Huawei nova 5 Pro クアッドカメラ搭載2019年6月最新スマホ登場

スポンサーリンク
HUAWEI nova 5 Proスマホ 情報
スポンサーリンク

Huawei nova 5 Pro クアッドカメラ搭載2019年6月最新スマホ登場 機能やスペックを紹介

Huaweiよりクアッドカメラを搭載したフラッグシップ機となるハイスペックスマホ『Huawei nova 5 Pro』が2019年6月にSIMフリー版が登場したのでご紹介!
気になる価格は8GB+128GBモデル=47,000円前後と8GB+256GBモデル=52,000円前後でキャリアスマホのハイスペなスマホと比較するとほぼ半値で購入が可能。そして4つのカメラを搭載で化け物じみた価格がすごすぎる。

スペックは6.39インチ OLED仕様フルHD+(2,340×1,080)  に画面占有率が81.6%。CPUにKirin980のオクタコア(最大2.6GHz)にメモリーは8GB+128GBまたは8GB+256GB
の2モデルを展開。バッテリーは3,500mAhで50分充電フル充電可能な急速充電が使える。

メインカメラはSony製IMX586の4,800万+1,600万+200万+200万クアッドカメラ。セルフィー撮りのインカメラは水滴型ノッチタイプで3,200万のシングルレンズを採用。

細かな点は下記へ掲載したので、購入の参考にどうぞ!

スポンサーリンク

Huawei nova 5 Pro』の最新SIMフリースマホの機能や性能は?

HUAWEI nova 5 Pro 見出し2

Huawei nova 5 Proのディスプレイは?

ディスプレイは6.39インチ OLED仕様のフルHD+(2,340×1,080)  でアスペクト比が19.5:9と流行の縦長調。前面上部中央に水滴対応ノッチカメラ搭載で画面占有率81.6%とあまり高くない。見た目は広く画面を使えるイメージだが、、、セキュリティにフェイス認証と画面内指紋認証が使えロック&解除が可能だ。

Huawei nova 5 Proのパフォーマンスは?

CPUはHUAWEI Kirin980 OctaCOre(2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4)にメモリーが
8GB+128GBまたは8GB+256GBの2モデルを展開。
写真や動画のデータを多く保存したい方はNMカードが最大256GBまで使用可能なので、購入しておくと良いだろう。

データ保存をもっと多く使いたい方はクラウドもアリ!

404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

Huawei nova 5 Proのカメラ性能は?

背面のメインカメラはSony製IMX586クアッドレンズ仕様で4,800万(F値1.8メイン)+1,600万画素(F値2.2広角)+200万画素(F値2.4マクロ)+200万画素(F値2.4深度センサー)。PDAFをはじめデジタルズーム10倍やLEDフラッシュ、AI撮影やAR、HDR、夜景モードやパノラマ撮影、スローモーションにポートレートモード、スマイルショット、スクリーンショットなど多彩な機能がある。

セルフィー撮りのインカメラは3,200万画素(F値2.0) 固定焦点距離サポートし、動画4K動画撮影が可能。

Huawei nova 5 Proのその他の機能は?

◦バッテリー容量は3,500mAhで、40Wの高速充電により約50分でフル充電が可能。

◦GPU Turbo搭載で60の主流ゲームに対応し、ゲームパフォーマンスを大幅に最適化。、ゲーム消費電力を削減し、スムーズで高いフレームレートが安定。

◦ゲームアシスタント機能により、いつでもハイスコアなどを記録できる。スクリーンのレコーディングやピクチャーインピクチャーでの2画面およびリロード機能などがある。

OSはAndroid 9.0(Pie)ベースEMUI9.1を採用。

SIMカードについてはこちらや下記を参照

Huawei nova 5 Proのスペックは?

HUAWEI nova 5 Pro スペック

サイズ:高さ157.4×幅74.8×厚み7.33mm
重さ:約171g
カラー:ブラック/パープル/グリーン/オレンジ
OS: android 9.0 PieベースEMUI 9.1
CPU:HUAWEI Kirin980 OctaCOre(2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4)
GPU:Mali-G76 MP10
RAM&ROM:8GB+128GB/8GB+256GB
MicroSDカード:最大256GB
ベンチスコア:Antutu=270,000/Geekbench シングル=3,990 マルチ=10,300
バッテリー容量:3,500mAh(40W急速充電対応)※50分でフル充電
ディスプレイ:6.39インチ OLED仕様フルHD+(2,340×1,080)  403ppi
アスペクト比:19.5:9 画面占有率81.6%
カメラ:メインカメラはSony製IMX586の4,800万(F値1.8メイン)+1,600万画素(F値2.2広角)+200万画素(F値2.4マクロ)+200万画素(F値2.4深度センサー)PDAF、デジタルズーム10倍、LEDフラッシュ、AI&AR、HDR、夜景モード、パノラマ撮影、スローモーション、ポートレートモード、スマイルショット、スクリーンショットなど
インカメラは3,200万画素(F値2.0) 固定焦点距離サポート
動画撮影:4K動画撮影可能
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
セキュリティ:フェイス認証&画面内指紋認証有り
防塵防水非搭載
SIMカード:nano SIM×2 デュアルSIM仕様※1(DSDS対応)
その他1:USB Type-C(2.0)対応
その他23.5mmオーディオジャック非搭載
その他3:VoLTE対応
その他4:LTE1/3/4/5/8/19/34/38~41(ドコモは3G&4G対応でソフトバンクはBand8プラチナバンドへ対応auは非対応)※bandについて詳しくはこちら
その他5:OTGサポート(USBからデータを直接読み込める機能)

※1 DSDS

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

Huawei nova 5 Proの本体購入はGearBestより

HUAWEI nova 5 Pro Dark Turquoise Cell phones Sale, Price & Reviews | Gearbest
Buy HUAWEI nova 5 Pro 4G Smartphone at cheap price online, with Youtube reviews and FAQs, we generally offer free shipping to Europe, US, Latin America, Russia,...
HUAWEI nova 5 Pro Black Cell phones Sale, Price & Reviews | Gearbest
Buy HUAWEI nova 5 Pro 4G Smartphone 8GB RAM 128GB ROM at cheap price online, with Youtube reviews and FAQs, we generally offer free shipping to Europe, US, Lati...
同時に良い音出すイヤホンも購入したい
イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
自分はヘッドホン派って方
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...
Huawei nova 5 ProでANKER製品を使いたい
404 NOT FOUND | はらちん.com
黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

Huawei nova 5 ProでTronsmart製品を使いたい

Tronsmart製品をスマホやタブレットで使いこなす!
スマホやタブレットを購入した際、バッテリーや接続コードを追加購入する方は多いハズ。「Tronsmart製品」は、幅広く認定されたクアルコムクイックチャージ製品を扱っておりanker製品と似ている。

他のHUAWEI記事を閲覧したい

HUAWEI
HUAWEI製スマホ&タブレットのご紹介!! Huawei(ファーウェイ)は中国のスマホメーカーながら世界的な通信機器メーカーでもある。製品は日本国内と比べ、低価格帯を実現しており高性能なスマホながらコスパ良好の端末を世に送り出している。...

他のスマホ記事を閲覧したい

スマホ
SIMフリー中心にスマホ最新情報をお届けします。 筆者はらちんは、android派の為 基本アンドロイド端末の紹介となります。 イヤホンやアプリも紹介しているので、気になる方は別カテゴリーで検索すると色々掘り出し物が出てきます。 ◦ASUS...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント