Google 【 Daydream 】 Android N 対応でVR体感!

スポンサーリンク
Daydreamスマホ 情報
スポンサーリンク

Google 【 Daydream 】 Android N 対応でVR体感!

 

 

Daydream

 

Android Nに対応したスマホを使い、VR専用ヘッドマウントとワイヤレスの付いたコントローラーで操作を可能とする「 Daydream

 

何故、Android Nじゃないと駄目かと言うと、Android NにはVRモードが搭載されておりOSをVRモードへ最適化させる事が出来る。

 

またAndroid Nの特徴としてグラフィックAPI Vulkan対応となり、より高いフレームレートのパフォーマンスが可能でこれから使うと思われるVRコンテンツへも多大な貢献が見込まれている。

 

スポンサーリンク

【 Daydream 】 参加メーカー

 

Daydream 見出し

 

 

参加メーカーは以下となります。

SAMUSUNG

HTC

LG

Xiaomi

Huawei

ZTE

ASUS

ALCATEL 以上の8社が開発へ取り組んでいる。

日本メーカーが参加していないのが気になりますが、、、

 

【 Daydream 】 中身は?

 

daydream 中身

 

Daydreamヘッドセットは、軽量で通気性の良い素材で作られており、手洗いも可能。いつでも清潔なヘッドセットですw

前面カバーを外し対応するスマホを挿入すれば、VRモードで別次元の空間を楽しむ事が出来る。

カラーはブラック・グレー・レッドの3種類。

 

VRヘッドセット コントローラー

 

Daydream 見出し2

 

 

ヘッドセット付属品コントローラーでは、ざっくりで言うとWiiのような役割をする。

手にコントローラーを持ち、手の動きに合わせ画面内を動かせるモノがリアルに動かす事が出来る。

 

 

 

Daydream コンテンツ

 

 

コンテンツはどうなっているのか?VR対応であれば、Youtubeはもちろんの事、NetflixやHulu・IMAXやHBO Now等の映像を観る事が可能。

大手ニュースサイトでは、ニューヨークタイムズやウォール・ストリート・ジャーナル・USAトゥデイやCNNなどでスポーツ番組のMLB.comやNBAなどもコンテンツ参加企業となっているので、このコンテンツを360°の視界から観る感覚は一体どんなものなんだろうか?気になる所。

余談ではあるが、Googleという事で当然Google PlayよりゲームをDLして遊ぶ事が出来るぞ!

 

 

Daydream 対応スマホ

 

対応する端末は以下となる。

1.ZTE:Axon 7

2.Google:ピクセル

3.モトローラ:モトーZ

4.HUAWEI:メトロプロ9

5.ASUS ZenFone AR

 

 

2017年はいろんな端末へ対応させると思われるので、まずはSIMフリー版の端末を購入して試す事をオススメしたい。未だSIMフリー版スマホを持っていない方は丁度良い機会となるに違いない。

 

※2017年12月2(土)現在での対応端末※

◦GoogleのPixel 2&Pixel

◦SamsungのGalaxy S8&Galaxy8S+/Galaxy Note8

◦LGのLG V30

◦MotorolaのMoto Z/Z2

◦ASUSのZenFone AR

◦HUAWEIのMate 9 Pro

◦ZTEのAxon7

 

 

Google Daydreamを購入したい方

 

 

 

 

Google VR 公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマホ 情報
はらちんをフォローする
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット(モバイル)
関連コンテンツユニット(PC)
はらちん.com

コメント