Word Press plug in WP-Appbox (28年度版)にオマケ付き

wordpress plug in wp-appboxアイキャッチ画像 他ジャンル

Word Press plug in WP-Appbox (28年度版)

ブログでスマホアプリを紹介する為のツール、WP-Appboxを使いWordPressで綺麗にアプリのバナーを表示させよう!!

WP-Appboxとは!?

WP-Appboxは主にiPhoneでよく使う「App Store」やAndroidで使う「Google Play」を自身のブログで簡単に表示させる事が可能です。
画像を切り取ってリンクを挿入させる手間を省くので記事を書く時間も劇的に短縮出来ます。

WP-Appbox(インストール編)

では早速WP-Appboxインストールの手順に入ります。

ダッシュボードより

①プラグインにカーソルをあてる。

②新規追加をクリック。

wordpress plug in ダッシュボード画面 新規追加


③キーワード欄に「WP-Appbox」と入力して決定。

④WP-Appboxの「今すぐインストール」をクリック。

word press plug in wp-appbox install


⑤プラグインを有効化をクリック。

word press plug in wp-appbox プラグインを有効化

 

以上でインストール終了です。

WP-Appbox(日本語化編)

WP-Appboxは英語表記の為、日本語化を利用した方が良いと思います。
「タノコレさん」にアクセスして日本語化ファイルをインストールしましょう。
日本語化が不要な方は、基本設定編へ移行して下さい。

 

タノコレさんサイト
サイトにアクセスしたら「CTRL+F」でWP-Appbox 日本語化ファイルと入力
してEnterキーを2回押せば目的のファイルがダウンロード出来ます。

念の為、WP-Appbox日本語化ファイルのインストール手順を明記します。
<インストール手順> ※例は(Windows10にて)

デストップの左下にあるウィンドウズマークを左クリック。

エクスプローラーをクリック。

ダウンロードをクリック。

ファイル名:WP-Appbox-Version-3.2.17.zipをダブルクリックして解凍。

デスクトップ画面に解凍されたファイルが出現するのでそれをダブルクリックで開く。

ファイル名:WP-Appbox(Version 3.2.17)をダブルクリック。

wp-appbox-ja.moとwp-appbox-ja.poを「CTRLボタンを押しながら左クリックを押す」。カーソルを動かして同じように押す。
画像通り、反転したら一度最小化しておく。
wordpress plug in wp-appbox日本語化手順1

次にクライアントソフトを立ち上げる。
筆者は「FFFTP」を使用の為、FFFTPにて進めます。

FFFTPをダブルクリックでソフトを立ち上げます。

自身のサイトのアドレスを確認して接続ボタンをクリック。

もう一度自身のサイトファイルをダブルクリック。

次にpublic_htmlをダブルクリック。

wp-contentをダブルクリック。

pluginsをダブルクリック。

wp-appboxをダブルクリック。

langをダブルクリック。

開いたファイル内に先程最小化したファイルを左ドラッグで引っ張りファイル内にドロップする。これでインストール終了です。

word press plug in WP-Appbox日本語化その2

 

これで一度、ダッシュボードより更新ボタンを押しチェックしてみよう。
チェックする場合は、設定にカーソルをおき、WP-Appboxをダブルクリックする。
項目が日本語になっていれば、インストールされた事が確認出来ます。

wordpress plug in wp-appbox日本語化後の画面

※日本語化後の画面※

WP-Appbox(設定編)

WP-Appboxの設定は
ダッシュボードより

設定にカーソルをおく。

WP-Appbxをダブルクリック。

wordpress plug in wp-appbox設定画面

各種設定を項目毎に説明します。

WP-Appboxの一般的な出力設定

上部タブより、「出力」をクリック。

下記画面が表示されます。

wordpress plug in wp-appbox基本設定の出力設定画面


①デフォルトの表示モード:

出力する画像をここで(4択)より選びます。
・上記はスクリーンショット表示となります。
・シンプル表示(デフォルト)

wordpress plug in wp-appbox基本設定の出力設定デフォ

・スクリーンショットのみ

wordpress plug in wp-appbox基本設定の出力設定nomal

・コンパクト表示

wordpress plug in wp-appbox基本設定の出力設定コンパクト

お好みでお好きな表示を選んで下さい!!


②Watchアイコン:

App Storeのみ、ここにチェックすればApple Watchアイコンを表示出来ます。


③カラー ストア アイコン:

カラーのストアアイコンを表示したい方は、チェックを入れた状態(デフォルト)でokです。


④アプリの評価:

アプリを評価する星表示」を選択出来ます。
・デフォルトではモノクロスター(上記)となります。
・カラフルスター

wordpress plug in wp-appbox基本設定の出力設定カラー

・スターを隠す

wordpress plug in wp-appbox基本設定の出力設定スターを隠す

こちらもお好みで選んで下さい。


⑤ダウンロードボタン:

ダウンロードボタンの表記文字を入力変更可能
デフォルトでは「ダウンロード」となっています。


⑥Nofollow:

リンクタグに「nofollow」を付与します。
デフォルトではnofollowにチェックされてます。


⑦リンクを新規タブで開く:

リンク先を新規タブ 又は新規ウィンドウで開きたいかどうか
デフォルトでは新規ウィンドウが開かれます。

設定が完了しましたら、「変更を保存ボタン」をクリックして下さい。


WP-Appboxのキャッシュ

上部タブより、「キャッシュをクリック。

下記画面が表示されます。

 wordpress plug in wp-appbox基本設定のキャッシュ画像

パフォーマンスに影響を及ぼす為、無理して設定変更する必要は有りませんが説明だけします。


⑧データのキャッシュ:

分単位でデータのキャッシュを行います。
デフォルトでは5時間に1度キャッシュを実行します。
推奨は600分の10時間に1度キャッシュとの事ですが、、、


⑨自動キャッシュを無効:

管理者を除き、キャッシュの自動更新を無効に出来ます。


⑩投稿キャッシュの削除:

キャッシュプラグインを導入していれば、キャッシュを手動で削除した場合に投稿キャッシュも削除されます。
対象プラグインはこちら↓
・Cachify
・W3 Total Cache
・WP Supaer Cache
・WP Rocket
・WP Fastest Cache
・ZenCache
・Cache Enabler

オススメはW3 Total Cacheです。当ブログでもW3 Total Cacheのご紹介アリますのでそちらを参考で。

設定が完了しましたら、「変更を保存ボタン」をクリックして下さい。


WP-AppboxのアフィリエイトID

Apple AppやAmazon等のアフリィエイトIDをお持ちの方は、ここで設定する事によりリンク先にアフリィエイトIDが付与されます。持ってない方でもプラグイン開発者のアフリィエイトIDを設定可能です。

wordpress plug in wp-appbox基本設定のアフリィト画像


⑪(Mac)App Store & App Store:PHG:

プラグイン開発者のIDを使用する場合、「App Store開発者のIDを使用するにチェック」を入れて下さい。
またAffiliate Tokenには自分のPHGアフリィエイトトークンが有れば入力を。持っていない場合、未入でも大丈夫です。


⑫Amazon Apps:Amazon PartnerNet:

プラグイン開発者のIDを使用する場合「Amazon Apps開発者のIDを使用するにチェック」を入れて下さい。
またAmazonのPartnerNet IDを持っている方はIDをここに入力して下さい。


⑬Windows Store:Microsoft Private Affiliate Program at TradeDoubler:

Microsoft Private Affiliate ProgramのIDを持っていない方はここをチェックでプラグイン開発者のID使用となります。
またPHGなどアフリィエイトIDを持ってる方Country/Program IDとyour Site ID:にID入力して下さい。


⑭カスタムアフィエイトID:

その他、ご自分のIDをお持ちで有れば、チェックを入れて下さい。

設定が完了しましたら、「変更を保存ボタン」をクリックして下さい。


WP-Appboxのエディッターボタン

ビジュアルエディッタ画面にショートコードボタンを設定出来ます。
Appboxボタン又は、各ストアのボタンをそれぞれ個別に設置可能です。

ボタンの表示方法により設定を簡単に変える事が可能です。
・全て表示
・全てAppboxボタン内に表示
・表示しない
カスタム設定(下記画像を参照)

wordpress plug in wp-appbox基本設定のエディッターボタン

 

4つのボタン表示が選択出来、カスタム設定ではストア毎のボタンが用意されてます。
・Appboxボタン
・ビジュアルエディッタ
・テキストエディタ
・非表示
カスタムの為、必要なボタンのみ設定可能です。

設定が完了しましたら、「変更を保存ボタン」をクリックして下さい。
念の為、設定が反映されているか確認しましょう。

Word Press Plug In WP-Appboxツールアイコン表示

先程ビジュアルエディッタにチェックした項目が反映され
投稿編集中、アイコンを使用で簡単にアプリを紹介出来るようになります。ここはよく使うアイコンのみ表示させれば良いと思います。

 


WP-AppboxのストアURL

ストアURLでは使用したい言語をプルダウンより選択して下さい。「japan」を選択すれば、日本語のアプリ紹介となります。

デフォルトではドイツ語の「Germany」が選択されてます。(下記参照)

Word Press Plug In WP-Appboxツールアイコンデフォ

これを日本語へカスタマイズしていきます。

 

word press plug in 基本設定 ストアURL

今回はあくまでもブログでスマホアプリを紹介する事が目的なのでGoogle Play Apps:欄のプルダウンより、「Use own URL」を選択する事で手動にてURLを設定出来るようになります。
更に空欄にはhttps://play.google.com/store/apps/details?id={APPID}&hl=jp を入力。これでひとまず設定は終わりました。

設定が完了しましたら、「変更を保存ボタン」をクリックして下さい。

Amazonや他を知りたい方は、タノコレさんにアクセスして下さい。


WP-Appboxの高度な設定

タイトル通り高度な設定の為、無理に設定を変更する必要はないと思います。

Word Press Plug In WP-Appbox高度な設定

スタイルシートとスクリプト:

無効化したい場合チェックを入れて下さい。(基本デフォルトでokです)


エラーとトラブルシューティング:

特質する項目は有りませんのでこちらもノーチェックで構いません。


実質的な設定:

Apple App StoreのSSL化は実験的な機能との事で・・・
確認がしっかりとれませんでした。


HELP:

各アプリ毎にアプリ固有IDが掲載されており、このIDを使う事記事中に表示する事が出来ます。

Word Press Plug In WP-Appbox高度な設定

HELPではIDイメージがこんな感じかなとわかれば良いと思います。


WP-Appbox(使い方編)

 

では実際のWP-Appboxの使用方法を使い方編でマスターし、自身の記事の表示してみよう!

Google Playの場合:

Word Press Plug In WP-Appbox使い方編 アイコン

googleアイコンをクリックする。

クリックすると下のboxが表示される。
[appbox googleplay ]

一旦別窓でGoogle playで紹介したいアプリ画像を出す。

Word Press Plug In WP-Appbox使い方編iconコピー

上記画像を参考に「id=以降をコピーか切り取りをする」

[appbox googleplay com.rubycell.pianisthd]

ポイントは「スペースを入れておく。」

結果はご覧の通りです。
上記は「スクリーンショット表示」となりましたが、その他に
先に説明しました出力の項目でデフォルトの表示モードを変えれば、「シンプル表示・スクリーンショットのみ・コンパクト表示」

合計4種類表示方法が有りますのでサイト毎に使い分けるのも良いかと思います。

WP-Appbox(まとめ)

WP-Appboxはスマホ向けのアプリを簡単にWordPressで簡単に表示(掲載)出来る所に魅力が有ります。
またApp Storeではアフリィエイトにも対応しているので、リンクにアフリィエイトコード挿入する事で宣伝効果を発揮する事が出来るので役立つプラグインの1つだと思います。

WP-Appbox(オマケ)

WP-Appboxのオマケとは・・・実はWP-Appboxについてではなく「アプリ紹介を簡単に出来る」もう1つ別のやり方をご紹介しておきます。

名前は「アプリーチ!!」です。

このアプリーチはなんといってもAndroidiphoneアプリを同時掲載出来るという優れモノです!

<使い方>

アプリーチのリンク先へ飛ぶ

アプリーチ

アプリーチへアクセス後、掲載したいAndroid/iphoneアプリ名を①で入力して検索。

Word Press Plug In WP-Appbox アプリーチ画面&使い方


ではみなさんご存知のアプリを例にしてみます。
①でアプリ名を入力「パズドラ」

Word Press Plug In WP-Appbox アプリーチサンプル画像

②ブログパーツ作成がブログで紹介される内容となります。

③ここでコードをコピーして貼り付けを行います。
注意:貼り付ける際、ビジュアルモードで記事を作成してる方は、テキストに一度変更してから貼り付けます。

パズドラ攻略

パズドラ攻略
開発元:AppBank Inc.
無料
posted with アプリーチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント