BOSE FRAMES ALTO サングラスにBTヘッドホン搭載気になる性能は?

スポンサーリンク
PC関連
スポンサーリンク

BOSE FRAMES ALTO サングラスにBTヘッドホン搭載気になる性能は?

BOSEより、サングラスにBluetoothヘッドホン機能を搭載した『BOSE FRAMES ALTO』が2019年10月3日より税込み25,000円で販売を開始したのでご紹介!本機はウェアラブルデバイスとなっているので、グラサンとして着けたまま使えかつAR(拡張現実)機能を搭載している。

BOSE FRAMES ALTOの特徴は、ボーズの中でも史上最小で最薄かつ最軽量設計。また音響システムに9軸ヘッドモーションセンサーを搭載し、独自オープンイヤー設計によりスマホのGPSやBose ARアプリを使い自身の現在地など音声コンテンツを楽しめるとする。また重さは45gと軽く音声コントロールをはじめ音楽やコンテンツのストリーミング、通話、音声アシスタントへのアクセスが可能となっている。

BOSE FRAMES ALTO 内側

気になる音質は、完全ワイヤレスヘッドホン同等の機能をもち、サングラスからは想像できないほどパフォーマンスが良く驚くようなリスニング体験が可能とのこと。ユーザーにしか聞こえないよう音声を出せる仕組みにもなっており、左右両方つるの内部へ超極小の音響パッケージを搭載!

さらにタッチコントロールと音声コントロールへ対応しているので、右側のつるにマイクとマルチファンクションボタンがあり、電源オンをはじめ、スマホとペアリングしたりSiriやGoogleアシスタントの起動が可能。もちろん通話や音楽の一時停止やスキップなど操作が可能。Bose Connectアプリも使えるので、カスタマイズ設定や様々なコントロールが可能。自分にぴったりのスタイルで音楽を楽しめる。

音声ARは?

音声で使えるBose ARは、レンズを通し視覚的な変化を与えカメラレンズを統合し視界にオブジェクトを重ね合わせてあるのでスマホのカメラを使わなくてすむ。9軸ヘッドモーションセンサーと、Android(iOS)デバイスよりGPS情報を使い自身の現在地や向いている方向を把握できる。Bose ARアプリを使う事で、旅行や勉強、エンターテイメント、ゲームなどのオーディオコンテンツを提供する現実世界を拡張可能。

その他気になる部分は?

◦サングラスには極小のリチウム電池が内蔵しており、最大で3.5時間の連続再生に対応。スタンバイモードでの待機時間は最大12時間となり、充電は2時間ほどでフル充電。付属のポゴピンケーブルで充電するタイプとなっている。

◦サングラスは、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)を最大99%カットでき、レンズは簡単に取り外して交換が可能。オプションで偏光/非偏光レンズと交換ができ、キズや衝撃への強度も高く、標準レンズと同等の保護力を持っている。オプションで買えるレンズは、偏光タイプのミラードシルバー(しぶめのおじさんが装着する感じ)3,500円と非偏光ブルーグラディエント(レイバンなどでよく見かけるタイプ)が2,500円で購入が可能だ。

スポンサーリンク

 BOSE FRAMESALTOのスペックは?

リチウム電池内蔵で、付属のポゴピンケーブルに接続して充電可能。平均的なリスニングレベルで最大3.5時間の連続再生に対応し、最大12時間スタンバイモードで待機可能。充電は2時間未満。汚れ拭き用の布製ポーチ、保管用の保護ケースも付属する。

タイプ:サングラスタイプBTヘッドホン
サイズ:長さ155×幅142mm/フチ16mm×レンズ部は51mm×2
カラー:ブラック
重量:45g
Bluetooth通信:約9m
バッテリー:約2時間充電で、最大約3.5時間再生可
付属品:キャリーケース/充電ケーブル/布製バッグ

BOSE FRAMESALTO本体購入

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント