メモして勝ち組! Evernote(エバーノート) web編

ザ・仕事術

オンラインメモツール Evernote

 

FireShot Capture 85 - 大切な仕事のためのワークスペース I Evernote - https___evernote.com_intl_jp_

 

EverNoteはノート(ファイル)を作る事が非常に簡単!

 

EverNote(エバーノート)とは!?

ever見出し2

 

・情報を保存する為のツール。
・気になる情報をメモして保存!
・メモした内容はクラウド上で自動同期されバックアップ可能。
・スマホ等にメモを共有可能。
・月間の転送量は、実質上限無し。
すべての端末で利用可能!
・リマインダーやToDoリスト作成可能。

 

EverNoteの始め方について(登録編)

使う前にまずは登録だ!。
①検索エンジンで「EverNote」で検索。
②「大切な仕事のためのわーくスペース」をクリック。

 

検索結果ever

③クリック後、EverNoteの画面が表示されるので今度は「右上のメニュー」をクリック。

 

メニューever

※EverNote最初の画面※

④メニューより「アカウントを作成」クリック。
アカウントever

⑤普段使用しているご自分の「メールアドレス」と「お好きなパスワード」を入力すれば登録完了だ!

メアドever

登録お疲れ様です。

 

EverNoteログインについて(web編)

web版 ever

 

EverNoteの記事を書くにあたり色々とサイトを調べた結果、Web版が一番簡単で使いやすいと思ったのでweb版のやり方を記事に進めていきたいと思います。
もちろん好みにもよると思いますので念の為、ログイン出来るデバイスを記載しておきます。

・Windows Desktop版
・Mac版
・Web版
・Windows Touch for Windows版
・Windows phone版
・android版
・ipad,iphone,and ipod touch版

っとこれだけでざっと様々デバイスに対応しており、機能も少し違いが有りますのでweb版でまずは理解して進めていきます。

 

EverNote使い方について(基本編)

ここでは基本操作となるのでしっかり覚えておこう。

①サイドバー(左側)にある「+」にカーソルをあて、新規ノートを作成

 

新規ノートever

※サイドバー左の+を選択※
②この画面にファイルをドラッグしたり文字を書いたりしていく。
ドラッグever
はテキストの書式設定アイコンがずらりと並んでいるので必要に応じて編集等したい
場合書式ツールを活用しよう。
   ②で書きたい文章ややアップロードして画像などを保存して使っていこう。

 

EverNote使い方について(その他機能編)

予定を書いて後日記事をスケジュールに合わせ通知を受けたい場合、「リマインダー」機能    を使おう。
下記に赤で囲った所で設定が出来る。
大事な仕事や友達や彼女との約束等、大いに役立つはず。

 

リマインダー ever

※リマインダー機能でバッチリ管理!※

②ノート内に保存したコンテンツや添付ファイルそれにタグ等必要な言葉を探したい場合、
サイドバーにある「ノートの検索」を使おう!

検索ever

 

この機能は筆者も便利だと感じたのが、まずEverNote内全て検索対象となる所。もっと言ってしまえば、画像に含まれる活字や手書きの文字まで検索にヒットするという優れもの。

 

検索news ever
※検索入力画面※

尚、検索表示は下記のように「黄色マークでハイライト表示」されます。

検索黄色 ever

※ハイライト表示※

Evernoteでやるべき事について(知識編)

 

-shared-img-thumb-PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151_TP_V

何でもかんでもいれてしまいがちなEverNoteだが、以下のポイントを注意して使用していく事が重要です。

 

①更新しなくていい情報(追加作業が無い)を入れる。
②ノートブックを細分化しない。
③ノートブックへ全部しまう。
④よく見返す情報を入れる。

原則、この4つを守り、保存していくものを増やしていこう!

 

Evernote「もっと便利!」な使い方について(応用編)

-shared-img-thumb-max16011524-2_TP_V

 

EverNotoの使い方は、文字を書いて保存したり、画像を保存したり基本的な事は紹介しましたが、具体的にもっと賢く便利に使うにはどうすれば良いか!?
この応用編で書き留めておくので、是非参考にしてもらいたい。

①住所
②電話番号
③何度も閲覧したいサイトの記事
④アカウント登録情報
⑤添付ファイル(カレンダーなどもok)
⑥関連資料
⑦写真
⑧調べた事を貼る
⑨画像とメモを1つのファイルに残す
⑩請求書

オマケ

 

全ての端末で利用出来るので 同じユーザー名・パスワードを入力すれば、どの端末からでもノートを作成して表示出来ますので是非使っていこう!

次回はchrome版を紹介したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント