Word Press plug in PuSHPress & Responsive Post Preview (28年度版)

スポンサーリンク
他ジャンル
スポンサーリンク

Word Press plug in PuSHPress & Responsive Post Preview (28年度版)

 

今回はご紹介内容が短い為、一挙2つプラグインを同時紹介したいと思います。

 

PuSHPressで瞬時にインデックス

geralt / Pixabay

 

まずは1つめ!PuSHPressを使い、検索エンジンへインデックスさせよう。

 

スポンサーリンク

PuSHPressとは!?

 

PuSHPressは、記事を投稿後、瞬時に検索エンジンへインデックスさせる。いわゆる自身がブログで書いた記事をすぐ登録させる事が可能になります。
当然検索エンジンにインデックスされていない場合、検索結果に表示されませんのでこのプラグインは非常に即効性が有ります。
検索エンジンの反映は、何とかjapanや何とか先生等に効果が有ります。

 

PuSHPress (インストール編)

ダッシュボードより

①プラグイン

②新規追加

 

Word Press plug in ダッシュボードより新規追加説明


③プラグインを検索で「PuSHPress」と入力してクリック。

④PuSHPressを見つけたら、「今すぐインストール」をクリック。

 

Word Press Plug In 追加 PuSHPress


⑤有効化をクリック。これでインストール完了です、お疲れ様でした。
Word Press Plug In PuSHPress 有効化画面

 

PuSHPress (設定編)

 

実はこれ設定が特に無い為、有効化ですぐに効果が出ます。
ですので使い方編は有りませんが、少しポイントを説明します。
記事は従来クローラーという警備みたいなのがネット上でぐるぐる色々なサイトを巡回している為、インデックスされるまで非常に時間がかかってしまいます。なのでPuSHPressを有効化させる事で「記事追加したのでネットへ早く出して(掲載して)下さい」という事になります。

 

続いてResponsive Post Previewの説明です。

Responsive Post Previewとは!?

 

responsive post preview モバイル表示

FirmBee / Pixabay

 

記事を投稿する前に、スマホ&タブレットのプレビューを簡単に表示して記事を確認する事が可能!!

 

Responsive Post Preview (インストール編)

 

ダッシュボードより

①プラグイン

②新規追加

 

Word Press plug in ダッシュボードより新規追加説明

 


③プラグインを検索で「Responsive Post Preview」と入力してクリック。

④Responsive Post Previewを見つけたら、「今すぐインストール」をクリック。

 

Word Press Plug In Responsive Post Preview検索


⑤有効化をクリック。これでインストール完了です、お疲れ様でした。

 

Responsive Post Preview 有効化

 

Responsive Post Preview (使い方編)

 

実はこれも設定が有りませんので使い方編のみとなります。
記事を書き終えたら記事公開前に一度右上に注目して下さい。

 

Responsive Post Preview スマホプレビュー

 

上記アイコンがプラグイン有効化で表示されているはず。
左アイコン=スマホで観た時のプレビュー表示。

 

Responsive Post Preview スマホ サンプル
右アイコン=タブレットで観た時のプレビュー表示。

 

Responsive Post Preview タブレット サンプル

 

このプラグインを入れる事で、普段はスマホやタブレットで一度確認した経験はないでしょうか?筆者は何度も有ります。(汗)

スマホで閲覧する方が多いと思うので、プレビューが非常に役立つと思います。

まとめ

PuSHPressは、記事を書いて公開と同時にインデックスされ
Responsive Post Previewは記事公開前に、スマホやタブレットでプレビュー確認可能。
公開前にPCで「PC版とスマホ版を分割で観ていけば」編集がしやすくより効率が上がると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント