Word press plug in EWWW Image Optimizer (28年度版)

スポンサーリンク
他ジャンル
スポンサーリンク

Word press plug in EWWW Image Optimizer 使い方 (28年度版)

 

EWWW イメージ

 

ワードプレスのプラグインであるEWWW Image Optimizerを使い画像圧縮で自身のサイトを軽くしよう!!

 

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerとは!?

 

 

EWWW Image Optimizer(以下EIO)はプラグイン後、画像をアップロードした際 自動で画像圧縮します。
更に、画像サイズを軽量化出来る優れモノです!!
また既にアップロード済の画像を圧縮して軽量化する事も可能です。

 

EWWW Image Optimizer 使い方(インストール編)

 

ダッシュボードより

 

EWWW検索

※プラグイン検索画面※

 

①プラグインを選択
②新規追加をクリック。
③プラグインを検索入力で「EWWW Image Optimizer」と入力~検索を実行。

 

EWWW インスト

 

④左上に「EWWW Image Optimizer」が表示されているので今すぐインストールをクリックしてインストール実行。
※注意※Cloud版と間違えないように!!

 

EWWWプラグイン

 

 

⑤プラグインを有効化をクリック。これでインストール完了となります。 お疲れ様でした。

 

EWWW 設定から

 

EWWW Image Optimizer (設定編)

 

続いて設定編。
ダッシュボードより

①プラグイン

②インストール済みプラグイン
の順で進みクリック。

プラグイン一覧より③「EWWW Image Optimizer」を探しSettingsクリックで設定変更画面に切り替わります。

 

EWWWセッティング

 

設定変更はもう1つ有ります。
ダッシュボードより

①設定

②EWWW Image Optimizerをクリック。

設定変更画面に切り替わります。

どちらか一方お好きな方でどうぞ!

 

EWWW 設定から

 

設定変更の項目は主に4つ。

1.Cloud Settings
2.Basic Settings
3.Advanced Settings
4.Conversion Settings
となってますので、順を追ってカスタマイズしていきます。

 

Cloud Settings (有償設定)

 

設定変更画面で「Cloud Settings」を選択。

 

EWWW クラウド

 

Cloud Settingsは有償のオプションサービスの為、特別チェックする必要性は有りません。
セキュリティの関係上、導入出来ない時やプラグインが稼働する負荷を軽減したい時 サーバー管理者向けサービスとなってます。
<各項目>

・Cloud optimization API Key ⇒ 購入したAPIキーを入力(購入の際はPurchase a keyをクリック)

・JPG cloud optimization ⇒ JPG形式のクラウドを最適化。

・PNG cloud optimization ⇒ PNG形式のクラウドを最適化。

・GIF cloud optimization ⇒ GIF形式のクラウドを最適。

 

Basic Settings (基本設定)

 

Basic Settingsでの注目項目はズバリ「Remove metadata」のみ!
こちらのみチェックでokです。

 

EWWW basic

 

<各項目>

・Debugging ⇒ デバッグモードの有効。(サーバー管理者向け)

・Remove metadata ⇒ 画像ファイルに不要なデータが有る時に、自動で削除と画像サイズを圧縮してくれる。
(撮影をした時の日時や位置情報・コメントなどのメタデータを検知して全て削除される)

・Lossy JPG optimization ⇒ JPG形式の画像を非可逆で最適化。※非可逆圧縮=圧縮・展開を経たデータが完全に一致しないデータ圧縮させる為、変換されると元に戻せなくなる)

・Lossy PNG optimization ⇒ PNG形式の画像を非可逆で最適化。こちらも同じく変換されると元に戻せなくなる。

・Bulk Delay ⇒ 画像最適化後の停止時間の設定。大量の画像を一度に最適化するとサーバーに負荷がかかるので定時間を設ける(サーバー管理者向け)

 

Advanced Settings (詳細設定)

 

Advanced Settingsでの注目項目はズバリ「disable pngout」のみ!
こちらのみチェックでokです。

 

EWWW advance

 

<各項目>

・optipng optimization level ⇒ optipng圧縮レベルの設定。デフォルト「level 2:8 trials」ですが、levelが高い程圧縮率も高くなります。

・pngout optimization level ⇒ pngout圧縮レベルを設定。圧縮しすぎると画質が劣化してしまうのとdisable pngoutを無効化する為、設定無しでokです。

・Scheduled optimization ⇒ 一定時間毎に画像スキャンを実行して最適化。(サーバー管理者向け)

・Folders to optimize ⇒ フォルダ外を最適化する。(サーバー管理者向け)

・Skip Images ⇒ byte数を入力。設定した数値より小さい画像の場合、非圧縮となる。

・Exclude full-size images from lossy optimization ⇒ フルサイズ画像の不可逆最適化を除外する。

・Use System Paths ⇒ 利用するツールを別に置きたい時はチェック。(サーバー管理者向け)

・disable jpegtran ⇒ jpg画像最適化する「jpegtran」を無効。もしjpg画像を圧縮したくない場合はチェック。

・disable optipng ⇒ png画像最適化する「optipng」を無効。もしpng画像を圧縮したくない場合はチェック。

・disable pngout ⇒ png最適化「pngout」を無効。チェックのままで。

・disble  gifsicle ⇒ gif画像最適化する「gifsicle」を無効。もしgif画像を圧縮したくない場合はチェック。

 

Conversion Settings (画像変換設定)

 

Conversion Settingsでの注目項目はズバリ「Hide Conversion Links」のみ!
こちらのみチェックでokです。

 

EWWW con

 

<各項目>

・Hide Conversion Links ⇒ 圧縮時、拡張子を変更を防ぎ、圧縮した画像の劣化を抑制する事が可能。
デフォルト機能のpngをjpgへ変換したりjpgをpngへ変換する機能を非表示に出来る。

Hide Conversion Linksにチェックを入れると以下は設定無効となります。

・Delete originals ⇒ 元の画像を削除。

・enable JPG to PNG conversion ⇒ JPGをPNGへ変換。

・enable PNG to JPG conversion ⇒ PNGをJPGへ変換。

・enable GIF to PNG conversion ⇒ gifをpngへ変換。

 

以上で設定編は終わりです。これで画像アップロードする度、自動で画像圧縮を行ってくれます。

 

EWWW Image Optimizer (一括圧縮編)

最後に既存の画像ファイルを一括で圧縮する方法を。

ダッシュボードより

①メディア

②Bulk Optimizeをクリック。

 

bulk

 

 

Optimize Media Libraryの「Start Optimizing」をクリックすれば、一括で画像圧縮がスタートする。※画像が多い程、相当時間がかかります。

 

opti

 

ちなみに、テーマ内で使用している画像を圧縮する場合、Optimize Everything Elseの「Scan and optimize」をクリックすれば、一括で画像圧縮がスタートします。

 

bulk 設定

 

まとめ

 

サイト表示速度を上げるプラグインは色々有ると思いますが、中でもEWWW Image Optimizerは簡単&画像圧縮が便利ですのでSEO対策にも繋がると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント