SteelSeries ゲーマー向けコスパ良好【Rival 110】マウス登場!

スポンサーリンク
SteelSeries Rival 110 見出し1&アイキャッチ画像PC関連
スポンサーリンク

SteelSeries ゲーマー向けコスパ良好【Rival 110】マウス登場!

SteelSeries Rival 110 見出し1&アイキャッチ画像

SteelSeriesゲーミングマウス右手用が国内でも販売を開始した!
上位モデルSensei 310やRival310も大人気で光学センサーであるTrueMoveを【Rival 110】も搭載する。またブレを極限まで抑える1to1 trakingへも対応する。

ボディは見た目シンプルだが、そのシンプルの中にしっかりとしたグリップ感はやはりSteelSeries製品と言うべきだろう。

細かな点は下記へ掲載するので、購入の参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク

 SteelSeries ゲーマー向けコスパ良好【Rival 110】スペック

SteelSeries Rival 110

◦本体タイプ:オプティカルマウス

センサー名:SteelSeries TrueMove1

カラー:ブラック

サイズ:D120.6mm×W58mm×H38.12mm

重量:87.5g

◦ボタン数:6

ケーブル長さ:約2m

CPI:200~7200

IPS:240

加速度:30gs

ボーリング間隔:1ms

◦対応OS:Windows/Mac/Linux

グリップデザイン

6ボタン右利き形状でスポンサー付きスポーツ選手からのフィードバックで洗練されている。ライバル110両面に耐久性あるテクスチャーがあり、グリップ性を最大限に引き出す。

最大耐久性

3000万回クリックが保証されたスイッチを装備した左右マウスボタンは、競合するゲーマーの要求に応え、何年もの一貫したクリックを提供される。

小型軽量

軽量で超耐久性のある素材は、マウスの重さを87.5gに減らし、手で素早く自然な動きが可能。軽くてもグリップはしっかりとしてる為、使いやすい!

TrueMove1

業界リーダーPixArtと独占的に構築された7,200CPI、240 IPS光センサーで、TrueMove1は、CPIの焦点を当てるのではなく、真の1対1トラッキングのために設計された。
マウスパッドで特定の距離を動かすと、レイテンシ、補間、ジッタ低減に影響を与えずに、画面上で正確に同じ正確な距離が得られる。

小さい手、大きい演劇

ライバル110の形状は、爪グリップと指先グリップのどちらを配備しても、長時間の激しいゲームセッションにも最適な快適性を楽しめる。

 

気になる価格は6000円前後とスティールシリーズの中ではかなり安価の部類に入る。
イルミネーションで光らせる事も出来るか、地味に使えば職場でも十分機能するマウスと言える。どうせならマウスのグリップをよりよくする為にパッドも同時購入が一番しっくりくるだろう。
購入前に出来るだけ店頭で耳へ装着してみたり、Amazonなどのレビューなども参考にする事をオススメします。

SteelSeries Rival 110】がほしい方はこちら

 
 
 その他、の製品がほしい方はこちら
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント