Nubia Red Magic 3層グラファイト素材仕様ゲーミングスマホ登場!

Nubia RED Magic スマホ 情報

Nubia Red Magic 3層グラファイト素材仕様ゲーミングスマホ登場!

Nubia RED Magic

ZTE社のサブブランドとなるNubia社よりゲーミングスマホ 『Red Magic』が4月末より予約を開始している。現在ZTE社には7年間の部品輸出が禁止と発表をうたっているがどうなる事やら。

イラン・北朝鮮に通信機器違法輸出していた件が同社の虚偽の報告を繰り返していたのが理由になっているが、米国トランプ大統領がZTE事業再開へ向け協力を示している為今後の注目が集まる。

っと余談になってしまいましたが、Red MagicはPCのようなデザインにスマホ初3層グラファイト素材使用で 空気が流れる溝を作り空冷効果を70%以上する事でスマホ本体の温度を40℃以下へ下げられる。

3Dをふんだんに使うゲームや長時間プレイ、それにFPSゲームなどをプレイしているとかなりの発熱がスマホ本体に生じるがこの機能により快適なゲームライフを送れるかもしれない。

もちろん機能も充実しており、6インチディスプレイにRAMは最大なんと8GBと鬼スペックをほこる。

https://xn--h9j1a4evb.com/%E6%97%AC%E3%81%AA%E3%83%A2%E3%83%8E/2017%E5%B9%B4%E3%81%AB%E3%81%AF%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%E6%A0%BC%E5%AE%89sim
https://xn--h9j1a4evb.com/%E6%97%AC%E3%81%AA%E3%83%A2%E3%83%8E/2017%E5%B9%B4%E3%81%AB%E3%81%AF%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%E6%A0%BC%E5%AE%89%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B

Nubia Red Magic スペック

 Nubia RED Magic 見出し2

サイズ:高さ158.1×幅74.9×厚み9.5mm
重さ:185g
カラー:レッド/ブラック
OS: android 8.1 Oreo
CPU:Snapdragon835 Octa Core(最大2.45GHz)
RAM:6GB/8GB
ROM:64GB/128GB MicroSDカード無し
バッテリー容量:3,800mAh
ディスプレイ:6.0インチ TFT液晶フルHD+ (2,260×1,080)
アスペクト比:18:9
カメラ:アウトカメラ:2400万画素(F値1.7)/インカメラ:800万画素(F値2.0)
動画撮影:2160p@fps30動画撮影可
無線LAN規格: IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA/GSM
パケット:LTE/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
認証: 指紋認証有り
SIMカード:nano SIMまたはnano SIM + nano SIM ※1(DSDS対応)
その他1:USB Type-C対応
その他2:3.5mmオーディオジャック有り
その他3:VoLTE対応
その他4:急速充電(Quick Charge3.0)対応

※1 DSDSとは?

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

Nubia Red Magic  機能

ディスプレイ&BODY

Nubia RED Magic ディスプレイ

ディスプレイは6インチにフルHD+とほぼフルスクリーンに近い感じで前面ベゼルがゲーマーにとってみ見やすい。また快適なグリップ感と余談ではあるが、没入感をもたらすサウンドエエフェクトがゲームの臨場感を更に向上させる!

また本体サイドにスライドスイッチが付いており、通知を遮断できる集中モードが存在する。熱中しているゲーム中も友達からの電話を遮断できる!?

パフォーマンス

Nubia RED Magic パフォーマンス

CPUはスナドラ835オクタコア(最大2.35GHz)にメモリーは6GBor8GBとハイスペ。更にストレージは64GBと128GBを完備する。但しSDカードは非搭載の為注意が必要。

カメラ

Nubia RED Magic カメラ

メインとなるアウトカメラは2400万画素のシングルカメラだが、F値1.7とかなり明るい。またインカメラには800万画素のF値2.0仕様。

Android 8.0 Oreo

・ポップアップ窓表示
対応する動画が、小さなポップアップ窓表示可能(youtubeなど)で、小窓表示つつ全画面で別アプリ使用可能なピクチャー イン ピクチャー マルチタスク機能。

・通知ドット
通知アプリアイコンをわかりやすく表示。

・セキュリティ
セキュリティ強化でGoogle Playプロテクトが使える。

・バッテリー消費
本体駆動時間延長が出来る様、バックグランドアプリのバッテリー消費低減。

・autofill機能
専用ブラウザ以外のアプリでもログインなどを覚え素早く入力出来る。

・インスタントApps
androidインスタントAppsでストリーミングがインストール無しアプリを試す事が可能。

・絵文字
毎度増え続けている絵文字など。

https://xn--h9j1a4evb.com/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B-%E6%83%85%E5%A0%B1/andeoid-o-2017%E5%B9%B48%E6%9C%8822%E6%97%A5%E6%9C%88%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9-with-xperia-%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81

その他

nubia Red Magic その他

1.ギミック要素として背面にAI照明効果や背面中央がサウンドで光を流したりと遊びご心がある。

2.NeoSmart AIインテリジェンスエンジン搭載で、ユーザーの操作習慣を学習し、よりスマホの使い勝手が向上する。

3.ゲーム最適化機能(Gameboost)により、ゲームはより高速に読み込まれ大きなゲーム画面はよりスムーズになり高フレームレートモードで安定して維持が可能。

4.指紋認証有りでセキュリティもばっちり。

 

120khz駆動ではないのが残念だが、対抗となるRazer XiaomiのBlack Sharkや120khz駆動Razer Phoneなどの対決が気になるところ。いずれにせよどれも一度はゲームを体感したい端末である。

 

本体購入は情報が入り次第お伝えします。

 

 

関連商品は情報はこちら
ANKER製品を使いたい方はこちら
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もし

Tronsmart製品を使いたい方はこちら

WordPress › エラー

Xiaomi Black Sharkが見たい方はこちら

https://xn--h9j1a4evb.com/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B-%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%BB%91%E9%B2%A8-%E3%80%8Eblack-shark%E3%80%8F-%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E8%A3%85%E7%9D%80%E5%8F%AF%E8%83%BD-sim

Razer Phoneが見たい方はこちら

https://xn--h9j1a4evb.com/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B-%E6%83%85%E5%A0%B1/razer-phone-%E8%84%85%E5%A8%81%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%83%BC%E5%90%91%E3%81%91-sim%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント