Feedly (フィードリー)を使い、ネット上における情報収集を極める!(前編)

ザ・仕事術

仕事で絶対役立つ!!Feedly(フィードリー)

 

Unsplash / Pixabay

 

Feedlyで気になる情報を入手出来る!

 

ネット上のニュースやブログ情報をいち早く入手すべく、直接サイトへ行かなくてもFeedlyを使う事で 様々な情報をチェックする事が可能です。
PCだけでなく、iOSやAndroid端末に対応もしているRSSリーダーです。
ちなみにRSSとは、Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)の略で

FreeCliparts / Pixabay

上記マークをブログやニュースサイトで一度は見かけた事があると思いますが、このRSSによって情報が更新されたかどうかわかる機能の事です。
RSSリーダーはその他存在すると思いますが、ここでFeedlyを理解さえすれば大丈夫です!

 

登録方法~PC編

 

ここではPCでの使い方を説明したいと思います。
・Feedlyは会員登録が必要ですが、下記のいずれかアカウントを持っていれば登録可能です。
・Google
・Twitter
・Facebook
・MSN
・Evernote
・Enterprise
・Feedly(登録済みの方)

登録見出し
Feedlyへアクセスすれば、上記画面が表示されるので

緑色で表示されているGet startedをクリック!

 

登録選択画面

クリック後、上記画面が別窓で表示されます。

今回はFacebookで登録で進めます。

ログイン

 

Facebookで登録を完了すると、上記画像が表示されます。
右下のOKをクリックして次へ進めます。

 

登録後の画面最初

OKクリック後、上記画面が表示されFeedlyを使えるようになる。

 

URLを登録してFeedlyを使う

 

上記画像内の虫眼鏡(search)に気になるサイトのURLを入力します。
・気になるサイトを開く。
・サンプルではらちん.comを検索してサイトを表示。
・サイト名、はらちん.comをコピーしておく。
・コピーしたサイト名を虫眼鏡に貼り付ける。

登録したいページ

貼り付けて決定後、上記画面となるので、緑色の+をクリックする。

登録される

確認画面が出るので左下にある緑色のADDを押し、確定させる。
はらちんでこうなる

確定後、登録されたサイトが表示されるようになる。

他のサイトのURLを追加登録したい場合
別サイトを登録する
手のカーソル位置 Add Contentを押す。
別サイト検索後

虫眼鏡(search)に追加したいサイト名を入力する。
検索ではSimplicityで入力してみました。
見える画像をプリント 別サイト

サイトが表示される。
登録したいサイトが見つかれば、緑色の+を押す。
選択後、別サイト画面最後

確認画面が表示されるので、追加確定で有れば緑色のAddを押す。
別登録後の画面表示
追加登録を終えると上記画面が表示される。

 

ChromeとFeedlyを連動させる

 

Chromeを使用の方ならFeedlyにアクセス無しで簡単に更新情報をキャッチする事が可能です。
追加コンテンツ

右上の三本線(レンチ)マークより、上記画面通り その他のツール~拡張機能を選択。
画面が切り替わったら一番下に有る、他の拡張機能を見るを選択する。
追加機能画像
左上のストア検索欄にFeedlyと入力して、検索をかける。
Feedly

Feedly Notifierを検索してChromeに追加ボタンを押す。
login

 

右上にFeedlyのアイコンが追加されるので、Loginする。
login画面

 

ここでもLoginはFacebookでしてみる。
結果

予め登録したサイトの未読情報が20となって表示される。
(登録サイトの内容により数字は異なる)
手の矢印のようにカーソルを合わせ、クリックすれば、未読を閲覧可能となる。

補足説明①~④クリック後の説明
まる1Feedly
①Feedly website=Feedlyサイトへジャンプ
②左より(Open all feeds) =該当記事へジャンプ
チェック印(Mark all as read) =未記事を全て既読にする
回転矢印(Up date) =記事の更新確認
③RSSタイトル=該当ページへジャンプ
④目のアイコン=記事が既読になる/チェック=記事の概要表示

カテゴリーを作成

 

登録したサイトをカテゴリー毎にファイルを分けたい場合、
Organize
左のカラム欄にある「Organize」を選択。
更新

NEW COLLECTIONの欄にドラッグ&ドロップで分けたいサイトを持ってくる。
その後、ファイル名を決め「Create」で決定する。
自分

決定後、上記のように変わる。
確認

念の為、変更されてるかどうか左のカラムを確認。できた!!
分類すれば、整理がしやすく見やすくなる。

 

次回

 

Preferencesの設定(表示設定)とスマートフォンでの使い方については後編で解説したいと思います。

これからブログを書く方や、ニュースをまとめて読みたい方などはこの記事を読み使いこなせば、忙しい時間を短縮する事が可能になりますので是非利用しみては如何でしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント