Razer FIGHTPAD がPS4の格闘向けとして登場! 気になる性能は?

スポンサーリンク
Razer Raion FightpadPS4&switch
スポンサーリンク

Razer FIGHTPAD がPS4の格闘向けとして登場! 気になる性能は?

Razerより、PS4用ゲームパッドとなる『RAZER RAION FIGHTPAD FOR PS4™』2019年11月29日に発売を開始したのでご紹介!格闘ゲーム向けに特化したコントローラーでPS4だけでなく、PCでの利用も可能となっている。格闘ゲームの使用頻度が低い左右アナログスティックをはぶき、押しやすい本体前面右側にR1とR2の2ボタンを追加された6ボタン仕様となり、販売価格は税込み11,000円と若干高級なゲームコントローラーとなっている。

通常のゲームパッドよりも2つ多いフェイスボタンを備えたコントローラーは、クロウグリップスタイルに対応した入力オプションを備える。格ゲー用ゲームパッドのフェイスボタンは業界標準よりも少し大きい設計となり、ヒットしやすく入力を誤る可能性が少ない

Razerイエロースイッチ採用により、超高速入力を瞬時に実行可能。約8,000万回にのぼるライフサイクルを誇るので、Razerの人気キーボードなどで何度もテストされる内容と同等に品質も高い。搭載するコントロールキーはRazer™ メカタクタイル 8方向キーを採用し、すっきりした対角入力で操作を合理化でき正確にコマンドを入力可能。

クッション性にも優れ、高感度を誇りかつ心地の良いタクタイル感あるフィードバックがコンボ入力時に動作を体感できる。コンボの高い成功率から購入して良かったと実感がもてるハズ。

その他の機能としてOpen QuoteRazer Raion搭載により、格闘ゲーに必要な制御能力と一貫性が得られる。内蔵のボタンロック機能により不要なボタンを無効にでき、試合中の意図しない中断を防止。最大4台のRazer Raionコントローラーを同時にPS4™へ接続も可能。さらにはコントローラー自体に搭載されたスイッチからカスタマイズも可能。

※アナログスティックがないと入力できないL3&R3ボタンは,ショルダーボタンに割り当てるスイッチがあり入力が可能。

スポンサーリンク

Razer FIGHTPADのスペックは?

Razer Raion Fightpad 見出し2

◦本体タイプ:PS4用ファイトパッドゲームコントローラー
◦カラー:ブラック
サイズ:D103×W173×H58mm
◦重量:275g
◦ボタン数:6ケ Razer™ メカニカルスイッチフェイスボタン&メカタクタイルアクション 8 方向キー
ケーブル長さ:3m※ストレインリリーフ付き
接続:有線接続またはBluetooth接続

ゲームパッドを購入したい

本体購入

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント