Sony STH50C USB Type-Cにハイレゾ対応イヤホン遂に登場!

スポンサーリンク
Sony STH50C他ジャンル
スポンサーリンク

Sony STH50C USB Type-Cにハイレゾ対応イヤホン遂に登場!気になる機能やスペックを紹介!!

Sonyモバイルより、有線接続となるType-C仕様のハイレゾをイヤホンで楽しめるSTH50C』が8月3日(土)に登場する!従来の有線接続では3.5mmイヤホンジャックへ対応がほとんどだったが、時代はType-Cでの接続がスマホで増えた事から、Type-Cでの接続は非常にありがたい。

特にXperiaをはじめGalaxyにPixelなど、イヤホン端子が無い端末にはダイレクトで有線接続でき かつハイレゾ音源をしっかり再生できるという点が音楽を良い音で聴きたい方にはまさに朗報と言える。そして気になる価格は、オープン価格だが、店頭での予想価格は7,000円前後とリーズナブル。

スポンサーリンク

Sony STH50Cのスペックは?

Sony STH50C 見出し2

タイプ:密閉型ダイナミックType-C専用イヤホン
カラー:ブラック
重量:約15.2g(クリップ含まず)
周波数:20Hz~40KHz (ハイレゾへ対応)
プラグ:USB Type-C™プラグ
ドライバー:φ9.7mmドライバーユニット
付属品:ハイブリッドイヤーピース(S,M,L各2個)/ケーブルクリップ/取扱説明書/保証書

Sony STH50Cの機能は?

Sony STH50C 機能

USB Type-C™搭載スマホへダイレクト接続

USB Type-C™対応のスマホへダイレクト接続できるので、USBオーディオのデジタル出力により、音の信号伝送ロスを防ぎ音質の劣化をおさえる。
有線接続のため動画やゲームの映像との音ずれがなく、充電せずにゲームのサウンドや高音質なハイレゾ再生(192kHz/24bit対応)で音楽を楽しめる。

高音質

192kHz/24bitのUSBオーディオでハイレゾ再生対応、高音質D/Aコンバーターを内蔵。イヤホンながら高感度φ9.7mmドライバーユニットを搭載し、色鮮やかな音楽を再生。また広帯域再生が可能な新形状の振動板を採用し、振動版を駆動する磁気回路を内磁型で最適化され駆動力が向上!

ハウジング側面に備えたポート(通気孔)により、低域における通気抵抗をコントロールするビートレスポンスコントロールで、メリハリのある低域再生が可能。
振動板の動作を最適化することで低域の過渡特性を改善し、リズムを正確に再現。

さらに独立グラウンドケーブルを採用した事で、クロストークを低減。ハイレゾならではの音場の立体感や空気感と繊細な表現、解像感を伴った迫力ある低域を再現する。またシールドケーブルを用い 音の広がりと引き締まった低音、ノイズが少ない繊細な音を再生できる。

快適な装着感

2種類の硬度シリコンを組み合わせたハイブリットイヤーピースを採用。芯の部分は硬い素材を使い音の通路を保持する事で、先端の潰れによる音質劣化を防止。外側の部分は柔らかい素材で密閉度を高め、長時間でも快適な装着性を実現。

本体ボタンで操作

リモコン部の操作ボタンを使い、曲送りをはじめ戻しや再生、一時停止や音量調節、またスマホへかかってきた電話着信を受ける/終話など操作が可能。さらにGoogle™アプリやSiri®による音声検索も利用可能。
※Googleアプリはスマホの仕様やアプリVerにより対応しない場合がある。

Sony STH50Cの本体購入
他のイヤホン記事を閲覧したい
イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
他のヘッドホン記事も閲覧したい
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...
Sony製品の記事を閲覧したい
Sony 製品
Sony 製品 をご紹介します。 ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント