Vivo V17 pro デュアルポップアップカメラ搭載で登場 気になる性能は?

スポンサーリンク
Vivo V17 proスマホ 情報
スポンサーリンク

Vivo V17 pro デュアルポップアップカメラ搭載で登場 気になる性能やスペックをご紹介!

Vivoより、3200万でセルフィー撮りが可能なデュアルポップアップカメラ搭載スマホVivo V17 pro』が2019年9月に登場したのでご紹介。世界初となるデュアルポップアップ式カメラは特長で3200万のメインカメラと800万の超広角仕様なため、自撮りで複数の友人を一緒に撮ったり、背景を広く撮影できるのでさらにカメラを使うのが楽しくなるに違いない。

vivo v17 proの基本的な性能は、6.44インチFHD+(2,340×1,080)ディスプレイで有機ELへ対応し、約0.39秒でロックを解除可能なディスプレイ内指紋認証にも対応。

パフォーマンスはCPUがスナドラ675(オクタコア最大2.0GHz)メモリーが8GB+128GB。メインカメラには4800万+1300万+800万画素+200万のクアッドレンズ仕様でメインの4800万はソニー製をカメラを使用している。

カラーはMidnight OceanとGlacier Iceの2色展開し、価格はインドで29990INR(46,000円)で発売されている。

Vivo V17 pro 見出し2

 

Vivo V17 Proその他の機能は?

◦バッテリー容量は4,100mAhで、高速充電(18W)が使用可能。

◦マルチターボアクセラレーション搭載により、ゲーム内のカウントダウンをはじめ、フレームの欠落防止を可能とした速度低下を抑制機能搭載。

◦すべてのゲームデータを1か所で閲覧できるGame Centerを搭載。CPUをはじめ電話温度や、データワークロードに関する情報をすばやく確認可能。

◦ウルトラゲームモードにすれば、メッセージや警告をオフにできるのでゲームへ没頭できる。

◦ゲーム中、ボイスチェンジャーを使えば好きなように声を変換できるのでプライバシーを保護できたりチームメイトを笑わせることも!?

◦スタートボタンによるGoogleアシスタント機能やJovi Image Recognizerにより写真から検索することなどが可能。

 

OSはAndroid 9.0(Pie)ベースFuntouch OS9を搭載。

SIMカードについてはこちらや下記を参照

スポンサーリンク

Vivo V17 Proのスペックは?

サイズ:高さ159×幅747.7×厚み9.8mm
重さ:201.8g
カラー:ミッドナイトオーシャン/グレーシャーアイス
OS: android 9.0 Pie ベース Funtouch OS 9.1
CPU:Snapdragon 675 Octa core(2.0GHz×2+1.7GHz×6)
GPU:Adreno612
RAM&ROM:8GB+128GB
MicroSDカード:最大256GB
バッテリー容量:4,100mAh(18Wデュアルエンジンファーストチャージング高速充電対応)
ベンチスコア:Antutu7は174,000/Geekbench4.1はシングル2,300にマルチが5,800
ディスプレイ:6.44インチ スーパーAMOLEDフルHD+(2,400×1,080)  409ppi
アスペクト比:20:9 画面占有率不明%
カメラ:インドモデルではクアッドレンズ仕様でメインカメラは4,800万(メインF値1.8)+1,300万画素(望遠F値2.5ワ)+800万画素(超広角&マクロ2.5cm F値2.2)+200万画素(深度F値2.4)
タイモデルもクアッドレンズ仕様でメインカメラは4,800万(メインF値1.8)+800万画素(超広角F値2.2)+200万画素(マクロF値2.4)+200万画素(深度F値2.4)

インカメラ(セルフィー)はデュアルポップアップカメラ仕様で3,200万画素(メインF値2.0)+800万画素(超広角F値2.2)

メイン&インカメラ両方にフラッシュを搭載し、HDRをはじめポートレートボケ(フロントカメラとリアカメラの両方)やパノラマ、リアカメラのみ4K動画。音声コントロールやジェスチャー機能、ARステッカー、スーパーナイトモード、Jovi画像認識、AIシーン識別、AIスーパーワイドアングル、スーパーマクロ、2倍光学ズーム、10倍デジタルズームなどの機能が使える。

動画撮影:2,160p @30fps
無線LAN規格:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz)
通信:FDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM
パケット:LTE Cat.6/HSPA+/EDGE/GPRS
Bluetooth:Bluetooth v5.0
セキュリティ:画面内指紋認証センサー内蔵
防塵防水:非搭載
SIMカード:nano SIM×2 デュアルSIM仕様※1(DSDS対応)
その他1:USB Type-C(1.0)搭載
その他2:LTE1/3/5/8/38~41(ドコモは3G対応でソフトバンクはBand8プラチナバンドへ対応)※bandについて詳しくはこちら

※1 DSDS

上記に書いたDSDSだが、どんな事って?って方も多いと思い簡単に説明を。

2枚のSIMを本体へ挿入する事が可能」となるのが特徴。
<使い方の例1>
SIMをプライベート用+仕事用で使う事で、通話発信時「使用する回線を選択」出来る。
その為、逆に双方の着信を受ける事も可能な為、「複数番号を1台のスマホで持つ」事が出来る。


<使い方の例2>
SIMを音声通話用+データ通信用を使う事で、「音声は大手キャリアの定額用」へ対応させ データ通信用は「価格の安いMVNOのSIM」を使う事で月額のコストを抑える事可能となる。


<使い方の例3>
SIMを大手キャリ用SIM+価格の安いデータ通信用SIMを使う事で、「キャリア回線の通信容量を使い切り」、その後「価格の安いデータ通信用を使えばデータチャージするより通信費のコストを抑える事」が出来る。

Vivo V17 proの本体はebayより

Vivo V17 Pro Ocean 128GB 8GB RAM 6.44" 48+13+8+2MP Dual Front Camera Unlocked. | eBay
Vivo V17 Pro (Midnight Ocean, 128 GB) (8 GB RAM). Handset, Earphone, User Manual, Type-C to USB Cable, USB Power Adapter, Sim Ejector Pin, P...
Error Page | eBay
Vivo V17 Proの関連商品は情報が入り次第お伝えします。
Vivoの他のスマホを閲覧したい
Vivo
中国新興メーカーとなるViVoは、Oppoの系列会社となり販売台数は2018年で世界第6位となるSIMフリースマホのメーカーへ急成長中!ミドル価格とミドル性能を多くラインナップされており、近頃の動きとしてはインカメラが本体から飛び出すポップ...

同時に良い音出すイヤホンも購入したい

イヤホン
イヤホン情報をご紹介! 左右完全分離イヤホンをはじめ、ネックタイプのイヤホンや通常のイヤホン、ゲーム向けイヤホンなどを紹介していきます。 ...
自分はヘッドホン派って方
ヘッドホン
ヘッドホン情報をご紹介! BOSEをはじめ、Sony製品などを中心に旬なヘッドホンを公開してます。さらにゲームで必要なゲームヘッドセットなどもあるので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまでゲーム内で使えると思えるヘッドホンまでどんどん公開...
ANKER製品を使いたい
【ANKER】製品を使い、スマホやタブレットを快適に使いこなす!
スマホやタブレットでオプションのバッテリーや別途接続コードを追加購入しようと思った事が一度はあると思います。 ネットで検索する時、たいがい検索するサイトはamazonか楽天?もしくはヤフオクなどで検索する方も少なからず居ると思います。

Tronsmart製品を使いたい

Tronsmart製品をスマホやタブレットで使いこなす!
スマホやタブレットを購入した際、バッテリーや接続コードを追加購入する方は多いハズ。「Tronsmart製品」は、幅広く認定されたクアルコムクイックチャージ製品を扱っておりanker製品と似ている。

他のスマホ記事を閲覧したい

スマホ
SIMフリー中心にスマホ最新情報をお届けします。 筆者はらちんは、android派の為 基本アンドロイド端末の紹介となります。 イヤホンやアプリも紹介しているので、気になる方は別カテゴリーで検索すると色々掘り出し物が出てきます。 ◦ASUS...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント