LG G8X ThinQ デュアルスクリーン搭載の最新SIMフリースマホ発表!

スポンサーリンク
スマホ 情報
スポンサーリンク

LG G8X ThinQ デュアルスクリーン搭載の最新SIMフリースマホ発表!機能やスペックを紹介

LGより、デュアルスクリーンを搭載したフラッグシップSIMフリースマホG8X ThinQ』がG8 THinQの派生モデルとして9月上旬に発表され2019年10月~12月頃に登場予定!特徴はデュアルスクリーンカバーへ対応したデュアルスクリーン搭載スマホで、デュアルスクリーン用カバーが装着できる技モノと言いたい。韓国では同モデルでの5G版も発売予定で『V50S』も登場する。

G8X ThinQの特徴は、Dual Screen(デュアルスクリーン)は、スクリーンを開かず時刻をはじめ日付やバッテリーの充電、通知やその他の情報がわかる。この表示は背面に2.1インチのモノクロOLEDを搭載しており、ケースを閉じた状態で確認が可能という仕組み。

デュアルスクリーンでの使用は、ノートパソコンのような使い方が可能になり同一6.4インチディスプレイを共有できるので通常よりも2倍の容量で情報表示が可能。1つの画面で動画を観ながらSNSやメールなどを同時に行うといった使い方ができるので、任天堂3DSのスマホ版と言ったイメージで感がると良いかもしれません。なお9月の段階で販売価格は不明。

ディスプレイには画面内指紋センサー搭載で、ロックの解除が可能でデュアルスクリーンを折り畳んだ状態でも解除が行える。またディスプレイの明るさは自動調整に伴い、コントラスト調整と共に目の疲れを軽減する機能も搭載。

ディスプレイは6.4インチのFullVision(2,340×1,080)OLED仕様で、前面へ搭載のセルフィー撮りカメラは 防滴型切り欠きレンズ仕様3,200万画素を採用。ただし撮影した写真は800万画素へ圧縮される不思議仕様。機能は暗所でも鮮明でシャープなポートレート撮影や自分好みに合わせ照明の色を調整可能。

メインカメラは1200万+1300万のデュアルレンズ仕様AIによる撮影をはじめPDAFにより被写体の焦点を合わせることが可能。動画については4Kでの撮影ができ、撮影中はフロントカメラとリアカメラの切り替え可能とのこと。

パフォーマンスについては、CPUにスナドラ855を採用し、メモリーは6GB+128GBを搭載。バッテリー4,000mAhあるが、デュアルスクリーンだとどの程度持つのか非常に気になるところ。サウンド面では1.2Wのデュアルスピーカーを搭載し、32ビットHi-FiクアッドDAC仕様でバランスの取れたステレオサウンドを楽しめる。

またデュアルスクリーン搭載ながら防塵防滴IP68相当や、米国軍用規格MIL-STD 810G準拠などタフネスさもあり完成度高い端末と言える。

スポンサーリンク

LG G8X ThinQのスペックは?

LG G8X ThinQ スペック

サイズ:高さ159.3×幅75.8×厚み8.4mm
重さ:192g※
カラー:オーロラブラック/
OS: android 9.0 Pie
CPU:Snapdragon 855 OctaCore(2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.78GHz×4)
GPU:Adreno640
RAM&ROM:6GB+128GB
MicroSDカード:最大2TB
ベンチスコア:Antutu7=368,000/Geekbench4.1 シングル=3,500 マルチ=11,000
バッテリー容量:4,000mAh(QC3.0の急速充電対応)
ディスプレイ:6.4インチ OLED仕様フルHD+(2,340×1,080)  403ppi
アスペクト比:19.5:9 画面占有率不明 ゴリラガラス5 HDR10対応
カメラ:メインカメラはデュアルレンズ仕様の1,200万(F値1.8メイン)+1,300万画素(F値2.4広角136°)で、手振れ補正やLEDフラッシュ、PDAGへ対応
インカメラは3,200万画素(F値1.9) 広角レンズ79°へ対応
動画撮影:4K対応 2,160p @240fps※ステレオ録音可能
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
セキュリティ:画面内指紋認証センサー内蔵
防塵防水:IP68 防塵防水は最高仕様で水に水没しても耐える
SIMカード:nano SIM×2 デュアルSIM仕様※1(DSDS対応)
その他1:USB Type-C(1.0)対応
その他2:対応バンドは9月現在は不明bandについて詳しくはこちら
その他3:OTGサポート(USBからデータを直接読み込める機能)
その他4:サウンド面は32ビット Hi-Fi Quad DAC搭載DTS:X仕様
その他5:米国軍用規格MIL-STD 810G準拠
その他6:3.5mmイヤホンジャック搭載

LGデュアルスクリーン側
ディスプレイ:6.4インチのアスペクト比19.5:9 OLED搭載フルHD+(2,340×1,080)403pp)
カバーディスプレイ:2.1インチ
サイズ:165​​.96×84.63×14.99mm
重さ:134g
接続タイプ:USB
その他:360フリーストップヒンジ

※1 DSDS

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

OSはAndroid 9.0(Pie)搭載。

SIMカードについてはこちらや下記を参照

本体・関連商品は情報が入り次第お伝えします。

同時に良い音出すイヤホンも購入したい
イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
自分はヘッドホン派って方
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...
ANKER製品を使いたい
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。 ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もしくはヤフオクなどで検索する方も少なからず居ると思います。

Tronsmart製品を使いたい

Tronsmart製品をスマホやタブレットで使いこなす!
スマホやタブレットを購入した際、バッテリーや接続コードを追加購入する方は多いハズ。「Tronsmart製品」は、幅広く認定されたクアルコムクイックチャージ製品を扱っておりanker製品と似ている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント