MSIゲーミングノート Ryzen仕様ミドルコスパで黒い砂漠が遊べる!

スポンサーリンク
MSI BravoPC関連
スポンサーリンク

MSIゲーミングノート Ryzen仕様ミドルコスパで黒い砂漠が遊べる!

MSI(エムエスアイ)より、BravoシリーズよりゲーミングノートPC『Bravo17&15』が2020年6月登場!CPUはRyzen 4000シリーズを採用し、17.3インチ=Bravo 17が約15万前後、15.6インチ=Bravo 15が約133,000円前後で販売。

Bravo 17はCPUにRyzen 7 4800H(2.9GHz)オクタコアを採用し、グラボがRadeon RX 5500M(GDDR6 4GB)を完備。メモリーが16GB+256GB M.2 NVMe SSD+1TB HDDを採用し、120Hz駆動を実現。そのほかUSB 3.0(Type-C)やWi-Fi 6、Bluetooth 5.1や92万画素Webカメラを採用。

つづいてRyzen 5はCPUに4600H(3GHz)ヘキサコアにグラボがRadeon RX 5300M(GDDR6 3GB)を完備。メモリーに16GB+512GB M.2 NVMe SSDを採用。そのほかUSB 3.0(Type-C)や、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.1や92万画素Webカメラを採用。

共通点として、極力な冷却システムCOOLER BOOST5を完備しているので、CPUとGPUに発する熱も外部へ排出でき、長時間でのゲームもパフォーマンスを落とすことなく快適に遊べる。

またハイレゾにも対応しているので、音楽を高音質で聴けたり、ヘッドホンを付け敵の足音を臨場感ある空間で楽しめる。

スポンサーリンク

MSI Bravoのスペックは?

MSI Bravo 見出し2

Bravo 17のスペック

OS:Win10 home (64bit)
CPU:AMD Ryzen™ 7 4800H(2.9GHz/ブースト時最大4.2GHz/8コア16スレッド)
グラボ:AMD Radeon™ RX 5500M 4GB GDDR6
メモリー:16GB(8GB ×2)DDR4
HDD:256GB(M.2 NVMe)
サイズ:17.3インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、リフレッシュレート120Hz、AMD FreeSync
本体サイズ:397×260×23mm
カメラ:92万画素
オーディオ:ステレオ2スピーカー
ネットワーク:有線はRealtek RTL8111HS
(10/100/1000Mbps)/無線LANはインテル® Wi-Fi 6 AX200(2×2、11ax、Bluetooth 5.1)
インターフェイス
USB3.2 Gen1 Type-C ×1
USB3.2 Gen1 Type-A ×3
HDMI ×1
ヘッドホン出力 ×1
マイク入力 ×1
電源:リチウムイオン、51Whr、3セル、4,500mAh
重量:2.2kg
その他:シングルカラーバックライト内蔵日本語キーボード

Bravo 15のスペック

OS:Win10 home (64bit)
CPU:AMD Ryzen™ 5 4600H(3.0GHz / ブースト時 最大4.0GHz / 6コア12スレッド)
グラボ:AMD Radeon™ RX 5300M 3GB GDDR6
メモリー:16GB(8GB ×2)DDR4
HDD:512GB(M.2 NVMe)
SSD専用空きスロット M.2 NVMe 専用空きスロット×1
サイズ:15.6インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア
本体サイズ:359×254×21.7mm
カメラ:92万画素
オーディオ:ステレオ2スピーカー
ネットワーク:有線はRealtek RTL8111HS
(10/100/1000Mbps)/無線LANはインテル® Wi-Fi 6 AX200(2×2、11ax、Bluetooth 5.1)
インターフェイス
USB3.2 Gen1 Type-C ×1
USB3.2 Gen1 Type-A ×3
HDMI ×1
ヘッドホン出力 ×1
マイク入力 ×1
電源:リチウムイオン、51Whr、3セル、4,500mAh
重量:2.2kg
その他:シングルカラーバックライト内蔵日本語キーボード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント