能
専用ブラウザ以外のアプリでもログインなどを覚え素早く入力出来る。

・インスタントApps
androidインスタントAppsでストリーミングがインストール無しアプリを試す事が可能。

・絵文字
毎度増え続けている絵文字など。

Andeoid O 2017年8月22日(月)リリース with Xperia まとめ
Andeoid O 2017年8月22日(月)リリース with Xperia まとめAndrido O=android 8.0が8月22日より正式にリリースされた。 まず当たり前の事だが、電源を入れホーム画面が出現するまでの起動時間が短縮

SIMカード

Zenfone 5q SIMカード

その他

 

 

本体購入はこちら

 
関連商品はこちら
 
 
 
 
 
ANKER製品を使いたい方はこちら
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もし

 

Tronsmart製品を使いたい方はこちら

WordPress › エラー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント