Huawei MatePad Pro Kirin990搭載ハイスペタブレットが12月に登場 気になる性能は?

スポンサーリンク
HUAWEI MatePad Proスマホ 情報
スポンサーリンク

Huawei MatePad Pro Kirin990搭載ハイスペタブレットが12月に登場 気になる性能は?

中国HAUWEIよりKirin 990搭載ハイスペックタブレットMatePad Pro』を2019年12月12日に発売を開始する!気になる価格は、メモリ6GB+128GB(Wi-Fiモデル)が約55,000円前後、(LTEモデル)が約59,000円前後、8GB+256GB(Wi-Fiモデル)が約62,000円前後、(LTEモデル)が約7万円前後となって販売される。

注目すべき性能は、CPUにKirin最新CPUの990を搭載。Antutuでのベンチスコアでは45万点をマークと現行タブレットの中でも高い点数をマーク!また便利なタブペン=M-Pencilも使えるので、絵をかいたり、文字を描いたりと色々便利に使えそうだ。筆圧レベルは4,096段階で磁力により本体側面に装着でき、装着時に自動で充電が開始される。30秒充電では約10分利用の利用ができ、1時間充電すればフル充電され10時間連続利用が可能!

ディスプレイがオフ状態でペンを持ち上げれば自動でメモ書きを開始できる。また20ms低遅延や、2万m書いてもほとんど摩耗がないペン先など、ペンの性能に妥協がない点も評価が高いと言える。さらにはスマホと連動させる事で、子画面として表示させる機能もある。ファイルや画像交換もドラッグアンドドロップで行なえるのでデータの処理がグンッと楽に!!

その他の機能として画面ウィンドゥを調整でき、横画面で使用する場合、画面は2分割が可能。1つのアプリケーションの干渉なしに同時に2つのタスクインターフェイスを開くことが可能。ニュースを読みながら高品位の写真を同期して表示や、ネット閲覧で買い物する際、別のサイトとの比較ができたりなど用途は様々。
またサウンド面に力が入っており、Histen 6.0マルチチャンネル3Dステレオサウンドと4チャンネル&4スピーカーサウンドシステムを搭載!ハーマン・カードンによるチューニングされたサウンドはクリアで深みのあるサラウンドフローサウンドエフェクトが楽しめる。また5本のマイクや360°ノイズ除去などサウンド面でも妥協が無い。

さて気になるバッテリーだが、7,250mAhの大容量バッテリーを搭載!15Wワイヤレス充電と最大7.5W逆方向ワイヤレス充電あなたはが使えるので、別の端末を充電したり、緊急時に友人のスマホへ充電させる事などが可能だ。通常の充電は40Wの超高速充電をサポート。

別売りのスタンドを使えば、カバー兼用のキーボードと組み合わせる事ができノートPCにもなる。キーボードカバーは重量260gで、キーストローク1.3mmを確保されている。

スポンサーリンク

HUAWEI MatePad Proスペックのスペックは?

HUAWEI MatePad Pro 見出し2

サイズ:高さ159×幅246×厚み7.2mm
重さ:約460g
カラー:オレンジ/ホワイト/グリーン/グレー
OS: android 10ベース EMUI10.0.1
CPU:Kirin990 OctaCore(2.86GHz×2+2.09GHz×2+1.86GHz×4)
GPU:Mali-G76 MP16
RAM&ROM:6GB+128GB/8GB+256/8GB+512GB/8GB+256GB
MicroSDカード:NMカードにて最大256GB
◦ベンチマーク:Antutu45=45万/Geekbench4.1=シングル3,800/マルチ12,000
バッテリー容量:7,250mAh(40W急速充電対応)※15W急速ワイレス充電対応 7.5Wリバースチャージ搭載
ディスプレイ:10.8インチ クアッドHD+(2,560×1,600)
カメラ:メインカメラはシングルレンズ1,300万(メインF値1.8)オートフォーカス、フラッシュをサポート
インカメラは800万画素(F値2.0)固定焦点距離サポート※3,264×2,448撮影可

そのほかの撮影機能では、プロモードをはじめ、スローモーション、夜景、パノラマ、ストリーマーシャッター、HDR、タイムラプス写真、ダイナミックフォト、ウォーターマーク、ドキュメント補正、その他の撮影モードをサポートし、ビューティー、タイマー写真、音声起動写真、スマイルキャプチャ、ターゲットトラッキングなどの機能設定をサポート
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.1
◦サウンド機能:SBC/AAC/LDACをサポート※Huawei Histen 6.0サウンド仕様
セキュリティ:非搭載
防塵防水:非搭載
SIMカード:nano SIM
その他1:USB Type-C(1.0)対応
その他2:スマートキーボード対応
その他3:VoLTE対応
その他4:OTGサポート(USBからデータを直接読み込める機能)
その他5:専用スタイラスペン=M-Pencil対応

OSはAndroid10搭載EMUI10.0

SIMカードについてはこちらや下記を参照

本体購入公式サイトより

同時に良い音出すイヤホンも購入したい
イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
自分はヘッドホン派って方
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...
ANKER製品を使いたい
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。 ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もしくはヤフオクなどで検索する方も少なからず居ると思います。

Tronsmart製品を使いたい

Tronsmart製品をスマホやタブレットで使いこなす!
スマホやタブレットを購入した際、バッテリーや接続コードを追加購入する方は多いハズ。「Tronsmart製品」は、幅広く認定されたクアルコムクイックチャージ製品を扱っておりanker製品と似ている。

他のHUAWEI製品を閲覧したい

HUAWEI
HUAWEI製スマホ&タブレットのご紹介!! Huawei(ファーウェイ)は中国のスマホメーカーながら世界的な通信機器メーカーでもある。製品は日本国内と比べ、低価格帯を実現しており高性能なスマホながらコスパ良好の端末を世に送り出している。...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント