「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアムへ遊びに行ってみた!

スポンサーリンク
ドラエモン アイキャッチ画像他ジャンル
nguyentuanhung / Pixabay
スポンサーリンク

「ドラエもん」藤子・F・不二雄
ミュージアムへ遊びに行ってみた!

 

ドラエモン 見出し1画像

nguyentuanhung / Pixabay

 

自分の中で勝手に旬なネタとして的を絞ってみた所、第一弾は「ドラエもん」がテーマになりました。(汗)
ここは神奈川県の生田緑地よりすぐ!?だったので不二子・F・不二雄ミュージアムへ足を運んでみる事に。

 

スポンサーリンク

「ドラエもん」藤子・F・不二雄 ミュージアムとは!?

 

事前にチケット購入が必要」となりますが、「ドラエもん」ミュージアム内ではみなさんご存知のキャラクター達が待っていますのでなんとか頑張ってチケットをGETしましょう!

「ドラエもん」ミュージアムは映像を観たり、キャラクターに触ったり、ご飯を食べたりと隅々まで歩くと2時間ぐらいはあっという間の世界。

 

「ドラエもん」ミュージアムへ行く為の事前準備

チケット購入前に「行く日」・「遊びに行きたい時間」を決めておきます。
割とこれが重要です!!後ほど説明を。

<チケット購入方法>

まずは、検索サイトで「ドラエもん」ミュージアムで検索し、一番上に検索結果が出るのでクリックorタップしてサイトを閲覧して下さい。
サイト内の利用案内よりチケットはローソンだけで購入できますをクリック(タップ)

購入は3通りあって、インターネットで予約・電話で予約・ローソンLoppiで購入となる。
この中でオススメは、ローソンへ行きLoppiで購入がベストです。
電話で予約は、ガイダンス式でわかりずらい(間違えやすい)ので×
インターネットは簡単に取れるがチケットを子供に渡すワクワク感が無さそうだなというイメージで×
という事で一番めんどうではあるが、ローソン迄 足を運び用意してあげるのがベストと判断。そそくさにローソン迄ママチャリで取りに行く事にしました。

<豆知識1:チケット料金>
料金は、大人・大学生 =1,000円
    高校・中学生 = 700円
    子供(4歳以上)=500円
            ※3歳以下は無料です

この瞬間迄は おっ、安いなぁと思ってました。。。。

「ドラエもん」当日は生田緑地から

 

チケット購入後、どうせいくなら「生田緑地」で遊べる!?と思いました。
もし「ドラエもん」ミュージアムのみなら電車のが良いと思いますが、生田緑地も一緒に遊んじゃえって方は車で東口の駐車場利用がオススメ。
先程「遊びに行きたい時間」を決めておきますと書きましたが、この理由としてはまず「ドラエもん」ミュージアムは入館時間が決まっています。
<豆知識2:チケット時間>
それぞれ入館時間は以下の4通り。
・10時/入館締切時間10時30
・12時/入館締切時間12時30
・14時/入館締切時間14時30
・16時/入館締切時間16時30

筆者はお昼時の12時を狙ってみました。
理由は単純ですが、子供が学校休み=日曜という流れからお昼時なら、ご飯休憩で人が少ないだろという事と、「ドラエもん」ミュージアム内は2時間程で中を回る事が出来るだろうと予測していました。
その後で、生田緑地に15時頃 オヤツ休憩を挟み 生田緑地で少し遊んび17時頃帰れれば良いなぁと思ってました。
ですが、結論から先に言うと思うようにいきませんでした。

まず筆者の家から車で行くとカーナビ検索で生田緑地の駐車場迄「約30分弱」で到着との事で11時すぎで間に合うだろうと予測していました。
思いもよりませんでしたが、まず子供の準備に時間がかかりました。
当日、日中は暑く夕方は冷えると想定して服選びに時間がかかった事。
そして妻が直前で行けなくなり、結果 子供二人と筆者(パパ)3人で行く事となり出発迄にかなり時間をかけてしまいました。
そして家を出た時間が11時45分頃。現地に着いたら1時間程しか遊べないけどしょうがないかなと思いつつ生田緑地へ向かいました。
道路はわりと空いており 何とか駐車場迄着く事が出来ました。
到着した時、お昼の12時を回っていましたが駐車場は何とか最後の「1台空き有り」の為、
これは運が良いと思い このまま会場へすぐ行ければ良いと思ってました。
後で知りましたが、カーナビで到着した駐車場はなんと生田緑地西口!!
生田緑地西口駐車場から「ドラエもん」ミュージアム迄より生田緑地東口駐車場のが近くだったという事が判明しました。
生田緑地自体事前に調べていなかった事もあり、西口駐車場近くには西口サテライト(案内所)があった為、係の方と話しをする事が出来ました。
「ドラエもん」ミュージアム迄はどれぐらい歩けば良いですか?と聞いた結果、かなり歩きますという事。
まず、駐車場東口まで歩いていければ専用バスが出ているので、それに乗ればすぐ着きますという情報がもらえました。
会場へ行く迄の流れを理解し時計を見ると既に12時20分。「時間がない!!」
っと同時にここでアクシデントが発生。
基本、「ドラエもん」ミュージアムは予約した時間から30分を過ぎると入館は出来ないとの事。
そうでした、チケットを購入する際 入館締め切り時間が有るのを忘れていました。
じゃぁ行っても無理ですがと聞いた所、駐車場東口へ歩いてもらい近くに東口ビジターセンターがあるので着いたら同じように係の方へ話をして下さいとの事。
筆者は頭の中で上手くいけば「裏ワザが発動するのかも!?」という勝手な憶測を胸に秘め、3人で楽しく!?東口ビジター迄歩いて行くのであった。
生田緑地の駐車場西口は「ドラエもん」ミュージアムから一番離れているので穴場の駐車場。
逆に駐車場東口は「ドラエもん」ミュージアムまで専用バスが出ている為、一番混む駐車場でした。
<豆知識2:駐車場料金>
生田緑地 西口・東口Timesパーキング料金
乗用車1時間以内=200円
超過料金は30分毎で2時間以内=100円
2時間を超える=50円

筆者は到着が12時過ぎで帰りは17時30頃で650円で済みました。

<豆知識3:緑地MAP公開>
※道に迷う人向け

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアムへ遊びに行ってみた! 地図

 

赤線の切れ目が東口ビジター・センター=バス乗り場(目標地点)となっております!

生田緑地内をトコトコ3人で歩き、約10分程でいよいよ東口ビジター・センターが見えてきました。
外が割りと暑かった事も有り、中は意外とエアコンが効いて~(´∀`~)スズスィーというイメージだろうと思っていました・・・っが違いました。
全くエアコンが効いてません。」あ、あれと思いつつ中は蒸し風呂状態だった為、ひとまず持ってきたジュースを飲みなんとか水分補給完了。

一息ついた所で、東口係の方へ話をしてみました。
既に西口係りの方から東口係りの方へ話が通っており、名前を伝えた結果、入館時間12時を変更してもらい14時の時間帯へずらしてもらう事が出来ました。そして「ドラエもん」ミュージアムの会場に着いたら係の方へ伝えて下さいとの事。
裏ワザ発動という事で神対応の係の方に感謝です。ほんと有り難うございました。
子供達も大喜びです。
ただ残念な事にバスが一時間に1本しかなく、バス待ちが辛かったです。
東口ビジターセンター出口付近には駐車場東口が有り、車が駐車出来る台数は西口より多いのですが、2方向から車が駐車場へ入ってくる為、大人気&大渋滞となっています。
「ドラエもん」ミュージアムへ車で行く場合、ミュージアム近くのTImes等駐車場を探すか、もしくは入館時間を10時or16時にして混む時間を避けないと駐車場東口は厳しいと感じました。
バスがくる時間が13時20分で時間があった為、東口ビジターセンター内を探索する事に。
ここでは、プラネタリウムの投影開始時間や券売状況の確認が出来る事が出来たり、子供が遊べるちょっとしたオモチャも置いてあったり休憩出来る所があったりと、ここでほっと一息つき時間をつぶせました。
少し早めに子供達と頑張ってバス停へ行った結果、バスへは一番で乗る事が出来ました。

<豆知識4:バス料金>
※普段バスを乗らない人向け

 

大人 現金=210円 ICカード=206円
小児 現金=110円 ICカード=103円
小学生以下は無料です。

さすが「ドラエもん」バスです。芸が細かい!!

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアムへ遊びに行ってみた!バス画像

バスの外観は藤子・F・不二雄先生のキャラクターがみなさんを待っています。
既に子供の気持ちが大興奮でした!

10分もしないうちに「ドラエもん」ミュージアムへ到着しました。
既に14時の入館待ちのお客さんが列に並んで待っている姿が有りました。
すぐ気づいたのが会場へ入る方は日本人意外にいろんな国の外人の方が多くいらしてました。
さすが、世界の「ドラエもん」 !世界の藤子・F・不二雄ワールドです!!

 

「ドラエもん」ミュージアム内

 

入場付近迄、お客さんが長蛇の列をなしてますが、入口へ近づく毎に以下の展示物を観る事が出来ました。ちょっと反射して見づらいですが、、、

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム 入口展示品2

のび太お約束の昼寝

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム 入口展示品3

先生とジャイ子の2ショット

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム 入口展示品1

やはりどらやき必須の「ドラエもん」

 

他にもいくつか展示されている物を覗きながら、テクテクと入口へ。
会場内はカメラ撮影が禁止されているので注意が必要です。
建物は3階建てで、2Fと屋上は特定の場所のみ撮影が可能との事です。
入口へ入ると、「ドラエもん」ミュージアム内の案内パンフレットが配られます。

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム パンフ1

始めにおはなしデンワを渡され、これを使い1Fではクイズを楽しみながら立体映像でマンガが出来る迄を観て楽しみます。
これも長蛇の列となっている為、後でやる事にしました。
それと先生の部屋も拝見する事が出来ます。

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム パンフ2

続いて2F。ここではミニシアターで映像を観たり、マンガを読んだり、キッズはキッズスペースでくつろぐ事が可能です。
映像は観終えると、前が開き外へ出る事が出来ます。
この演出は「ドラエもん」ミュージアムへ行った際、是非体験してもらいたいです。
それと200円のガチャガチャも2台置いてあります。

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム パンフ3

3Fは2Fより階段を使い上がります。階段を登り切ると、すぐ目の前にはミュージアムカフェが有ります。
カフェは当然「ドラエもん」料理のオンパレードですっ!!
「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム メニュー1

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム メニュー2

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム ドリンク

全体的にかなり強気のお値段です!!時間も15時を回っており子供もお腹が
空いたので、遅めの食事を取る事に。どれも美味しそうです!
今回注文したのはこれです。☟

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム ドリア

ドリアもんをまずはチョイス。味は普通のドリアでオーダー後すぐに出てきたのにはビックリでした!

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム キッズプレート

次に四次元キッズプレートをチョイス!これは子供が食べたいというより、秘密道具が2つ隠されているプレートです。「ドラエもん」の有名な道具なのですぐにわかりますね♪

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム スペシャル

続いて、一押し畑のレストランより、トマトソースとモッツアレラのパスタ!
一押しは金額もそうですが、ボリュームも満点です!

 

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム ドリンクイチゴ

そして最後にイチゴミルクです。キャラクターは選択出来ないので残念ですが、コースターは家に持ち帰って良いとの事。食べるのが勿体ない感じでしたが、お腹も空いていたのでペロリと召し上がれました。
全体的に子供が食べやすくしてるのか 味が少し濃く、食べやすかったです。

これだけでなんとお昼のランチ約5,000円!!
パパの財布は四次元ポケットではないので、かなり痛い出費となりました。

お腹も膨れ、ひとまず探索する事に。3Fでは写真が撮れるコーナーとなっております。
TVでよく映っている「ドラエもん」と土管とか、パーマン。
それにどこでもドア(普通のドアをピンクに塗っただけです)
やピー助と一緒にみなさん、かなり気合いを入れ写真撮影を記念にしておりました。順番待ちで少し疲れます。
手の届かない場所でも隠されたキャラクターがお出迎えです。※一部を紹介

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム 繁み1

こんな所や

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム 繁み2

あんな所を観る事が出来ます。
肝心な所はお客さんがいてアップ出来る写真が撮れませんでした。
一通り子供との写真撮影が無事終え、おみやげコーナー前でオヤツを購入。DSC_0283

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム おやつ

こんなのを購入してみました。子供達はこちらもペロリと食べてしまいました。
最後に残したのが、綺麗な〇ァイアン!!

「ドラエもん」 藤子・F・不二雄ミュージアム ジャイアン

大人気で、並ぶ時間が一番長いのかも!?きこりの泉=レバー操作が有ります。
行った時のお楽しみに!!

出口前は魔のおみやげコーナー。ここをスルーして帰る事が決して許されない。
運命のテイクアウトです!!
筆者は、ここでタケコプターヘアバンド980円とキャラメルポーチ(キャラメルの匂いがします)確か1280円!?ぐらいです。を購入し、無事出口から外へ出る事が出来ました!!

やっと「ドラエもん」ミュージアムを遊び終え、周りを見渡すとバス乗り場は長蛇の列。
時間は既に16時15分を過ぎていました。バスには一度では乗れそうにないと思い、ガイドに方に生田緑地行きバスはどれぐらい来ますとか聞いたら、バスはもう有りませんと告げられる始末。週末は生田緑地行きバスが16時頃目途に無くなるので注意です!
仕方なくタクシーの連絡先をガイドの方から聞き、タクシー会社へ連絡をしましたが
これも時間的にタイミングが悪くタクシーが全く無いとの事!

どうしようもないので、生田緑地方面へ歩きながら途中でタクシーを捕まえる作戦へ変更。
更に下の子供がお腹が痛くて歩けないとカミングアウトされ仕方なく肩車歩きで生田緑地へ向かいました。
まだ外は暑いし、道は長く、タクシーも来ない始末。バスで通った道を頼りに子供とテクテク歩いていくのでした。
途中で気づきましたが、生田緑地近くだとタクシーがほとんど来ない事が何となくわかったので歩く事を改めて決意。
運よく娘が行きのバスが通った道と風景を覚えており、「もうすぐ生田緑地へ着くよ!」という神言葉を頼りに何とか頑張って歩いて歩き続け無事息子を肩車した状態で駐車場東口へ到着!かなり汗だくて小休止して、駐車場西口迄向かい無事帰宅。時計は既に17時20分!!
長い長い道のりでした。
そして最後までご覧になって頂いた方にも感謝です。

最後に

やはり、週末は10時で「ドラエもん」ミュージアムへ足を運ぶ事と車は駐車場東口を利用する事が一番ベストだと思います。生田緑地内では近くにそばを食べるとこもあるので生田緑地でも遊ぶ方は良いプランだと思います。外で遊べる道具なんかも有ると尚良いと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント