UMIGIDI A5 Pro 良コスパなSIMフリースマホが2019年5月に登場

スポンサーリンク
Proスマホ 情報
スポンサーリンク

UMIGIDI A5 Pro 良コスパなSIMフリースマホが2019年5月に登場!機能やスペックは?

UMIDIGIより、2万円を切る良コスパなSIMフリースマホ『UMIDIGI A5 Pro』が技適予定でAmazonで購入可能になったのでご紹介。

2019年5月にUMIDIGI A5 Proは登場し、発売当初よりかなりウワサになっていた端末。気になるスペックは、6.3インチフルHD+(2,280×1,080)にCPUにはHelio P23(最大2.0GHz)にメモリーが4GB+32GB。カメラはメインに1600万画素トリプルカメラ仕様にセルフィーも同じ1600万カメラを採用。

防水は非搭載だが、セキュリティに指紋認証とフェイス認証を搭載。またバッテリーはMicro USBへ対応した4,150mAhとなかなかの容量となる。ミドルクラスの性能にして現在の販売価格はAmazonにて約14,000円を切る良コスパを実現している。

Meet the UMIDIGI A5 Pro & Huge Giveaway!

詳しい性能については下記へ掲載したので、購入の参考にどうぞ!

スポンサーリンク

『UMIDIGI A5 Pro』最新SIMフリースマホの機能や性能は?

UMIDIGI A5 Pro 見出し2

UMIDIGI A5 Proのディスプレイは?

6.3インチのフルHD+(2,280×1,080)  にアスペクト比が19:9。ウォータードロップスクリーンによる鮮明な色と水滴型ノッチ搭載で画面占有率が92.7%とかなりの広範囲で画面を有効に使える。また両面2.5D曲面ガラスと金属製のフレームにより手の中へしっかり握れる。その他、セキュリティに指紋認証とフェイス認証の2枚看板が使える。

UMIDIGI A5 Proのパフォーマンスは?

CPUにはミドルクラスの性能をほこるMediaTek HelioP23 OctaCore(2.0GHz×4+1.5GHz×4)にメモリーが4GB+32GB。データ保存を多くしたい方はmicroSDカードが最大256GBまで使用可能なので、購入しておくと良いだろう。

データ保存をもっと多く使いたい方はクラウドもアリ!

https://xn--h9j1a4evb.com/work/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%92%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%8A%E3%81%86

UMIDIGI A5 Proのカメラ性能は?

背面のメインカメラはトリプルカメラ仕様でSony製IMX398の1,600万メイン(F値1.8)+800万画素超広角120°(F値不明)+500万画素深度(F値不明)デュアルLEDフラッシュ、ポートレートによる背景のボケ効果の演出やHDRへ対応。昼夜問わず広角画像を楽しめる。
セルフィー撮りのインカメラは1,600万画素(F値2.0) クリアな自撮りをはじめ、セルフィーカウントダウンへ対応。動画についてはオーソドックスな1,080p @30fpsに対応。

UMIDIGI A5 Proのその他の機能は?

◦バッテリーは4,150mAhに(10Wの急速充電へ対応。

◦OSはAndroid 9.0(Pie)を採用。

SIMカードについてはこちらや下記を参照

UMIDIGI A5 Proのスペックは?

UMIDIGI A5 Pro スペック

サイズ:高さ156×幅75.9×厚み8.2mm
重さ:203g
カラー:スペースグレー/ブレッシングクリスタル
OS: android 9.0 Pie
CPU:MediaTek HelioP23 OctaCore(2.0GHz×4+1.5GHz×4)
GPU:Mali-G71 MP2
RAM&ROM:4GB+32GB
MicroSDカード:最大256GB
ベンチスコア:Antutu=67,000/Geekbenchシングル=680 マルチ=3,000
バッテリー容量:4,150mAh(10W急速充電対応)
ディスプレイ:6.3インチ フルHD+(2,280×1,080)  400ppi
アスペクト比:19:9 画面占有率92.7%
カメラ:メインカメラはトリプルカメラ仕様でSony製IMX398の1,600万メイン(F値1.8)+800万画素超広角120°(F値不明)+500万画素深度(F値不明)デュアルLEDフラッシュ、ポートレート、HDRへ対応。
インカメラは1,600万画素(F値2.0) セルフィーカウントダウンへ対応
動画撮影:1,080p @30fps
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v4.2
セキュリティ:フェイス認証&指紋認証有り
防塵防水:非搭載
SIMカード:nano SIM×2 デュアルSIM仕様※1(DSDV対応)
その他1:Micro USB2.0へ対応
その他2:3.5mmオーディオジャック搭載
その他3:VoLTE対応
その他4:OTGサポート(USBからデータを直接読み込める機能)
その他5:LTE1~5/7/8/12/13/17~20/26/28/66(ドコモは3G&4G対応、au&ソフトバンクはBand8プラチナバンドへ対応)※bandについて詳しくはこちら

※1 DSDV

上記に書いたDSDVだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。


<使い方の例4>
DSDV(Dual SIM Dual VoLTEの略)は、2枚のSIMで同時待受でき、通話&通信が片方ずつ可能。

UMIDIGI A5 Proの本体購入はAmazonより

UMIDIGI A5 Proの関連商品

同時に良い音出すイヤホンも購入したい
イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
自分はヘッドホン派って方
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...

UMIDIGI A5 ProでANKER製品を使いたい

【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。 ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もしくはヤフオクなどで検索する方も少なからず居ると思います。

UMIDIGI A5 ProでTronsmart製品を使いたい

Tronsmart製品をスマホやタブレットで使いこなす!
スマホやタブレットを購入した際、バッテリーや接続コードを追加購入する方は多いハズ。「Tronsmart製品」は、幅広く認定されたクアルコムクイックチャージ製品を扱っておりanker製品と似ている。

他のスマホ記事を閲覧したい

スマホ
SIMフリー中心にスマホ最新情報をお届けします。 筆者はらちんは、android派の為 基本アンドロイド端末の紹介となります。 イヤホンやアプリも紹介しているので、気になる方は別カテゴリーで検索すると色々掘り出し物が出てきます。 ◦ASUS...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント