final E500 2,000円を切るコスパ良好でVR音声にも使えるイヤホン登場

スポンサーリンク
final E500PC関連
スポンサーリンク

final E500 2,000円を切るコスパ良好でVR音声にも使えるイヤホン登場 機能やスペックを紹介

finalより、音の方向感を再現するゲームやVRコンテンツでの再生へ適したイヤホン『E500』が8月28日(水)に登場したのでご紹介。価格は税込み1,980円で、直販サイト『final DIRECT SHOP』より購入が可能だ。

特徴は6.4mmφダイナミック型ドライバ—ユニットを搭載し、この価格帯では異例の高い精度を誇る。2chステレオ方式で制作された音源と、バイノーラル技術で制作された音源違いの研究から生まれた定番イヤホンをうたっている。

従来のイヤホンやヘッドホンでバイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源を聴くと、その場にいるような臨場感を体感できるというシロモノ。バイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源において、制作者の意図通り音色と空間イメージや方向感を感じることのできるイヤホンとなる。
※バイノーラルサウンド試聴用動画については公式にて

スポンサーリンク

final E500の機能は?

final E500 見出し2

独自のイヤーピーススウィングフィット機構

イヤーピース左右へ振ることが可能なスウィングフィット機構により、耳道の傾きにジャストフィットする。イヤーピース開口部が耳道へあたり変形を防ぐ。また音がダイレクトに鼓膜に伝わり、クリアな音を実現。

選べる5サイズのオリジナルイヤーピース

音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材採用。音導管部分に、耳へ触れる部分に比べ硬度が高めのシリコンに溝加工を施し強度と柔軟性を両立。
耳に触れる部分に柔らかいシリコン採用で、快適な着け心地と高い遮音性を実現。
※SS/S/M/L/LLの5サイズを同梱

 final E500のスペックは?

タイプ:ダイナミック有線イヤホン
カラー:ブラック
重量:15g
周波数:不明
ドライバー:φ6.4mmドライバー
インピーダンス:16Ω
コード長さ:約1.2m
感度:98dB/mW
付属品:シリコンイヤーピース同梱(SS/S/M/L/LL)5サイズ

(余談)エージングについて

エージングとは、ある時間使用を続ける事で、音に変化が起こる現象の事。
イヤホン内部に小さなスピーカーと言えるドライバーユニットが入っており、極めて薄いフィルム製の振動板がコイルと接着剤で貼付られている。振動板が音声信号が流れる事でコイルが動くのと共にミクロン単位で動く事で音を発し、一定時間使用する事で、振動板が動きやすくなり設計意図本来の音質に近づく。概ね150~200時間程度、通常の使い方を続けることで、繊細さが増したと感じられる。(使用により誤差が生じる)

大音量でのエージングやノイズによるエージングよりも、普段お聴きになる音楽、音量でエージングを進めた方がより好ましい結果が得られる。
ある一定時間使い続けることがイヤホンが基準となり、音質評価はその基準となるまで使い続けた上で判断し長期的に飽きない製品を選択をし易くなると言える。
final E500の本体購入
E500
クリアな音質で音楽を楽しく響かせるダイナ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント