Honor 20 PRO クアッドカメラ搭載 2019年5月登場

スポンサーリンク
Honor 20 Proスマホ 情報
スポンサーリンク

Honor 20 PRO クアッドカメラ搭載 2019年5月登場 スペックや機能を紹介!

中国HuaweiサブブランドHonorより、『Honor 20 Pro』が2019年5月にSIMフリー版が登場!最新CPUKirin980を搭載し、ディスプレイサイズ6.26インチのフルHD+を採用したフラッグシップモデル。最大の特徴はやはりクアッドカメラ(4カメラ)を搭載した事だろう。カメラ性能はDxO Markで111点をマークし、世界3位の評価を得ている。

ライバル機種はOnePlus 7 Proが同等性能&価格帯となっており、アメリカとHuaweiの情勢が厳しい状態の為 6月現在ではOnePlus 7 Proへユーザーが流れそうですが独自OS搭載予定のHuaweiの動きが秋頃より現れることもありまだまだ目が離せない端末と言える。

スポンサーリンク

『Honor 20 PRO』最新SIMフリースマホの機能や性能は?

Honor 20 Pro 見出し2

Honor 20 PROのディスプレイは?

ディスプレイは6.26インチ フルHD+(2,340×1,080)  、アスペクト比19.5:9。前面左上にパンチホールカメラを搭載した事で画面占有率が91.7%と広範囲かつ外観は、3D湾曲ガラス採用で美しいデザイン。

またセキュリティは側面に指紋認証と前面にフェイス認証搭載でどちらでもロック&解除が可能。

Honor 20 PROのパフォーマンスは?

Huawei独自CPUのKirin980(2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4)
にメモリーが8GB+256GB。ただしmicroSDカードが非対応のため、写真や動画を多く保存したい方はクラウドを使うのが良いです。

データ保存をもっと多く使いたい方はクラウドでバッチリ!

404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

Honor 20 PROのカメラ性能は?

背面のメインカメラはクアッドカメラ(4つ)Sony製IMX586で(AI搭載クアッド仕様)4,800万(F値1.4メイン)+1,600万画素(F値2.2超広角117°)+800万画素(F値2.4望遠)+200万画素(F値2.4マクロ)
機能はレーザーAFとPDAFLEDフラッシュの他に3倍&5倍&30倍ズーム、AIを搭載。マクロレンズは4センチから極端なクローズアップショットが可能。

DxOMark Mobileランキング上位へ入るカメラは、広範囲でも風景を容易ショットできたりズーム機能で遠くの被写体を近づけ綺麗撮り可能な為 性能だけでもほしい端末と言える。

さらにKirin980のAIによるDual-NPUとISPにより、遠くの場所や高い視点から撮影した場合でも、細部まで鮮明に撮影が可能とカメラ性能は半端ない!!

その他気になる機能としては、被写体の動きを軽減するリアルタイムレンズ補正を提供するメインカメラと望遠カメラに4軸OISを完備。暗所で見事にぼやけのない写真やビデオ撮影が可能。またメインカメラには、スーパーナイトモードを搭載し不要な手の動き無し鮮明な低照度画像をとらえる。

月の美しさをとらえる望遠カメラ30倍デジタルズームなど、ここまでかといわしめる性能は圧巻と言える。
インカメラは3,200万画素(F値2.0) 3Dポートレート搭載する。動画は2,160p @60fps 手振れ補正アリ4ピクセルを1ピクセルに統合し、明るく鮮明なセルフィー撮りを楽しめる。またAIにポートレートモードでは、AIによる浅い被写界深度とボケ効果を発揮する!!

動画に関しては720p 960fpsの高画質スローモーション撮影が可能。

Honor 20 PROのその他の機能は?

◦バッテリー容量は4,000mAhで、高速充電(22.5W)が使用可能。SuperChargeモードにより約30分充電で約50%の充電ができる。

◦サウンド面は、バーチャル9​​.1サラウンドサウンドを採用し、音波がどのように伝わり、人間の鼓膜と相互作用するかという原理に基づいて作成されこれまでにないような音の世界を楽しめる。

◦GPU Turbo3.0搭載では、グラフィック処理が高速化され一部のゲームにおいては絶大な威力を発揮できるかも!?

◦OSはAndroid 9.0(Pie)ベースMagic2.1を搭載。

SIMカードについてはこちらや下記を参照

Honor 20 PROのスペックは?

Honor 20 Pro スペック

サイズ:高さ154.6×幅73.97×厚み8.44mm
重さ:約182g
カラー:ファントムブルー/ファントムブラック
OS: android 9.0 PieベースMagic2.1
CPU:Hisilicon Kirin 980(2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4)
GPU:Mali-G76 MP10
RAM&ROM:8GB+256GB
MicroSDカード:非搭載
バッテリー容量:4,000mAh(22.5W急速充電対応)
ディスプレイ:6.26インチ IPS フルHD+(2,340×1,080)  412ppi
アスペクト比:19.5:9 画面占有率91.7%
カメラ:メインカメラ(AI搭載クアッド仕様)4,800万(F値1.4メイン)+1,600万画素(F値2.2超広角117°)+800万画素(F値2.4望遠)+200万画素(F値2.4マクロ)レーザーAFとPDAFLEDフラッシュ、3倍&5倍&30倍ズーム、AI搭載
インカメラは3,200万画素(F値2.0) 3Dポートレート搭載
動画撮影:2,160p @60fps 手振れ補正アリ
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
ベンチスコア:Antutu7=270,000/Geekbench4.1 シングル=3,390 マルチ=10,300
セキュリティ:フェイス認証&指紋認証有り
防塵防水:非搭載
SIMカード:nano SIM×2 デュアルSIM仕様※1(DSDS対応)
その他1:USB Type-C(2.0)対応
その他2:3.5mmオーディオジャック非搭載
その他3:VoLTE対応
その他4:LTE1/2/3/4/5/7/8/18~20/26/28/40/41/41(ドコモ4G&3G対応でau&ソフトバンクはプラチナバンドへ対応)
その他5:OTGサポート

※1 DSDS

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

Honor 20 PROの本体購入はAliExpressより

https://ja.aliexpress.com/item/33030561288.html?spm=a2g0o.productlist.0.0.6e654b34ArU2mG&algo_pvid=bf04bf47-f1a5-428e-8b59-4ae575aec561&algo_expid=bf04bf47-f1a5-428e-8b59-4ae575aec561-0&btsid=13470c11-a87e-4f49-9603-b2cbac7dc5fe&ws_ab_test=searchweb0_0%2Csearchweb201602_1%2Csearchweb201603_52
Honor 20 PROでANKER製品を使いたい
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

他のスマホ記事を閲覧したい

スマホ
SIMフリー中心にスマホ最新情報をお届けします。 筆者はらちんは、android派の為 基本アンドロイド端末の紹介となります。 イヤホンやアプリも紹介しているので、気になる方は別カテゴリーで検索すると色々掘り出し物が出てきます。 ◦ASUS...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント