HUAWEI Mate 20 トリプルカメラ+4,000mAhバッテリー搭載 SIMフリースマホ登場

スポンサーリンク
HUAWEI Mate 20スマホ 情報
スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 トリプルカメラ+4,000mAhバッテリー搭載 SIMフリースマホ登場

HUAWEI Mate 20

HUAWEIより、6.53大型ディスプレイ搭載『HUAWEI Mate 20』が発表された。ディスプレイはHDR表示対応フルHD+(2,244×1,080)で画面上部にインカメラ搭載ノッチ(切り欠き)搭載
更に画面輝向上の為、RGB W液晶を採用している点もポイントとなる。

その他気になる点としては、トリプルカメラを搭載し、カメラに力を前作以上に入れている点とバッテリー容量が4,000mAhと長く動画を撮ったり、youtubeなどの動画閲覧などを存分に楽しめる仕様となっている。

またパフォーマンスについては、独自CPU Kirin980を採用にメモリが最大6GB+128GBを完備した端末となっている。デザイン・カメラ・パフォーマンスと3拍子揃ったMateが世界を今回も震撼させるのではないでしょうか。

404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

前作モデル記事はこちら

https://xn--h9j1a4evb.com/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B-%E6%83%85%E5%A0%B1/huawei-%E3%80%90mate10-pro%E3%80%91ai%E6%90%AD%E8%BC%89-sim%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り
スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 スペック

HUAWEI Mate 20 見出し2

サイズ:高さ158.2×幅77.2×厚み8.3mm
重さ:約188g
カラー:ミッドナイトブルー/ブラック/トワイライト/エメラルドグリーン
OS: android 9.0 Pie
CPU:Kirin980 Octa Core (2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GH×4) 
GPU:Mali-G76 
RAM&ROM:4GB+128GB/6GB+128GB 
Nanoメモリーカード:ストレージ最大256GB
アスペクト比:18.7:9
バッテリー容量:4,000mAh(急速充電対応)  
ディスプレイ:6.53インチ フルHD+ (2,244×1,080)381PPi  
カメラ:アウトカメラ:1,200万画素(広角F値1.8)+1,600万画素(超広角F値2.2)+800万画素(望遠F値2.4絞り)CMOSセンサーにAF(レーザフォーカス&コントラストフォーカス有り)、ファーウェイAI有り/インカメラ:2,400万画素(絞りF値2.0)CMOSセンサー搭載
無線LAN規格: IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM
パケット:LTE/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
認証: 指紋認証有り
防塵防水:無し
SIMカード:nano SIM 
その他1:USB Type-C有り
その他2:3.5mmオーディオジャックあり
その他3:VoLTE対応
その他4:aptX HD&LDAC&HWオーディオ対応

HUAWEI Mate 20  機能

ディスプレイ

HUAWEI Mate 20 ディスプレイ

ディスプレイは6.53インチの大画面となり明瞭で鮮明な色のフルスクリーンをサポート。ノンスリップと指紋防止の特殊なガラステクスチャーを採用し、画面上部に逆三角形ノッチ(切り欠き)搭載。

パフォーマンス

HUAWEI Mate 20 パフォーマンス

CPUはニュープロセッサとなるKirin980 Octa Core (2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GH×4)搭載。メモリーは4GB+128GB/6GB+128GBの2タイプ。動画をタップリ保存したい方はストレージが最大256GB迄使用可能。

カメラ

HUAWEI Mate 20 カメラ

メインとなるアウトカメラは1,200万画素(広角F値1.8)+1,600万画素(超広角F値2.2)+800万画素(望遠2倍ズームF値2.4絞り)CMOSセンサーにAF搭載。正方形カメラにモジュールを搭載しライカカメラを前作同様3つ納めておりスッキリとした印象。

インカメラには2,400万画素(絞りF値2.0)CMOSセンサー搭載で2,000万を超える高い画素数は圧巻と言える。

基本的にはAI搭載で、予測オートフォーカスをはじめ背景のみ白黒に自動でリアルタイムで変更などもアリ。

Android 9.0 Pie

・直観ナビ
ジェスチャー機能搭載で、アプリを切り替えたり移動が簡単にできる。

・スケジュール設定
スケジュールを設定する事で、グレースケールにフェードアウトする。休憩時間になると通知を消音したり、切断したい場合 着信拒否を有効する事も可能。

・屋内で現在地を特定
WiFi Round-Trip-Time 以下RTT機能によりGPSの入りずらい屋内でも正確な位置を特定可能。アクセスポイント設定不要で、3つ以上のアクセスポイント迄の距離がわかれば距離を測定してくれる。

・切り欠きディスプレイ対応
切り欠きに応じレイアウトをカスタマイズ可能で、フルスクリーンで映像やネットサーフィンなどを楽しめる。

・通知バーより返信可能
ショートカットアイコンの大幅刷新をはじめ、ステータスバーより会話を確認し学習機能により返信文を自動で作成可能。

・マルチカメラ
デュアルレンズ仕様以上の端末に対し、マルチカメラを標準サポート。デュアルレンズまたはデュアルカメラにはなかった機能としてそれぞれのカメラで撮影した映像の切り替えや同時アクセス、撮影の遅延短縮や撮影の安定化や特殊効果などが追加。

・カメラ改善&HEIF
ディスプレイ点灯させフラッシュ代わりとなる。また光学手ブレ補正タイムスタンプへのアクセスが可能。
従来JPEGに比べ2倍の圧縮効率を実現するHEIFをサポート。

・HDR VP9 Profile 2
YouTubeやPlayムービーでHDRコンテンツ再生可能。

・ImageDecoder

画像や映像関連変換機能として写真やアニメをビットマップやドローアブルに変換するImageDecoderが使え、URIからビットマップやドローアブルを簡単に作成可能。

・電池持ちアップ
マシンラーニングを活用しユーザーの行動パターンを学習し、電力を割り振りバッテリーを最大限活用するAdaptive Batteryを搭載。また機械学習機能により画面の明るさを自動調整するAdaptive Brightnessも備える。

・学習機能
マシンラーニング機能の1つApp Actionsを使う事で、ユーザーが何をするかを予測し素早く機能を提案される。Google PlayストアをはじめGoogle検索アプリやGoogleアシスタントなどに使えるが発展途上の機能と思うので期待半分と考えたい。

・脱スマホ機能(オマケ機能!?)

1.どれぐらいスマホを使ったのか確認できるDashboard。

2.アプリに使用時間の制限を設定し、今日はあとどれぐらい使えるかを通知したり制限時間を超えたアプリのアイコンをグレーアウトするAppTimer。

3.スマホを伏せておくと通知をストップするDo Not Disturb。

4.快適な睡眠を得るため画面の明るさを落とし、配色をモノクロへ変更し起床時に元へ戻るWind Downを搭載。

バッテリー

HUAWEI Mate 20 バッテリー

バッテリーはAIパワーマネージメントを備えた4000mAhを搭載。機能としてHUAWEI SuperChargeを使う事で30分充電で約58%まで充電可能な急速充電を搭載。

その他

HUAWEI Mate 20 その他

スクリーン ミラーリング機能を搭載。
プレゼンテーション、ゲーム、またはビデオをすぐに大画面(テレビ)へ投影できる。
モニターへ繋いだ場合、PCモードでプライバシ保護されたままメッセージを送信したり、電話をかけたりなども可能。

 

本体購入はこちら

 
関連商品はこちら
 
ANKER製品を使いたい方はこちら
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

Tronsmart製品を使いたい方はこちら

WordPress › エラー

 

他のHUAWEI記事を閲覧したい方はこちら

404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント