Motorola moto e5 SUPRA 大型ディスプレイ+大容量バッテリー搭載 SIMフリースマホ登場

スポンサーリンク
Motorola moto e5 SUPRAスマホ 情報
スポンサーリンク

Motorola moto e5 SUPRA 大型ディスプレイ+大容量バッテリー搭載 SIMフリースマホ登場

Motorola moto e5 SUPRA

Motolora社より、定番Eシリーズ『moto e5 SUPRA』を発表!特徴は、6インチディスプレイを搭載し、かつエンターテイメントで使用できる様、5,000mAhバッテリーを搭載し、高速充電にも対応する。

搭載するCPUはオクタコアにカメラは1,200万画素をメインにレーザーオートフォーカス機能を搭載。フロントには800万画素のカメラを採用し、LEDフラッシュ対応で低照度でも美しい写真撮影を可能としている。

Motorola moto e5 CRUISE エントリーモデルも発売!

Motorola moto e5 CRUISE エントリーモデル SIMフリースマホ登場!
Motorola moto e5 CRUISE エントリーモデル SIMフリースマホ登場!Motorola社より、エントリーモデル『Motorola moto e5 CRUISE』をアメリカで発表!5.2インチと小型ディスプレイにアスペクト

 

2017年には購入検討したい 「格安SIM 」どこがいいの!?編
「格安SIM」を検討して、2017年はスマホ代を安く済ませよう♪みなさんご存知の格安SIMを使い、格安スマホを利用している方もいると思います。今回は内容をよく知っている人・未だ導入検討してる人どちらでもわかるようはらちんが同時に調べてみたの
2017年には購入検討したい 「格安スマホ 」どこがいいの!?編
SIMフリー対応スマホ入手で月額のコストを抑え最新機種情報 編SIMフリースマホを使う事で月額のコストを抑え毎月幸せになれるハズ!SIMフリー対応でも色んな機種があると思うのでどれが良いか迷ってしまいがち。今回は迷っても大丈夫なようにオスス
スポンサーリンク

Motorola moto e5 SUPRA スペック

 Motorola moto e5 SUPRA 見出し2

サイズ:高さ161.9×幅75.3×厚み9.35mm
重さ:200g
カラー:ブラックのみ
OS: android 8.0 Oreo
CPU:Snapdragon435 Octa Core(1.4GHz)
RAM:3GB
ROM:32GB MicroSDカード:ストレージ最大128GB
バッテリー容量:5,000mAh 
ディスプレイ:6インチ HD+ (1,440×720)  
アスペクト比:18:9
カメラ:アウトカメラ:1,200万画素(F値2.0)/インカメラ:800万画素(F値2.2)
動画撮影:1080p フルHD
無線LAN規格: IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/GSM
パケット:LTE Cat.6/HSPA+/EDGE/GPRS/EV-DO Rev.A
Bluetooth:Bluetooth v4.2
認証: 指紋認証有り
SIMカード:nano SIM + nano SIM ※1(DSDS対応
その他1:高速充電対応
その他2:3.5mmオーディオジャック有り
その他3:HD音声対応

※1 DSDSとは?

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

 機能

ディスプレイ&BODY

6インチディスプレイにエッジディスプレイを採用。スリムなアーチ状のデザインへ仕上がっている。
正面には丸みを帯びたコーナーガラスパネルを採用し、スマトで綺麗な外観を演出。一撥水コーティングも施されている。

またHD+MAX Vision仕様により、ネット閲覧をはじめゲームや映画が見やすくフロントからは透明感あるクリアなサウンドを奏でる。

パフォーマンス

OSにAndroid 8.0 Oreoを搭載し、CPUにはスナドラ435のオクタコア(最大1.4GHz)にメモリ3GB+32GBの仕様となる。MicroSDカードも使えストレージ最大128GBまで保存可能。

高スペックではないため、過剰な期待はしない方が良いだろう。

カメラ

メインとなるアウトカメラは1,200万画素で、レーザーオートフォーカス機能とフルHDビデオ撮影を可能としている。

またセルフィ撮りのインカメラは800万画素となっており、メイン+インカメラ両方にLEDフラッシュ機能を搭載する。

指紋認証

安心の指紋センサー対応で、端末のロック&解除が可能。

Android 8.0 Oreo

・ポップアップ窓表示
対応する動画が、小さなポップアップ窓表示可能(youtubeなど)で、小窓表示つつ全画面で別アプリ使用可能なピクチャー イン ピクチャー マルチタスク機能。

・通知ドット
通知アプリアイコンをわかりやすく表示。

・セキュリティ
セキュリティ強化でGoogle Playプロテクトが使える。

・バッテリー消費
本体駆動時間延長が出来る様、バックグランドアプリのバッテリー消費低減。

・autofill機能
専用ブラウザ以外のアプリでもログインなどを覚え素早く入力出来る。

・インスタントApps
androidインスタントAppsでストリーミングがインストール無しアプリを試す事が可能。

・絵文字
毎度増え続けている絵文字など。

Andeoid O 2017年8月22日(月)リリース with Xperia まとめ
Andeoid O 2017年8月22日(月)リリース with Xperia まとめAndrido O=android 8.0が8月22日より正式にリリースされた。 まず当たり前の事だが、電源を入れホーム画面が出現するまでの起動時間が短縮

充電機能

搭載バッテリーは5,000mAhと容量が多く、かつ高速充電にも対応。最大1.5日程バッテリーが持つという。

 

特質すべき機能はないが、実売価格2万円前後の為比較的導入しやすいSIMフリーの端末と言える。

 

本体購入は情報が入り次第お伝えします。

 
関連商品はこちら
 
 
 
 
 
ANKER製品を使いたい方はこちら
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もし

Tronsmart製品を使いたい方はこちら

WordPress › エラー

 

他、Motoloraの記事を閲覧したい方はこちら

404 NOT FOUND | はらちん.com
androidスマホ本体と黒い砂漠を中心に情報を配信!その他、switchやガジェット情報も有り

 

他のスマホ記事を見たい方はこちら

スマホ
SIMフリー中心にスマホ最新情報をお届けします。 筆者はらちんは、android派の為 基本アンドロイド端末の紹介となります。 イヤホンやアプリも紹介しているので、気になる方は別カテゴリーで検索すると色々掘り出し物が出てきます。 ◦ASUS...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント