Sony Xperia 5 超縦長サイズで2019年10月SIMフリー版が登場

スポンサーリンク
Sony Xperia 5スマホ 情報
スポンサーリンク

Sony Xperia 5 超縦長サイズで2019年10月SIMフリー版が登場 機能やスペックを紹介!

Sonyより、エクスペリアのフラッグシップ機として『Xperia 5』が2019年10月にSIMフリー版として登場!アスペクト比が21:9のCinemaWide™ディスプレイを搭載し、HDR10に対応もしているので高品質の画質を楽しめる。最適なサイズで手にフィットするようテストされているので、精密に設計された金属フレームを備え美しいデザインが際立つ。

仕様はCPUにスナドラ855を採用し、メモリーは最大で6GB+128GB。メインカメラはトリプルレンズ仕様で1200万×3機能面として高速で連続撮影ができたりインカメラはHDRへ対応したシングルレンズ800万を搭載する。

そのほか気になる機能は、WiFi接続時に接続状況を予測し自動でLTEへ切り替えたりバッテリーは高速充電に対応した3,140mAhを搭載。サウンド面はドルビーアトモス、LDAC、DSEE HXの3神機能への対応や防塵防水にIP65/IP68など全部入を実現している。

気になる価格は、約94,000円前後で10月上旬に発売となりカラーバリエーションはブルー・レッド・ブラック・グレーの4種類を用意。
スポンサーリンク

『Sony Xperia 5』の最新SIMフリースマホの機能や性能は?

Sony Xperia 5 見出し2

Sony Xperia 5のディスプレイは?

6.1インチ 有機EL対応のフルHD+(2,520×1,080)でアスペクト比は21:9のワイドシネマへ対応。ブラビア高画質化技術=X1 for mobileを完備しているので、SDR映像をハイダイナミックレンジ(HDR)相当へ変換可能なHDRリマスターが使える。またゴリラガラス6採用で、画面が割れにくい。

そのほかの機能としてサイドボタンに指紋認証センサー搭載でロックの解除ができたりステレオスピーカーを本体上下に完備。

Sony Xperia 5のパフォーマンスは?

CPUはSnapdragon 855 OctaCore(2.84GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4)にメモリーは6GB+64GB/128GB。ストレージは高速UFS 3.0対応で、銃よりも約2倍に高速化された規格。ゲームなどのローディングが高速に!

写真や動画のデータを多く保存したい方はmicroSDカードが最大512GBまで使用可能なので、購入しておくと良いだろう。

データ保存をもっと多く使いたい方はクラウドもアリ!

クラウドサービスを無料で使おう!! 厳選5つ 2016年 最新版
PCやスマホを使えば使う程、ファイルが貯まっていきパンク状態に。 また外へ出かければ写真を撮ったり、動画を使い撮影など簡単に出来てしまう時代です。 スマホアプリで手軽に使えるクラウドサービスを利用すれば、もっと快適にネットを楽しめる。

Sony Xperia 5のカメラ性能は?

背面のメインカメラはトリプルレンズ仕様1,200万(F値1.6メイン)+1,200万画素(F値2.4望遠)+1,200万画素(F値2.4超広角)光学手ブレ補正や2倍ズーム、AIによるポートレート撮影、Eye AF、HDRへ対応
セルフィー撮りのインカメラはシングルレンズ仕様の800万画素(F値2.0) LEDフラッシュやHDRへ対応し、動画は4KやHDR、24fpsでの撮影が可能。

Sony Xperia 5のその他の機能は?

◦バッテリー容量は3,140mAhで、高速充電(18W)が使用可能。
◦ゲームエンハンサー搭載で、着信の通知をオフや、カメラキーを無効にしたり設定を微調整してゲームのパフォーマンスを改善できバッテリーの寿命を最大限に延ばせる。
◦ゲーム機能ではゲームプレイ、顔、解説を同時に記録し、お気に入りのサイトへにアップロード。ボイスチェンジャーも搭載で、ゲームの解説を楽しむことも可能。
◦サウンド面ではワイヤレスでもハイレゾ相当の音源を楽しめるLDAC機能やCDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当へアップスケーリングするDSEE HX。もちろんハイレゾにも対応しているので、高音質サウンドが楽しめる。
◦防塵防水はIP65/68対応で、粉塵の入らない耐塵型、水や本体を水没させても浸水に耐久がある防水性能を搭載。
◦OSはAndroid 9.0(Pie)を搭載。

SIMカードについてはこちらや下記を参照

Sony Xperia 5のスペックは?

Sony Xperia 5 スペック

サイズ:高さ158×幅68×厚み8.2mm
重さ:約180g
カラー:ブラック/グレー/ブルー/レッド
OS: android 9.0 Pie
CPU:Snapdragon 855 OctaCore(2.84GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4)
GPU:Adreno640
RAM&ROM:6GB+64GB/128GB
MicroSDカード:最大512GB
ベンチスコア:Antutu7=368,000/Geekbench4.1 シングル=3,,500 マルチ=11,000
バッテリー容量:3,140mAh(18W急速充電対応)
ディスプレイ:6.1インチ 有機EL フルHD+(2,520×1,080)  449ppi
アスペクト比:21:9 ゴリラガラス6
カメラ:メインカメラはトリプルレンズ仕様1,200万(F値1.6メイン)+1,200万画素(F値2.4望遠)+1,200万画素(F値2.4超広角)光学手ブレ補正、2倍ズーム、HDRへ対応
インカメラは800万画素(F値2.0) LEDフラッシュへ対応
動画撮影:2,160p @960fps
防塵防水:IP65/IP68
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz) 5CA対応 4×4 MIMO
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat.19/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
セキュリティ:指紋認証有り
防塵防水:非搭載
SIMカード:nano SIM×2 デュアルSIM仕様※1(DSDS対応)
その他1:USB Type-C(1.0)対応
その他2:VoLTE対応
その他3:LTE1~5/7/8/12/13/17/19/20/25~29/32/34/38~41/46/66(ドコモは3G&4G対応でソフトバンク&auはBand8プラチナバンドへ対応)※bandについて詳しくはこちら
その他4:aptX HD
その他5:Dolby Atmos

※1 DSDS

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

Sony Xperia 5本体購入はebayより

SONY Xperia 5 4G 128GB Mobile Phone Bundle Unlocked BRAND NEW WARRANTY | eBay
The Network of the products will be stated in title eg Unlocked, Vodafone etc. ,if applicable. The Photo is for showing purposes only, does not represent actual...
NEW Sony Xperia Z5 Premium E6833 Dual 4G 32GB Black 4G LTE 4K LCD Unlocked Phone | eBay
Sony Xperia Z5 Premium E6833 Dual 4G 32GB � SmartPhone. A super-vivid and sharp display, right in the palm of your hand. The Xperia Z5 Premium scales up ...
Sony Xperia 5関連商品
同時に良い音出すイヤホンも購入したい
イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
自分はヘッドホン派って方
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...
Sony Xperia 5でANKER製品
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。 ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もしくはヤフオクなどで検索する方も少なからず居ると思います。

Sony Xperia 5でTronsmart製品

Tronsmart製品をスマホやタブレットで使いこなす!
スマホやタブレットを購入した際、バッテリーや接続コードを追加購入する方は多いハズ。「Tronsmart製品」は、幅広く認定されたクアルコムクイックチャージ製品を扱っておりanker製品と似ている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント