Sony新型BTイヤホンながら聴き対応で1万前後のコスパで登場!

SONY オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット PC関連

Sony新型BTイヤホン『SBH82D』ながら聴き対応で1万前後のコスパで登場!忙しい人に最適!!

SONYより、オープンイヤー型BTイヤホン『SBH82D』が6月8日(土)より発売を開始すると発表された。特徴は独自音導管設計により、耳穴を塞がず装着できるネックバンド型Bluetoothイヤホンで音楽を聴きながら会話が可能。
ぞくに言うながら聴きが可能な為、外での移動中や、家事をしながらなどの様々なシーンを想定してつくられたという。

基本的には自分の話す声がこもらず聞こえるので、ハンズフリーでの通話をはじめ語学の学習にも最適と言える。音漏れしにくい
耳をふさがない構造でありながら、音漏れも低減できるように工夫された音導管設計です。周囲の音が聞こえるくらいの音量であれば、音漏れを気にせず使えます。

気になる価格はオープンプライスだが、予想価格として実売10,000円前後となりカラーはブラック、グレー、ブルーの3色を用意する。

SONY オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット 見出し2

Bluetooth対応でオープンイヤースタイル

ワイヤレスなのでケーブルのわずらわしさがないのはもちろんの事、NFC対応でかんたんにBluetooth接続が可能だ。

ロングバッテリー搭載

一度の充電で、約7.5時間の連続音楽再生が可能。音楽を流していても、長時間の外出でも安心して使える。

軽くて柔らかいネックバンドスタイル

本体は25.5gと軽量で、長時間首へかけても疲れない。またネックバンドは柔らかいので小さく折りたたみが可能。バック中へコンパクトにしまい、持ち運びが便利!

下掛けスタイル

より多くの耳の形へフィットする様、下掛けスタイルを採用。装着時に正面から目立ちにくく、耳への負荷を感じづらい形状となっている。メガネとの干渉が少ないという点も多くのユーザーが使える安心設計となっている。

蒸れにくく快適な装着性

コンパクトサイズで軽く快適な付け心地は3種類のリングサポーター(S/M/L)により、より安定した装着性を実現。耳穴をふさがないため、長時間装着時にも蒸れづらくなっている。

スマホの操作がリモコンでできる!

ボイスアシスタントやハンズフリー通話に対応。マイクをはじめボリュームやマルチファンクションキーを搭載。ハンズフリー通話や、ボリューム調整、曲送り/戻しを手元で操作可能。またマルチファンクションキーを長押しすることで、GoogleやSiriの音声検索が利用できる。

以下スペックを参考にしてもらい、購入前には必ず店頭で自身の耳へ装着&サウンドを一度聴く事をオススメする。

SONYT新型BTイヤホンSBH82Dのスペックは?

SONY オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット 見出し2-2

タイプ:オープン型エアダイナミックBTイヤホン
カラー:ブラック/グレー/ブルー
重量:25.5g※ケーブル含む
周波数:20Hz~20KHz
ドライバー:φ13.6mmドライバー
インピーダンス:32Ω
Bluetooth:Bluetooth v4.2(Class1)
Bluetooth通信:約10m
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ※1
コーデック:SBC/AAC
その他:ヘッドホンケーブルは210mm/ネックバンドケーブルは255mm
バッテリー:USB接続(Type-C)にて約2時間充電で、最大約7.5時間再生可
付属品:充電用USB Type-Cケーブル/保証書/取扱説明書

※1 A2DP=音楽用ステレオ音声(オーディオ)/AVRCP=音楽用リモコン機器(リモート機器)/HFP=ハンズフリー通話/HSP=ヘッドセット通話

SONYT新型BTイヤホンSBH82D本体購入はこちら

SIMフリーのスマホを使いたい方はこちらも一緒にどうぞ!
スマホ
SIMフリー中心にスマホ最新情報をお届けします。 筆者はらちんは、android派の為 基本アンドロイド端末の紹介となります。 イヤホンやアプリも紹介しているので、気になる方は別カテゴリーで検索すると色々掘り出し物が出てきます。 ◦ASUS...

Sony関連の記事を閲覧したい方はこちら

Sony 製品
Sony 製品 をご紹介します。 ...
他のイヤホン記事を見たい方はこちら
イヤホン
イヤホン情報をお届けします。 ...
他のヘッドホン記事を見たい方はこちら
ヘッドホン
ヘッドホン情報をお届けします。 ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント