Sony α7 III フルサイズミラーレス レンズ交換式デジタル一眼カメラ3月23日発売

Sony α7 III Sony 関連

Sony α7 III フルサイズミラーレス レンズ交換式デジタル一眼カメラ3月23日発売

Sony α7 III

ソニーは、有効約2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R®と画像処理システム搭載した小型ボディ一眼カメラα7 IIIが3月23日(金)発売される。

特徴は、高精度・高追従な瞳AF、最高約10コマ/秒の高速連写と充電一回で最大710枚の静止画撮影を実現。
被写体を選ばず、高速に捉えてその一瞬を豊かな表現力で切り取る事が可能なソニー最先端カメラ技術を凝縮したフルサイズミラーレスとなっている。

細かな点については、以下スペックを参考にしてもらい、購入前に店頭で確認して購入をオススメします。

α7 III スペック

Sony α7 III見出し2

タイプ:ミラーレス一眼レフ

◦サイズ:126.9×95.6×73.7mm

◦重量:572g

◦カラー:ブラックのみ

◦画素数:4360万画素(有効は4240万画素)CMOS

◦撮影感度:標準ISO100~32000/拡張ISO50~102400

◦記録フォーマット:JPEG/RAW

◦連写撮影:10コマ/秒

◦シャッタースピード:1/8000~30秒

◦液晶モニタ:3インチ(144万ドット)

ファインダー形式:電子ビューファインダー Quad-VGA OLED Tru-Finder

ファインダー倍率:0.78倍

◦撮影枚数:ファインダー使用時530枚/液晶モニター使用時650枚

◦記録メディア:SDHCカード/SDカード/メモリースティックPRO Duo/SDXCカード

◦動画撮影:4K対応(3840×2160)/フレームレート30fps/圧縮形式 MPEG-4 AVC/H264

◦ネットワーク:NFC対応&Wi-Fi(Direct含む)対応

その他機能:手ブレ補正/5軸手ブレ補正/ゴミ取り機構/USB充電など

 α7 III 詳細

CMOSセンサー

Sony α7 III CMOSセンサー

有効約2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと、新世代の画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)搭載で、ISO感度51200の広い感度域やα7 II比で最大1.5段分の画質が向上。
広ダイナミックレンジと色再現性をより高め、人物撮影における肌色や、鮮やかな花などを自然な印象で描写。

 AF

Sony α7 III CMOS AF

撮像エリア全体の約93%をカバーする693点像面位相差AFセンサーを搭載。
広い範囲のAFエリアがフレーミングの自由度を高め、コントラストAF枠が425点に多分割化し、検出精度が大幅に向上。

AF速度、追随性能もα7 II比で約2倍向上や、瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能がさらに進化。振り返りやうつ向き顔など、ピント合わせが難しい場面も瞬時に瞳を検出し被写体を捉え続ける。 

また最新シャッターチャージユニット採用と画像処理システム進化により、フル解像度で最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。
最大177枚連写持続性能で、撮り逃しが許されないシーンでも安心して撮影に臨める。
さらに無音と無振動サイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写が可能。

静寂さが求められるシーンでも決定的瞬間を逃さず、メカシャッターの振動を発生する事なく解像性能を最大限に引き出す!!

4K

Sony α7 III 4K

4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力するため、モアレやジャギーの少ない高解像力を誇る4K動画画質を実現。

インスタントHDRワークフローを実現するHLG(Hybrid Log-Gamma)対応や、14ストップの広いダイナミックレンジを実現するS-Log3、最大5倍までのスローモーションと最大60倍までのクイックモーションを最大50Mbpsの高画質フルHDで本体内記録可能なスロー&クイックモーションなど、表現の幅を広げる多彩な動画機能を備える。

その他

高容量バッテリーNP-FZ100へ対応し、ミラーレスカメラとして業界最大710枚の静止画撮影が可能。
長時間にわたる撮影や連続撮影や、ファインダーを覗きながらスムーズにフォーカス位置の移動を可能にするタッチパッド機能、ピントを合わせたい被写体を瞬時に選択できるタッチフォーカス機能搭載。

タッチによりフォーカス操作の自由度が広がる。さらに、リレー記録・同時記録が可能なデュアルスロット(スロット1のみUHS-II対応)搭載。
快適な撮影を支える高い信頼性と操作性を小型ボディに凝縮されている。

 

 
 
 
本体購入はこちら
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント