HP OMEN15&17が144Hz駆動+冷却強化されたゲーミングノートPC登場

スポンサーリンク
hp OMEN 15 & 17PC関連
スポンサーリンク

HP OMEN15&17が144Hz駆動+冷却強化されたゲーミングノートPC登場 機能やスペックを紹介

HPよりOMENブランドのゲーミングノートPCからリフレッシュレート144Hz表示の対応や冷却効果をあげる機構を採用した『OMEN 15とOMEN17』が2019年9月に発売される。
それぞれの価格は直販で、
OMEN15(15.6インチ)=174,800円
OMEN17(17.3インチ)=239,800円
共に税抜き価格。

2製品の特長は、ゲーミングノートPCながら薄型化をはじめ長時間ゲームで遊んでもパフォーマンスの低下を防ぐべく、本体へ搭載のエアフローを強化。

またグラフィック性能もあげるため、上位のモデルではGeForce RTX 20シリーズが搭載されている。ハイモデルはG-SYNCもサポートする。

スポンサーリンク

HP OMEN15&17の機能面は?

hp OMEN 15 & 17 見出し2

パフォーマンスは?

最新インテル® 第9世代プロセッサーを搭載し最大8コア(16スレッド)処理能力はゲームプレイのみならず高画質のゲーム配信も可能(一部モデルのみ)

ハードディスクはSSDとHDDを搭載し、高速デュアルストレージにより起動ディスクに最新PCIeのSSDを搭載。PC起動やゲーム起動速度も速く、複数のゲームタイトルをプレイする場合も快適。また大容量HDDも搭載したデュアルストレージにより大量のライブラリも収録できる。(一部のモデル)

またメモリーは高速DDR4を搭載し、2666Hzで最大32GBまで拡張可能ので写真やビデオ編集も最適。(一部のモデル)

グラフィックボードは?

NVIDIA® GeForce RTX™ 20シリーズを搭載し一部のモデル)し、高速フレームでプレイでき、かつディープラーニング(深層学習)とAI(人工知能)によるサンプリングで効率的に画像演算処理を行い、鮮明なゲーム画像を生成。従来のアンチエイリアス技法を利用する前世代グラボに比べ、最大約2倍の速度で処理されDLSS対応タイトルはフレームレートも向上。
※DLSSはモニターがサポートできるものを超えた解像度で表示可能。

またNVIDIA Turing™ アーキテクチャーにより、リアルタイムレイトレーシングとAIを活かしたパワーを発揮できる。これまでに体験したことのないリアルなゲーム体験が可能に!なおリアルタイムレイトレーシング機能では、窓から差し込む太陽光や水面に反射する焔と、建物に潜む敵の影、従来のレンダリング技術では再現できなかったリアルなシーンを表現が可能。

エアーフローOMEN Tempest クーリングテクノロジー

ゲームの高画質で生配信をしたいときは、CPUに負荷のかかるシーンに於いてパフォーマンスの維持する為の冷却システムを搭載。2方向吸気と3方向排気による合計5経路の強力なエアフローを構築したシャーシ、12Vファンモジュール、流体動圧軸受ベアリングを搭載した三相モーター採用で、
静寂性と効果的な冷却の両立を実現。

プリインストールされたOMEN Command Center利用でシーンに応じCPUの温度や、ファンの速度など、ユーザーが好む3つのモードから最適な設定をすることも可能。

キーボード

プリインストールされたOMEN Command Centerを利用して、キー毎にLED設定を変更可能。26キーがロールオーバーとアンチゴーストに対応し、1.5mmファストアクションキーを搭載。

オーディオ

オーディオブースト機能搭載で、独立したアンプ(増幅装置)を搭載しているので迫力あるゲームサウンドを楽しめる。またAudio by Bang & Olufsen機能もあり、上質なサウンドと卓越したデザインに定評あるBang & Olufsenとの共同開発によるバランスの良いナチュラルなサウンドを奏でる。

OMEN コマンドセンター

多くのゲームプレイヤーが抱える課題を解決するソフトウェアをプリインストール。
複数設定を行うだけでLEDの設定やマクロキーの設定、オーバークロック調整が可能で遅延の少ないゲームストリーミングなども楽しめる。さらにネットワークブースト機能やゲーム毎にパフォーマンスを向上することも可能。

ワイヤレス

Latest Wi-Fiテクノロジーにより、インテル®Wireless-AC を搭載し、最大転送速度1.73Gbps高速化したゲームを体験できたり、ダウンロードやファイル共有、HDに4K動画ストリーミング、ビデオ会議やマルチタスクも快適(一部モデル)

 OMEN 15のスペックは?

hp OMEN 15 & 17 スペック

サイズ:W360×D262×H20~27.5mm
OS:Win10 home(64bit)
CPU:Core i7-9750H 6コア(2.6GHz/TG4.5GHz)/ベシックモデルのみi5-9300H 4コア(2.4GHZ/TG4.1GHz)
グラボ:ハイパフォーマンスはRTX2070 Max-Q(8GB)/パフォーマンスはRTX2060(6GB)/スタンダード及びベーシックはGTX1660 Ti(6GB)
メモリー:DDR42666 16GB
HDD:ハイパフォーマンスとパフォーマンスはNVMe M.2 SSD 512GB+HDD1TB/スンダードとベーシックはNVMe M.2 SSD 256GB+HDD1TB
ディスプレイ:ハイパフォーマンスのみG-SYNC対応で他は15.6インチIPS非光沢液晶 144HZ駆動
解像度:1,920×1,080
◦バッテリー:約5時間駆動
カメラ:92万画素
オーディオ:内蔵スピーカー有り/3.5mmヘッドホンマイク複合ポート有り/アレイマイク/Dolby@デジタルプラスホームシアターエディション/7.1コーデックサポート(HDMI経由)
ネットワーク:IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth v5.0
インターフェイス:Thunderbolt(DisplayPort Alternative Mode)/Mini DisplayPort/HDMI 2.0
その他:ステレオスピーカー、デュアルマイク、音声入出力端子
電源:200W
重量:約1.35kg/約1.33kg

スタンダード価格は、
ベーシック=174,800円
スタンダード=184,800円
パフォーマンス=204,800円
ハイパフォーマンス=219,800円

OMEN 17のスペックは?

サイズ:W405×D285×H30~39.4mm
OS:Win10 home(64bit)
CPU:パフォーマンスモデルがCore i7-9750H 6コア(2.6GHz/TG4.5GHz)/エクストリームモデルがi7-9880H 8コア(2.3GHZ/TG4.8GHz)
グラボ:RTX 2080RTX(8GB)
メモリー:パフォーマンスはDDR4 2666 16GB/エクストリームは32GB
HDD:パフォーマンスはNVMe M.2 SSD 512GB+HDD1TB/エクストリームはNVMe M.2 SSD 1TB
ディスプレイ:G-SYNC対応17.3インチIPS非光沢液晶の144HZ駆動
解像度:1,920×1,080
◦バッテリー:約5時間駆動
カメラ:92万画素
オーディオ:内蔵スピーカー有り/3.5mmヘッドホンマイク複合ポート有り/アレイマイク/Dolby@デジタルプラスホームシアターエディション/7.1コーデックサポート(HDMI経由)
ネットワーク:IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth v5.0
インターフェイス:Thunderbolt(DisplayPort Alternative Mode)/Mini DisplayPort/HDMI 2.0/USB3.0×3
その他:ステレオスピーカー、デュアルマイク、音声入出力端子/SDカード
電源:パフォーマンスは230W/エクストリームは330W
重量:約3.26kg

スタンダード価格は、
パフォーマンス=239,800円
エクストリーム=329,800円

HP OMEN15&17本体は公式より

OMEN by HP 15、OMEN by HP 17 製品詳細 - ゲーミングパソコン | 日本HP
第9世代インテルプロセッサーを搭載し、144Hzの&#...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント