その瞬間を保存!「pocket」を使う!!(前編)

ザ・仕事術

pocketを使い、遊びもビジネスもポケットへ保存

FireShot Capture 32 - Pocket - https___getpocket.com_

 

Pocketって?

pocket

こんなマークを見た事はないでしょうか?そうですこれがpocketのマークです。
結構知っていると思いますが、実際どんなものなのか?
特徴:
・PCやスマフォで気になる記事を即登録可能
・登録後、後でまとめ読みや電波の届かない場所でも登録した記事を楽しく読めます。
(オフライン強し!)
・登録した記事は、キーワード検索やタグ付けして整理可能。
・クラウド機能でPC・スマフォどちらでも閲覧可能。
・保存した情報を、SNSから得た情報(FacebookやTwitterなど)を保存可能。
・保存した記事は溜まっていくだけで、整理が出来ない(デメリット)
ですので溜まった記事のデータは一時保存して、各SNSにアウトプットさせよう。
・溜めすぎないよう、閲覧やアウトプットしたらpocketから削除するのが理想。

登録した記事はダウンロードされている為、電車等で電波が不安定な場所やちょっとした検索で気になる記事が有って後で読もうってなった時、pocketを使えば解決!
記事の整理や見直しも簡単に行えるのでビジネスマンも必見だと思います。

 

pocketの使い方(PC登録編)

 

pocket登録

※pocket最初の画面※

まずは登録。今回はgoogleで登録を行う為、googleで登録ボタンをクリック。
googleアカウントをお持ちでない方は、メールアドレスでも登録が可能です。

 

pocket許可

許可をして暫く待てば、登録は完了。簡単だ!

 

pocketの使い方(google chromeアドオン編)

 

実はこれ、google chromeで上記作業を行った場合、アドオンを入れますかと出てくる。
他のブラウザも使っている可能性も含め、正規アドオンの方法を記載しておきます。

拡張

※chrome画面※

①右上にあるレンチアイコン(3本線)をクリック。
②いてその他のツールをクリック。
③張機能をクリック。
④こで拡張機能の画面へ切り替わるので、スクロールバーで下迄ページをスライドさせ「他の拡張機能を見る」をクリック。
↓のChromeウェブストア画面へ切り替わる。

ストア

※Chromeウェブストア画面※

右上のストア検索に「pocket」と入力し、検索を実行。
拡張pocket

上記画面が表示されるので、拡張機能にある「pocket」を確認し、「chrome」に追加をクリック。

 

追加pocket

上記画面が表示されるので、拡張機能を追加クリックで拡張完了。

 

マイリスト

※pocketマイリスト画面※

拡張が完了するとpocketの「マイリスト」画面に切り替わる。
これで気になる記事をpocketへ保存し、情報を一元管理したり
後読み!」は便利すぎる!!

 

pocketの使い方(公式保存編)

 

まずは気になった記事を探す!
下記通り、気になった記事のURLをコピーする。

urlコピー

①+追加ボタンをクリック。
②pocketにアイテムを保存する為の、検索バーが表示されるので
先程コピーしたアドレスをここで張り付け
url保存

保存後、下記画面通り、マイリストへ追加される
実に簡単だ!
追加

 

pocketの使い方(Chrome拡張機能編)

 

 

chromeでお好きな記事を検索。はらちん.comで検索しよう(笑)

簡易保存

検索後、気になるページを表示したら右上のpocketをクリック

簡易ページ保存

するとページが保存されましたと表示される。
さすが拡張機能、簡単すぎる!

 

pocketの使い方(アーカイブ編)

 

アーカイブ

記事の登録がわかるとどんどん利用したくなる為、情報がpocketへ蓄積されていきます。
記事を読み終えたら、SNSでシェアしたり、「アーカイブ」していこう。
上記のチェックマークで記事が「アーカイブ」される。
一瞬間違えて消してしまった!と思われがちだが、実は消えていないのでご安心を。
pocketのメイン画面が記事で溢れる事を防ぐ為、アーカイブ(Archive)する事をお勧めします。

 

アーカイブ選択

※マイリストよりアーカイブを選択※

 

アーカイブ確認

※アーカイブ画面※

もちろん上記画面通り、+ボタンをクリックでマイリストへ簡単に戻す事も可能!
読み終えたらアーカイブして新しい記事をpocketへ入れて記事溜めこみ防止を。

スマフォ版は「後編」にて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント