Word press plug in NextScripts: Social Networks Auto-Poster (28年度版)

スポンサーリンク
他ジャンル
スポンサーリンク

Word press plug in NextScripts: Social Networks Auto-Poster (28年度版)

 

next 見出し

 

記事を公開と同時にtwitterやFacebookへ自動投稿出来るプラグインを有効に使い
ブログの注目を集めよう!!

 

スポンサーリンク

NextScripts: Social Networks Auto-Posterとは!?

 

記事を書いたら、公開。工夫して自身のTwitterへも記事を読んでもらえる様、手動で宣伝した事は有りませんか?
そこで登場するのが、NextScripts: Social Networks Auto-Posterの登場です。
Twitterタイムラインにでっかく表示」される為、注目度が非常に高いと思います。
書いた記事にアイキャッチを自動で表示や、デフォルト画像を指定して載せる事も可能です。
Twitter・Facebook以外にも有料のプロ版を使えばGoogle+にも載せる事が可能です。

 

NextScripts: Social Networks Auto-Poster(インストール編)

 

ダッシュボードより

①プラグイン

②新規追加をクリック。

Next 新規

 

③プラグインの検索で「Nextscripts」と入力してクリック。

④一番左にNextScripts: Social Networks Auto-Posterと表示されるので「今すぐインストール」をクリック。

 

nextscript インスト

 

⑤有効化をクリック。まずはインストールが無事完了となる。

 

next 有効

お疲れ様でした。

 

NextScripts: Social Networks Auto-Poster(Twitter編)

 

今回は宣伝効果の高いTwitterを使い、自動投稿を設定をします。

 

dev.twitter登録(その1)

 

まずは、アプリケーションの登録から。
①事前にTwitterに登録しておく事。
②Twitterへログインもしておく事。
③上記2点を踏まえ、「dev.twitter」へアクセス。

 

FireShot Capture 161 - Twitter Developers - https___dev.twitter.com_
④右上の名前で自身がログインしているかどうか確認。
⑤下側の「Manege your Apps」をクリック。
⑥「Create New App」ボタンクリック。

 

create app

 

⑦Name:好きな名前で良い(例)harachin-autoposter
⑧Description:好きな説明で良い(例)harachin-autoposter-apli
⑨Website:自身WordPressのURL
⑩Callback URL:自身WordPressのURL
⑪Yes,I agree:利用規約への同意=チェックすればok
⑫Create your Twitter applicationボタンをクリックして次へ
FireShot Capture 162 - Create an application I Twitter Applicati_ - https___apps.twitter.com_app_new

 

ここで「アクシデント発生!」Error表示が炸裂します!!

 

Error

 

翻訳してみると・・・

 

翻訳

 

Twitterのプロフィールに電話番号の登録が必要です」と表示された。まだ登録していない方はtwitterで番号登録して下さい。してる方は電話番号登録を飛ばして下さい。

 

Twitter電話番号登録

 

①twitterの右上画像=サンプルでtwitterを作ったので卵です。
②プロフィールと設定をクリック。
③設定をクリック。
④ユーザー情報でモバイルをクリック。
⑤電話番号を追加項目で電話番号を入力。

 

モバイル登録

 

電話番号を入力すると、自身の携帯に認証用コードを送られる。

 

利用

 

SMSで送られたTwitter認証コードを確認して、コードを入力。

 

登録できない

 

とっ、とうろく出来ない!!」あれ、、、

色々と調べるとわかった事が、Twitter側のシステムによる仕様であり 頭の「0」を消して入力。090-XXX ⇒ 90-XXX
こんな感じで入力してみる。

すると・・・

 

有効

 

「登録出来た!!」

 

dev.twitter登録(その2)

 

twitter登録後に、再度dev.twitterへ戻り、再度Create your Twitter applicationボタンをクリック。

 

permissions

 

Application Managementの「Details」をクリック。①「Permissions」(アプリアクセス権設定)をクリック。
②「Read and Write」を選択。
③Update Settingsをクリック。
④「Keys and Access Tokens」(連携に必要なキー発行画面)をクリック。

 

keys

 

ここからはメモしておいて下さい。(要メモしておく事!)

⑤API Key
⑥API Secret
⑦Access Token
⑧Access token secret

メモ後、⑨の「Create my access token」をボタンクリック。
※トークン作成でメモとなりますが、⑤~⑧のキーは同じと内容のはずです。

 

以上でdev.twitter登録完了です。 お疲れ様でした。

 

NextScripts: Social Networks Auto-Poster(設定編)

 

ダッシュボードより

①設定

②{SNAP}Social Networks Auto Posterクリック。

 

無題

 


③NextScripts: Social Networks Auto-Poster Options表示に切り替わる。

④your Social Networks Accountsを選択。

⑤Add new accountクリック。

⑥Add New Networkより「Twitter」を選択。

無題

 


⑦Twitter用設定画面が表示されるので必要事項入力。

 

無題

 

Account Nickname:お好きな名前を入力。

Your Twitter URL:自身のtwitter URLを入力。
(URLはtwitter ⇒ 設定 ⇒ ユーザー情報で確認を)

先程メモした情報をここで入力

Your Twitter API Key
Your Twitter API Secret
Your Access Token
Your Access Token Secret

画像付きtwitterで送信する為、Attach image to twitter postにチェックマーク。

twitterで自動投稿時、メッセージを入れたい方は、Message text Format内に入力しておこう。

入力が終わったら、update Settingsボタンをクリックして設定完了です。

 

まとめ

 

以上で設定は完了しましたが、設定後 記事を書いて投稿しましょう。
記事投稿後、twitterに投稿されているかどうか確認。

 

無題

 

動作バッチリ! どんどん宣伝しましょう!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント