SHARP AQUOS AM1 人工AI+Android8.0 oreo搭載 4K液晶TV 登場!

スポンサーリンク
AQUOS AM1他ジャンル
スポンサーリンク

SHARP AQUOS AM1 人工AI+Android8.0 oreo搭載4K液晶 6/30登場!

AQUOS AM1

シャープより、4K液晶TV『AQUOS 4K AM1』シリーズ3モデルを発表!
ラインナップは、60V型/50V型/43V型となり、6月30日に43V型60V型/50V型モデルを8月31日より順次販売する。

気になる特徴は、COCORO VISION。これは人工AI機能で視聴傾向を学習でき、オススメ番組を音声で知らせてくれるという。

またOSにはAndroid TVが使えるAndroid 8.0 Oreoを採用や今後の予定であるGoogleアシスタントへの対応も予定。音声で番組検索や天気が確認などが可能。

今年12月1日開始予定の新4K衛星放送を受信する4Kチューナー(別売)の接続へも対応で、高精細で臨場感豊かにするAQUOS 4K Smart Engine PRO2.1ch 3ウェイ5スピーカーFRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUSでのサウンドで楽しむ事が可能だ。

一言で言うとかなりの機能をふんだんに盛り込んだ製品へ仕上がっているので、一度店頭で実機を体感するのが良いだろう。対抗馬はやはりSonyのBRAVIAとなりそうです。

スポンサーリンク

SHARP AQUOS AM1シリーズ スペック

SHARP AQUOS AM1 見出し2

60V型 4T-C6060AM1 

タイプ:60V型ワイド

サイズ:W135.4×H84.9~×D34.1mm

重量:約33kg

消費電力:約215W(年間170kWhにて約4,590円)

解像度:4K液晶 (3,840×2,160)

バックライト:エッジ型LEDバックライト

チューナー:地デジ3/CSデジタル3/BSデジタル3

HDR:HDR10/HLG

録画機能:外付けHDD対応

接続端子:HDMI4端子(ARC対応)/USBメモリー用1基/USBハードディスク用基/D-sub15pin(PC入力端子)

ネットワーク:有線&無線LAN有り

VODサービス:Netflix/Amazonビデオ/Hulu/DAZN/TSUTAYA TV/dTV/Youtube/Android TV

4T-C60AM1|製品詳細|薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ
シャープ液晶テレビアクオス(AQUOS)の製品一覧ページです。

50V型 4T-C50AM1 

タイプ:50V型ワイド

サイズ:W112.6×H71.9~×D27.2mm

重量:約22.5kg

消費電力:約168W(年間147kWhにて約3,969円)

解像度:4K液晶 (3,840×2,160)

バックライト:エッジ型LEDバックライト

チューナー:地デジ3/CSデジタル3/BSデジタル3

HDR:HDR10/HLG

録画機能:外付けHDD対応

接続端子:HDMI4端子(ARC対応)/USBメモリー用1基/USBハードディスク用基/D-sub15pin(PC入力端子)

ネットワーク:有線&無線LAN有り

VODサービス:Netflix/Amazonビデオ/Hulu/DAZN/TSUTAYA TV/dTV/Youtube/Android TV

4T-C50AM1|製品詳細|薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ
シャープ液晶テレビアクオス(AQUOS)の製品一覧ページです。

43V型 4T-C43AM1 

タイプ:43V型ワイド

サイズ:W96.6×H63.1~×D27.2mm

重量:約20kg

消費電力:約125W(年間123kWhにて約3,321円)

解像度:4K液晶 (3,840×2,160)

バックライト:エッジ型LEDバックライト

チューナー:地デジ3/CSデジタル3/BSデジタル3

HDR:HDR10/HLG

録画機能:外付けHDD対応

接続端子:HDMI4端子(ARC対応)/USBメモリー用1基/USBハードディスク用基/D-sub15pin(PC入力端子)

ネットワーク:有線&無線LAN有り

VODサービス:Netflix/Amazonビデオ/Hulu/DAZN/TSUTAYA TV/dTV/Youtube/Android TV

4T-C43AM1|製品詳細|薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ
シャープ液晶テレビアクオス(AQUOS)の製品一覧ページです。

SHARP AQUOS AM1 詳細

COCORO VISION

1.AI(人工知能)搭載で、家族のよく見るテレビ番組や視聴する時間帯、録画予約の状況を分析・学習。それまでに学習した嗜好や地域、時間帯に合わせ、放送予定の番組やビデオオンデマンド、音楽やゲームなど膨大なコンテンツよりおすすめコンテンツを表示。使いこんでいく事で、家族ごとに好みの番組やビデオ作品をおすすめしてくれる。

 

2.人が近づくと挨拶してテレビが起動し、おすすめ番組を音声で知らせてくれる。

3.スマホ向けアプリCOCORO VISIONを使えば、テレビの視聴履歴に基づきおすすめ番組やビデオ、音楽、ゲームの情報がスマホへ配信。気になる放送番組を登録すれば、放送時間が近づくと見逃さないよう知らせてくれる。

コンテンツサービス

1.AQUOS向けコンテンツ配信サービス=AIoTクラウドサービスを使えば、動画配信サービスに加え、音楽配信サービスやゲーム配信サービスが楽しめる。

2.Android TVのAndroid 8.0 Oreo採用で、音声で番組の検索や家電製品などの操作もできるGoogleアシスタントへ対応予定。

3.スマートスピーカーGoogle Homeに採用されている Googleアシスタント対応予定で、これまでのリモコンのマイクを使い、見たいジャンルや俳優の名前から番組の検索や天気が確認できるだけでなく、Googleアシスタントからの操作に対応したSHARP製品や他社の機器操作も可能。

4.GoogleTMアカウントを本機に入力すれば、ビデオオンデマンドをはじめゲーム、生活情報など豊富に用意された Google Play ストアから、テレビ向けアプリケーションを自由にインストールして楽しめる。

4Kチューナー

別売4Kチューナーと接続すれば。テレビのリモコンで手軽に新4K衛星放送の視聴が可能。
Kチューナーは、2018年11月下旬発売予定。

その他

1.地上波から新4K衛星放送まで臨場感豊かに表現する新開発エンジン=AQUOS 4K Smart Engine PRO搭載。

2.解像度や映像レベルを判別し、最適な高精細処理を行う4K-Master アップコンバートプロ搭載。

3.新4K衛星放送で採用の4K HDR規格「HLG(Hybrid Log-Gamma)」方式対応。従来より広い輝度情報を忠実に復元、風景の奥行き感や素材の質感までリアルに再現され 4K放送をさらに高画質で楽しめる。
またインターネット動画やUltra HDブルーレイで採用のHDR10も対応。

4.大画面ほど気になる外光の反射や照明の映り込みを抑えながら、艶やかな黒も表現するN-Blackパネル搭載。

5.最大出力35W、2.1ch3ウェイ5スピーカーシステムシステムを搭載しており、ミッドレンジスピーカーとサブウーハーとの組合わせにより、低域から高域まで臨場感豊かで聞き取りやすい高音質を実現。

6.オンキヨーとコラボで生まれた高音質採用で、豊かな音質を再現。それぞれの音の緻密さ・定位感を自然な形で表現し、臨場感あふれる音空間を実現。※60V型と43V型のみ。

本体を予約したい方はこちら

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント