Word Press Plug In SNS Count Cache (28年度版)

スポンサーリンク
SNS Count Cache plug in アイキャッチ画像他ジャンル
スポンサーリンク

Word Press Plug In SNS Count Cache (28年度版)

 

SNS Count Cache plug in 見出し1用画像

 

SNS Count Cacheを使い、爆速化させ 更にTwitterツィート表示を復活させ集客を狙う!

 

SNS Count Cacheとは!?

 

ブログ運営に欠かせないのが、シェアボタンだと思います。
よく記事内容の上から下側にシェアボタンが設置してあると思いますが、標準では読み込みが遅く 記事を読み終えてもしっかり表示されない状態も有ります。そこでSNS Count Cacheを使えば、爆速に高速化を実現出来る為、記事を閲覧する前に表示されればより自身のブログが活性化する事間違いなしです。更に「昨年末頃よりTwitter表示がくるくる状態で表示されなく困っている方」もいると思うので、正しく表示させる方法も公開していこうと思います。

 

スポンサーリンク

SNS Count Cache (インストール編)

 

ダッシュボードより

①プラグイン

②新規追加を選択してクリック

 

Word Press plug in ダッシュボードより新規追加説明

③プラグインまたはプラグインを検索で「SNS Count Cache」と入力して検索。

④SNS Count Cacheを探し、「今すぐインストール」をクリック。

⑤有効化の実行をクリック。

 

SNS Count Cache plug in プラグイン有効化画面

 

これでインストールは完了です。お疲れ様でした。

 

SNS Count Cache (設定編)

 

ダッシュボードより

SNS Count Cachを選択

設定をクリック

 

SNS Count Cache 設定をする為の設定

 

先に設定画面を掲載しておくので順をおって説明していきます。

 

SNS Count Cache 基本設定詳細カスタマイズ

 

シェア基本キャッシュ機能の設定

 

SNS Count Cacheのキャッシュ機能を自分流にカスタマイズしてより使いやすくしよう。

・対象SNS:
シェアしたいSNSにはチェックしよう。

・カスタム投稿タイプ:
オリジナルを作り、投稿したいヘビーユーザーはここで作成。

・シェア数のチェック間隔(秒):
シェアするキャッシュ間隔を変更出来ます。デフォルトでは10分に1回キャッシュして表示される。

・一度にチェックするコンテンツ数:
上記で設定した時間毎に定期チェックするコンテンツ数。多すぎると、動作が鈍くなる事も!?

・HTTPからHTTPSへのスキーム移行モード:
安全性(信頼性を持つサイト)としてHTTPSがありますが
元々HTTPSまたはHTTPSに移行したい方は有効。
HTTPのままでいい方は、無効設定しましょう。

 

変更が完了しましたら、設定の更新ボタンをクリック
※とりあえずの方はデフォルトでもok(笑)

 

シェア臨時キャッシュ機能

 

・投稿日からコンテンツを新着とみなす期間:
投稿したコンテンツが新着とみなす期間を設定する。
デフォルトでは3日ですが、シェア数が万を超える人気サイトは日数をもっと伸ばす事も大事です!

・シェア数のチェック間隔(秒):
デフォルトでは300秒=投稿した新着コンテンツを5分毎にシェア数をチェックする間隔設定。

 

変更が完了しましたら、設定の更新ボタンをクリック

 

シェア変動分析機能

 

・特定の期間を設け、管理画面内でシェア上昇を確認出来る機能です。タイプ別として毎日・毎週何曜日・毎月何日なのか。それと何時何分と細かく分析が可能。
※ある程度、記事が溜まってからで良いと思いますが有効にする事で「話題のコンテンツ」が出現します!
サイト内で話題が有ったり、人気記事となるものがここで表示されるわけです。

 

変更が有れば、設定の更新ボタンをクリック

 

フォロー基本キャッシュ

んg

・対象SNS:
RSSリーダーの定番とも言える「Feedly」のフォロー数を取得する機能です。
デフォルトのままでokで、自身がFeedlyを使用していなくてもフォロー数を表示してくれます。
・フォロー数のチェック間隔(秒):
デフォルトでは最大24時間で最低は1時間となってます。
変更が有れば、設定の更新ボタンをクリック

 

フォロー基本キャッシュ機能-Feedly

 

・対象フィードタイプ:
自身のブログURLの後に/feed/と入力すると文字ページが表示されればデフォルトでokです。※RDF等使用の方は変更も有り

 

動的キャッシュ機能

 

ユーザーアクセスをトリガとする動的キャッシュ:
キャッシュが無い記事にアクセスした場合、有効(非同期2次キャッシュ)を使用する事で、1次キャッシュか2次キャッシュのどちらかを取得してくれるのでシェア数をチェックして表示してくれる為、基本デフォルトでok

 

データクローラ機能

 

クロールの方式:
拡張(並列検索)の意味がよくわかりません。
SSL証明書の検証は有効か無効なのでデフォルトの有効でokだと思います。(曖昧すぎでスミマセン)

もし無効設定をした場合、設定の更新をクリック

 

データエクスポート機能

 

データのエクスポート方式:
シェア数をエクスポートするのに手動でするのか、それとも一定期間を設けてするかを選択出来ます。

変更が有れば、設定の更新ボタンをクリック

 

エクスポートされたファイル

 

エクスポートされたファイルのディスク使用量:
どれぐらいの使用量なのか確認できます。

 

シェア数一覧をエクスポートしたり、CVSでダウンロードする事が可能。リセットで削除も可能。記事が溜まってから試せば良いと思います。

以上で設定は完了です、お疲れ様でした。

 

SNS Count Cache (シェア数確認)

 

設定を完了後、SNS Count Cacheはデータが溜まってくれば自身のブログシェア数を確認出来るようになります。

ダッシュボードより

SNS Count Cachを選択

シェア数をクリックで確認する

 

SNS Count Cache 設定編シェア数確認

 

こんな感じで溜まってくるよ見れるように・・・
SNS Count CacheでオリジナルSNSボタンを作りたい方も居ると思いますが、筆者はテーマのSimplicityを利用させてもらっているので特別作る必要が無いと思っております。
何故ならSimplicityでは標準で爆速SNSボタンが標準で搭載されているからです。(ほんとすごいです)

 

SNS Count Cache (まとめ)

 

SNS Count Cacheを使えば、オリジナルSNSボタンを作成したりとユニークな機能も付いており便利だと思います。
Simplicityのテーマを使用する事でもっと色々な事が出来ますので、個人的には「Simplicity」を推奨させて頂きたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント